« 意識と無意識の間に… | トップページ | ルナのホームラン1本で勝てる訳はない! »

2015年5月23日 (土)

悪い予感が…

◇ 5/22(金) ….ナゴヤドーム
中日 2 - 4 巨人

8回の大ピンチに登場した高橋聡、死力を尽くしてアンダーソンをセカンドゴロに打ち取り見事救援に成功した。
その裏先頭大島のヒットを足ががりに作ったチャンスはナニータの火の出るような当たりが前進守備のレフト亀井のグラブに収まってしまった。
そして、9回表マウンドにはまだ高橋聡がいた。
僕の心に悪い予感が過った。
8回死力を尽くして燃えたぎるアドレナリンを使い果たした5球を投げ終えた高橋聡がマウンドにいたことに「えっ?何故?」だったのだ。
確かに巨人打線は阿部、橋本と左バッターが続く。
が、高橋聡は前回アンダーソンに力を使い果たした筈だ。ここは岡田でも、右だけど田島でもよかったのに、何故高橋聡続投だったのか?
敗戦のポイントはここしかなかったと思う。
回を跨ぐ高橋聡の起用が結局ピンチを作りその後に救援した田島がピンチの火を消すことは出来なかったのだ。
そして、完全に勝敗の流れは巨人に行ってしまうのだ。
9回福田は際どいボールをストライクコールされて3球三振、エルナンデスはいい当たりを打つも2塁を欲張って好返球にタッチアウト、小笠原は沢村の荒れ球に翻弄されて三振、万事休したのであった。

僕の悪い予感がまんまと当たってしまった。
岡田にもう少し信頼があれば…高橋聡のボールにもう少し不安があれば…9回からはピッチャーを替えていたであろうに。残念で仕方がない。
何故、高橋聡が続投だったんだろう?
明確な答えは多分ないだろうが、8回アンダーソンを抑えて相手への流れを断ち切った所で高橋聡の今日の仕事は充分終わっていた筈である。
それなのに…何故?

もう言うまい。
今日は今日で終わったから忘れようと思う。

ひとつの試合の中の勝敗の流れは何人にも替える事は出来ないのだ。
9回、高橋聡を続投させた事が勝敗の流れを相手に渡してしまったという認識を是非して欲しいと思っている。
8回裏のチャンスにナニータのいい当たりが得点に繋がらなかった事で、その時点で勝敗の流れはチャラになっていたのである。
だからこそ、高橋聡の続投はあり得ないのだ。

|

« 意識と無意識の間に… | トップページ | ルナのホームラン1本で勝てる訳はない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60100506

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い予感が…:

« 意識と無意識の間に… | トップページ | ルナのホームラン1本で勝てる訳はない! »