« 「口は災いのモト」やっぱり「男は黙って…」なのだ。 | トップページ | 僕の結論!やっぱり大島なのだ! »

2015年5月13日 (水)

四球と死球

◇ 5/13(水) ….横浜スタジアム
横浜DeNA 6 - 3 中日

結局今日はお話にならない情けない負け方をしてしまった。
情けない負け方をしたという事は、相手に最高な勝ち方を献上してしまったということである。
横浜スタジアムは本拠地9連勝に大騒ぎであった。
他のチームがもたもたしてるうちに首位をひた走るチームの絶好調にファンも選手もベンチも大はしゃぎである。
ひょっとしたら暫くこの状態が続くような予感もしてしまった。ヒーローインタビューのチームリーダー石川が首位が自分達には似合わないので意識しないで1試合1試合しっかり戦って行くと言っていた。
この発言が本気ならこの冷静な謙虚さが怖いのである。昨日も記したが、9連勝を宣言した広島カープは今日も巨人に一点差負けをして連敗だ。
3タテを喰らうかも…。
本当に口は災いのモトだ。
さて、今日のドラゴンズの敗因はひとつだけだ。
「四球と死球」である。
山井がロペスに2度打たれたが、1度目の同点ツーランはツーアウトから筒香を歩かせた後で、2度目の同点タイムリーもツーアウトから梶谷を歩かせて筒香にヒットで繋がれた後だった。
勝ち越しのツーランホームランを石川に打たれた田島も高城に死球を与えた直後の初球だった。
打たれた時に選択して投げた球の問題も確かにあるが、ランナー無しの所に四球や死球で塁を与えるとロクなことはないという典型的な災難だった。
たらればだが、出塁を許したランナーがヒットでの出塁だったら、2度のロペスにも石川にも打たれることはなかったかもしれない。
四球や死球を出した後に投げる球はどんな投手であっても、投げる球が甘くなるのだ。
だから、四球や死球で出したランナーはホームインする確率が高いのである。

余談だが、高校時代の僕は違った。
四球や死球でプレゼント出塁を許したランナーは絶対にホームに返さないと誓って投げて来たのだ。
勿体無いからだ。けれども、ヒットを打たれたランナーにホームインされるケースの方が多かった。
打たれたことがくやしくて次は打たれまいと力んで挑むことが多かったからだ。それは実力の差だから仕方がない。でも四球や死球は実力とはちょっと違うように思っている。
山井も田島ももう2度と四球や死球で出したランナーは気にしないで次のバッターに投げる球が甘くならないように心掛けて貰いたい。
僕の昔の話はどうでもいいが、明日こそはルーキークローザーの山崎の鼻をへし折って貰いたいと願っている。

|

« 「口は災いのモト」やっぱり「男は黙って…」なのだ。 | トップページ | 僕の結論!やっぱり大島なのだ! »

コメント

台風一過、抜けるような青空の蒼が目に眩しい。正にドラゴンズ・ブルー!

おはようございます。

昨夜のゲームはドラゴンズ・ブルー同様、スカッと快勝とは行きませんでした。山井のとっちらかった投球を好調ベイは見逃してはくれませんでしたね。主軸に対して怖がり過ぎていたかなと思います。バッテリー共々、飲み込まれてしまいました。

それにしてもベイは強いですね。一時の強さとは違うものを感じます。先制されても追いつき少しのスキも見逃さない。勝ち越した後は守護神がキッチリ締める。落合ドラゴンズの時に他球団が感じていた脅威を今のベイには感じます。

さて、1勝1敗ならベイ戦はOK。今夜こそバルデスに初白星を!そして福田をスタメンに!あくまでも私案ですが調子の落ちて来たエルナンデスの代わりにショート・高橋周、サード・ルナ、ファースト・福田は如何でしょうか?

投稿: 一家言おやじ | 2015年5月14日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/59987145

この記事へのトラックバック一覧です: 四球と死球:

« 「口は災いのモト」やっぱり「男は黙って…」なのだ。 | トップページ | 僕の結論!やっぱり大島なのだ! »