« S.Bを迎撃する日を実現する為に! | トップページ | 野球の神様を敵に回す采配 »

2015年5月30日 (土)

札幌物語 第1章

◇ 5/29(金) ….札幌ドーム
北海道日本ハム 2 - 4 中日

減量中だというのに、あまりに気持ちのいい勝ち方だったので遅い時間の夕食にスタッフを連れて出掛けてしまった。しかも洋食を食べに…。
今頃札幌では、森ヘッドに案内されてルナやエルナンデス、バルデスがジンギスカンに舌鼓を打ってる頃かな?なんて考えながら僕らも勝利を味わう夜を過ごしたのだ。
突如四球から乱れる癖を露わしながらも同点止まりで踏ん張ってその裏取ってくれた2点をしっかり守って福谷にバトンを渡した大野も随分頼もしくなって来た。「打ったら、ジンギスカンだぞ!」と森ヘッドから人参をぶら下げられたに違いない2Dがきっちり犠飛とライトオーバースリーベースを打って貴重な2得点を上げた8回の攻撃の糸口を作ったのは、この日久々スタメンに起用されて先制ホームランを放った堂上直倫が奪い取った四球だった。1球で送りバントを決めた大島、粘りに粘ってライト前へのヒットで繋いだ荒木と皆んなでお膳立てしての、エルナンデスとルナの決勝打であった。
出場機会がめっきり減って腐ってもおかしくない堂上直倫がスタメン起用に応えて攻守に躍動してくれた事はドラゴンズファンにとってこの上ない喜びであっただろう。試合に出なくても常に準備を怠らない心構えをベンチにいる全員が持ち続けていられるチームワークこそが勝利へのエンジンに違いない。
ベンチの中央にどっかりと腕を組んで常に厳しい視線をグラウンドに向けて坐っているベテラン小笠原の存在も忘れてはいけない。いつ訪れるかも分からない自らの出番を探りながらモチベーションを保ち続けるこのベテランの姿を皆んなが鏡にしているに違いないと思うのだ。
今日辺り、このベテランの懐かしき札幌の地での大谷撃ちが飛び出すような気がしてならない。
札幌での初戦をいい形で勝つ事が出来たが、大事な事を付け加えておこう。
勝利の陰には先発2度目で大野の女房役を初めて果たしたラッキーボーイ杉山の溌剌とした姿があった事を…。正にこの杉山捕手は3戦3勝なのである。
この幸運をもたらす若き捕手を今日も明日も、吉見とバルデスに付き添わせてくれる采配を心から期待したい所だ。

|

« S.Bを迎撃する日を実現する為に! | トップページ | 野球の神様を敵に回す采配 »

コメント

防御率1点台投手の対決

今晩は。

大野と吉川、軍配は大野に上がりました。大野は成長しましたね、見ていて安心感があります。途中、少しだけフラッとする場面もありましたが杉山とともによく踏ん張ってくれました。このまま勝ち運の付いている杉山を起用し続けて欲しいです。まだ3年目、キャッチングもスローイングも未熟かも知れません。でも、彼には雰囲気を感じるのです。一昔前、当時キャッチャーの概念を変えたと云われた中尾孝義が杉山に被って見えるのです。

さて、この日のヒーローインタビューで大野は「3連勝する」と高らかに宣言しました。有言実行と行きましょうか。

投稿: 一家言おやじ | 2015年5月31日 (日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60186121

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌物語 第1章:

« S.Bを迎撃する日を実現する為に! | トップページ | 野球の神様を敵に回す采配 »