« 第2稿 亀沢と荒木 | トップページ | 和田と大野に勇気を貰った夜 »

2015年6月10日 (水)

不可解な采配はいつまで?

◇ 6/10(水) …QVCマリンフィールド
千葉ロッテ 3 - 2 中 日

また不細工な試合をしてくれちゃいました。
今季まだ勝っていない台湾出身の投手にやられちゃいました。ああ情けなや!
しかし、また不可解な選手起用をしてくれた谷繁監督、わざとやってるとしか思えない理解不可能なメンバー表作りでタマゲてしまいました。
昨日3安打でサイクルヒット寸前でノリに乗っていた藤井をスタメンから外すという離れ技をやってくれちゃうセンスのなさです。
先日も札幌の第1戦、大活躍して勝ち運に包まれていた直倫を外した時と全く同じです。
この人には流れとか運気とか全く考えることはないのでしょうね。今日は結局終盤に藤井は捕手杉山の所で代打に起用されて、そこから2打数2安打で躍動していました。藤井は乗っているんですよ。千葉という土地で勝ち運が彼を包んでいるんです。
なのに…この監督は。
いや理解出来ません。どう考えてもまず藤井は起用する所から逆算してメンバー表を作ると思うんだけど、跡形もなくスタメンから抹消してしまう時の頭の中を教えて貰いたいのです。
前日の活躍をきっと「まぐれ」だと思ってるのでしょうね。直倫の時もそう思いました。
これでは永久に連勝は出来ません。
藤井を外してまで使いたかった福田なら、あの追い上げるチャンスに代打直倫はありえないでしょう。
チャンスに一発を期待して相手に一発の恐怖を与える為に敢えて調子のいい藤井を外したのではないのですか?谷繁さん!
バントと世界中の誰もが分かる選手起用だからあんなにファースト青松が物凄いダッシュをして来たのですよね。あの場面がバント名人川相でも失敗すると思います。
投手が大谷に替わり、バッターボックスにそのまま福田が立っていたとしたら…、大谷は許されないコントロールミスとの戦いで相当なプレッシャーの投球になった筈です。どうしてもランナーを進めたいのなら他の方法を福田に指示することも出来ただろうし、裏をかいて福田にバントさせる事も考えられたのではないかと思うのですが…。
逆にバントを成功させなきゃならない直倫の方がプレッシャーに押しつぶされてしまうと思うのです。
でも彼は一球でなかなかいいバントをしたと思います。が、分かりきった作戦だったから、あのダッシュができたのです。
藤井を外してまでも起用した福田をあんな形で替えてしまうなんて、あまりにもポリシーがなさすぎませんか?谷繁さん!
結局最後のチャンスも、和田の後は工藤と最初から決めて指示していたので小笠原に変更出来なかったとしたら、これはもう監督ではないですよね。
工藤を起用する積りであって工藤に意思を告げていたとしても、和田がヒットを打って出塁した所で代打を小笠原に変更する必要があったと僕は思います。何故なら、次は当たってる藤井、その次は4タコではあるが大島で、小笠原を起用するのには荒木か松井雅の所まで打順が廻らなければできないからです。
いや、藤井でも大島でも勝つ為の采配なら、小笠原に替えてもいいと思うのですが…。
結局、大島のボール打ちで試合が終わってしまいました。
谷繁監督はまたもや、小笠原を出す機会を逸したのです。

理解に苦しむ采配の野球を一体いつまで続けて行くのでしょうか?
僕は、今、不可解の海に溺れそうです。

|

« 第2稿 亀沢と荒木 | トップページ | 和田と大野に勇気を貰った夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60330083

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な采配はいつまで?:

« 第2稿 亀沢と荒木 | トップページ | 和田と大野に勇気を貰った夜 »