« 若松駿太と杉山翔太 | トップページ | 何も変わらない監督の頭に??? »

2015年6月 4日 (木)

益々選手交代が出来なくなる谷繁ドラゴンズ

◇ 6/ 3(水) …ナゴヤドーム
中日 1 - 4 埼玉西武

一昨日の拙守のリベンジを果たすべく西武の若きスラッガー森知哉のドデカイ2発がドラゴンズを金縛りにしてしまったような負け試合になった、
いつも繰り返し言ってきた事であるが、同じ負けるにしても谷繁ドラゴンズは最善の策を尽くして戦っているだろうか?
敗れた昨夜もベンチには、小笠原、荒木、堂上直、工藤、松井雅、の5人の選手が汗もかかない綺麗なユニフォームのまま残っていた。
ここで谷繁監督の頭の中を推察してみよう。
その日の打撃が3タコでも、4タコでも、怪我や体調の不具合でもない限り替えられないと思っている選手は、大島、森野、ルナ、和田、エルナンデスの5人。7回以降の代走交代なら、森野と和田はあるが代打は絶対にない。亀沢はチャンスに目も当てられない凡打を繰り返したとしても投手が右のうちは替えずに打たせるつもりだ。藤井は残りの外野手と比べれば走守においては優っているから先発させた場合は余程の事がない限り替えにくい。後は捕手だ。
最近杉山を使うようになり、スローイングには大問題を抱えているが打撃は他の2人よりいいし、のびしろが感じられるから先発させればなかなか替えにくいのである。

と、いうことは…。

推して知るべし、代打起用が出来るのは9番投手の所だけである。しかも先発投手が早々と失点をしない限り、少なくとも5回6回までの選手交代は皆無なのだ。普通のゲームならば、投手が完投する時、代打策はゼロだと断言できる。昨夜のように相手投手の出来が良く、与えられた総打席数は32しかなかったが、5回の代打に野本、8回の代打に福田の2人を投手に替えて使っただけであった。
4ー1の劣勢でゲームは進み、相手西武は8回増田、9回高橋という難攻不落なリリーバーが出て来る展開は予想できた筈だ。ならば、現ドラゴンズの唯一であって最高の代打の切り札小笠原のカードを切る場所はひとつしかなかった。
8回代打福田が安打で出塁、続く大島は倒れたが塁上にひとり残した場所での、亀沢に替わる代打としての起用しかなかったのだ。だが、そのまま亀沢に打たせて工夫も策も無く敢えなく三球三振に終わってしまうのだ。サウスポーの抑えエース高橋が来る前の増田を攻略する最善策は亀沢に替わって代打小笠原しかなかったのだ。もしこの機会以降のチャンスに…、と思っていたとしたら谷繁監督の頭の中は相当にオメデタイ限りである。

和田が戻って来た。
森野が戻って来た。
もうすぐ平田とナニータが戻って来る。
すると、二軍降格は野本と工藤か?
先発が平田になれば藤井が控えだ。
右と左で和田とナニータをとっかえひっかえするだろうか?いやしない!きっと…。
森野と福田をそう出来ないように…。
ナニータは代打稼業だろう。
代打稼業一筋を約束されるであろう、小笠原、ナニータ、福田は使われない日が必ずあるに違いない。
ましては、右専用左専用仕様の亀沢、荒木以外の堂上直は延長戦になって選手がいなくなってからの起用か守備固めか?
二軍で昇格のチャンスを待ちながら汗を流す、ルーキーや中堅選手に一軍での出場機会が訪れる可能性は相当に薄いとしか言いようがないのである。
井領、友永、遠藤、石川、古本、赤坂、谷、三ツ俣、溝脇、藤沢、赤田、いけない忘れてた高橋周平と…。ベテランに手厚いチームと揶揄されても仕方ないが、少しはフレッシュな選手起用もして行かなきゃ何も生まれないし変わらないのだ。ベテランの集中力の高さをうまーく利用するのも監督の手腕だと思うし、若手に危機感を常に意識させるのも監督の知恵だと思う。試合中、何手も先に目を遣り頭を巡らせなければ勝負を勝ち抜いて行く事は不可能なのだから、手持ちの駒を巧みに使いこなす監督の力量の発揮を首を長くしながら、期待し続けて行くしかないのだろうか。

|

« 若松駿太と杉山翔太 | トップページ | 何も変わらない監督の頭に??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60247751

この記事へのトラックバック一覧です: 益々選手交代が出来なくなる谷繁ドラゴンズ:

« 若松駿太と杉山翔太 | トップページ | 何も変わらない監督の頭に??? »