« 悪い予感がつまらない結果を… | トップページ | 相変わらずの残塁の山だが、広島平田祭りが救う! »

2015年7月20日 (月)

残された57試合に向って!

オールスターも終わり、愈々今日から公式戦の残り57試合に臨む。
オールスターでは、見事な平田の一発とルナのしぶとい2安打が光った。大野は新鋭森友哉にデカイ一発を喰らってしまった。だが、3人にとってはそれぞれ意味のある出場だったのではないだろうか。
オールスター期間中には、恒例の監督による前半戦のオーナーへの報告の儀式が行われた。
新聞によれば、にこやかに「後半戦は期待してるよ!シーズン終了時が楽しみだ!」のような白井オーナーの応援メッセージが送られたそうだ。
谷繁監督は「後半戦も自分のスタイルは貫いて行く」と語っていた。
と、いう事は、一部ドラゴンズファンの間で言われている『左右病』は継続して行くのだろうか?
右用左打線の勝率がことごとく悪いのに…。
中川マネージャーに早速左右2種類の打順(9番投手を除いて)を書いたメンバー表を渡してコピーを頼んだのだろう。いや、渡すまでもなく、マネージャーが勝手に作ったかもしれない。
僕はその2種類の打線をAチームBチームと呼ぶ事にしている。途中で選手を交代させる事も少ないからこの2つの打線は全く別のチームのように見えるからだ。

前半戦終盤にドラゴンズが迷走して日々僕が「喝」を送り続けていた時にも多くのファンの皆さんから様々なコメントを頂きました。今日は皆さんにこのブログを通して御礼を申し上げたいと思います。

Konaさん!周平がもっとプロ意識を持ってインタビューに応えるような成長を厳しく見つめて行きましょう!

ゆうなおママさん!不思議な縁ですね。とても驚きました。これからも同じドラゴンズファンとして繋がって行きましょう!

匿名さん!(?)今はだらしないドラゴンズですが、やっぱり応援して行きましょう!厳しくね!

タキトさん!谷繁監督がもっとはっきりとした谷繁ドラゴンズカラーを打ち出してくれる事を期待しましょう!左右病的なものではなく…。

DORADORAさん!やっぱり魅力に溢れた地元球団を目指して欲しいですよね。カープに負けないように!

ドラ一筋40年さん!今日のトウチュウにありましたが、ルナが張り切っているようなので後半戦こそ存在感を見せて欲しいですよね。

doradoraさん!勝っても負けても翌日の新聞ではある時は熱くある時はクールに、ファンに分かりやすい記事を期待したいと僕も思ってます。

ななし さん!谷繁監督の敗戦コメントでの他人事のような内容は絶対にやめて欲しいですよね。ファンが聞いた時の想像力を持って欲しいですね。

noonkoonさん!仰る通り、機会均等な選手起用はもう結構ですよね。とにかく少しでも我々が納得するような作戦を取って貰いたいと僕も思ってます。

もう今年中はドラ以外…改め、もう来年までドラファンをやめましたさん!
遂に安保法案も強行採決されてしまいましたね。反対する国民の輪は大きく広がってます。諦めずに叫び続けて行きたいと思います。同様に、と同じ位置で語るのも憚れますが、谷繁采配に「感動」が得られるまで叫び続けて行きたいと思ってます。

ジューニダンメさん!谷繁監督の左右病に官僚の無謬性を感じるという見方は、とても興味深かったです。これからもクールに谷繁采配を眺めて面白い考えを聞かせて下さい。

そして、一家言おやじさん!
本当にいつもいつもありがとうございます。
やっぱり熱くなりすぎて谷繁采配を批判してしまいがちな僕に一瞬の涼しい風を送って下さっているようで感謝しています。結局の所テーマはやっぱりドラゴンズ愛なんですよね。後半戦期待しましょう!

改めて皆さんありがとうございます!

今日からまた57試合厳しく温かく冷静で情熱的に語って行きますので、宜しくお願い致します。
目標は5ゲームで3勝ペースで、57試合34勝23敗で行って貰いたい所です。これで行くと借金を返済して貯金3になります。何とかAクラスには入る事が出来そうな勝敗ですが、勿論もっと勝って欲しいと思ってますが…。

しかし、暑くなりましたね。
東京は今35℃になってます。(PM3時現在)

|

« 悪い予感がつまらない結果を… | トップページ | 相変わらずの残塁の山だが、広島平田祭りが救う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60816822

この記事へのトラックバック一覧です: 残された57試合に向って!:

« 悪い予感がつまらない結果を… | トップページ | 相変わらずの残塁の山だが、広島平田祭りが救う! »