« 谷繁という監督の勝負勘のなさ | トップページ | 大ヒーロー藤井を産んだ代走荒木の登場。 »

2015年7月11日 (土)

人の苦しみや痛みを知る男、荒木雅博。

◇ 7/11(土) …ナゴヤドーム
中 日 2 - 0 広 島

素晴らしいヒーローインタビューだった。
人の苦しみや痛みを知り尽くした男、荒木が八木の好投を讃え赤坂の頑張りを讃えるコメントを発していた。6回を必死に0点に抑えてマウンドを降りた八木に勝ち星を付けてあげたかったと語り、やっと一軍に上がって来れた赤坂のプロ入り初安打を何とか得点に結び付けてあげたかったと語る荒木の言葉に思わず目頭を熱くした。見事なレフトオーバーのツーベースヒットを打って先取
点を叩き出した荒木こそが大ヒーローである事は間違いないのだが、そのヒットは八木と赤坂の頑張りが打たせてくれたと言っている今日の荒木は、野球の神様そのものだった。
阪神第3戦、広島第1戦と試合に出る事を許されなくてチームが無残に敗れ去るのをただ見つめる事しかできなかった悔しさは言葉に出さずとも、今日の荒木のプレーの全てに現れていた。チームの停滞した雰囲気を何とか自分の手で覆して行こうとする姿勢が一挙手一投足に現れていたのだ。
ピンチになり孤独になりがちな八木に何度となく近づいて笑顔で激励する場面が映し出されていた。八木はその事を感謝するコメントを述べていた。
人の苦しみや痛みを知り尽くした男にしか出来ない行動が幾度となく八木のピンチを救ったのだ。
苦しい試合を勝ち抜いた今日、荒木、八木、赤坂の3人の苦労人がヒーローであった事が、明日からのチームを何か変えてくれるような気がしたのは僕だけではないだろう。土俵際の選手達が必死に戦っている姿は自然と全員が必死に戦っているように見えるものである。今日のドラゴンズこそがファンの願うドラゴンズの姿なのだ。一つ一つのプレーがキビキビとしていてリズムも良くとても気持ちのいい試合であり、気持ちのいい勝利であった。
明日もこんなキビキビとしたドラゴンズが見たいと思っているが、明日の相手の先発は右の福井だ。
また、ガラリと右投手用のスタメンに谷繁さんが替えてしまうに違いないと思うととても憂鬱な気分になってしまう。
せめて、荒木だけは起用すべきだと思っているが果たして…。
まあ明日の事をあれこれ詮索せずに、今日の気持ちのいい勝利にもう少し浸っている事にしようと思っている。
荒木!ありがとう!
赤坂、八木!おめでとう!

|

« 谷繁という監督の勝負勘のなさ | トップページ | 大ヒーロー藤井を産んだ代走荒木の登場。 »

コメント

朝刊には「感動」が載っていました。

近藤さん、今日は。

さすがベテランですね。最近色々と言われている荒木選手ですが、苦労人を気遣う言動は立派の一言に尽きます。(勝手に)限界を囁かれている様ですが、チームを纏める意味ではまだまだ元気でやって貰わなければいけない選手です。そして赤坂です。8年目の初ヒット、初得点、初マルチ安打!おめでとうございます。彼の初登板、確か西武ドームだったと記憶しています。ドラフト1位、どんな投手なのかとワクワクして見た反動でかなりガッカリした覚えがあります。結局打者に転向したんですが、入団当初から非凡な打撃を評価されていただけにもう少し早く決断出来ていたらと思わずにはいられません。でも、8年目にしてスタートが切れたのですから、レギュラーを目指して精進して欲しいと思います。

さて、今日は右投手の福井の先発です。何とか「左右病」から脱却して、今日活躍した選手を続けて起用して欲しいと思います。少なくともエルナンデス&ナニータはもうそろそろいいのではないでしょうか?

投稿: 一家言おやじ | 2015年7月12日 (日) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60704650

この記事へのトラックバック一覧です: 人の苦しみや痛みを知る男、荒木雅博。:

« 谷繁という監督の勝負勘のなさ | トップページ | 大ヒーロー藤井を産んだ代走荒木の登場。 »