« 『納得』が必要! | トップページ | 勝てる試合を引き分けて… »

2015年7月 2日 (木)

まさかっ!!の那覇の第二夜

◇ 7/ 1(水) …沖縄セルラースタジアム那覇
横浜DeNA 5 - 8 中 日

まさかっ!!
スタメン見てビックリ仰天した。
昨日のブログで指摘した「遠藤、友永」の両ルーキーを、大島と亀沢に替えて大胆抜擢をして見せてくれたのだ。あまりのタイミングのドンビシャに
「ブログ読んだの?」と思ってしまった訳である。
遠藤は右投手平田に変わった後、タイミングを上手く合わせて反対方向にタイムリーを放ったが、友永は相変わらずの身体に似合わない大振りで6打席3三振無安打1四球に終わった。
友永は自分の身体に合ったバッティングを心掛けて行かない限り、プロのスピードには対処できない感じがする。
  こんなに打てそうな雰囲気のない選手に、6打席もチャンスを与えた谷繁も思い切った事をしたものだと思うが、きっとこの程度のルーキーに定位置を1試合丸々奪われてしまう大島に対しての「見せしめ」なのだろう。最後に守備固めに起用された大島が大写しになった時、大島の何とも言えない複雑な表情が切なく感じられた。
友永がそこそこ活躍していればもっと危機感を抱いたであろうが、今の友永では不振の大島の足元にも及ばないのが現実だから谷繁監督の悩みも深いのだと思う。
ただこういった荒療治はもっと早い時期からやっても良かったと思う。競争のない所に進化はないのだから、まずいプレーや凡ヘッド、無気力なバッティングを見せた選手はドンドン交代させる厳しさが今のドラゴンズには必要なのである。
敢えてセカンドに残して起用したエルナンデスの初回のプレーなんかは罰金ものである。野球を舐めたプレーは絶対に見たくない。昨日は結果2安打したがこの外人にも時には荒療治が必要なのだ。
ルナも同様、守備でのポカが多すぎる。
ドミニカン助っ人にも厳しい態度で臨んで貰いたいと願うばかりだ。
那覇の真夏のような暑い夜のナイターは1勝1敗で終わった。大野も悪いなりに8勝目を飾った。
月が変わって、勝負運のツキも変わるといいけど、全て谷繁次第であることには変わりないのだ。
『納得』の采配を目指してやって、ファンとナインの信頼を勝ち取って欲しいものである。

  息が詰まりそうな1勝であった。

|

« 『納得』が必要! | トップページ | 勝てる試合を引き分けて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60591516

この記事へのトラックバック一覧です: まさかっ!!の那覇の第二夜:

« 『納得』が必要! | トップページ | 勝てる試合を引き分けて… »