« 【戦後70年】今だからこそ伝えたいメッセージ
「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTube 配信中
| トップページ | 今季を左右しそうな3連戦! »

2015年7月22日 (水)

来る日も来る日も、又吉、田島では!

◇ 7/21(火) …マツダスタジアム
広 島 8 - 5 中 日

やっぱり負けた!恵の大雨かと思いながら時間経過を待ち、主審のゲームセットのコールを待つ情けなく弱気な僕がいた。7回表の攻撃での追加点のチャンスを潰した時、今日はヤバイかもと予感が走ったからだ。流れが完全に広島に移っているのを感じたのは僕だけではないと思う。
実に久しぶりに出たエルナンデスの安打、しかも力走してのツーベースヒットの後にベンチが大島に命じたのは「バント」だった。この作戦の正否を問うつもりはないが、ただ徹底するべきだったと思う。 バントを二つ失敗した後にヒッティングに転じ大島は引っ張る事が出来ず最悪のショートゴロに終わるのだが、相手バッテリーの攻めが外角一辺倒になるのは明らかなのだから大島も立ち位置を少し前にするとかの工夫も必要だったのでは…。何が何でも引っ張ってランナーを進塁するんだという泥臭さが必要なのだ。ベースに近づけば投手も投げにくくなり外角にも内角にも制球が甘くなるはずだから。そういう工夫が感じられなかったのが残念なのである。
勝ち運を持った荒木がここで代打で登場して来るのだが、大島の失敗を庇う為のプレッシャーも重なりランナーを三塁に進めるだけの外野フライに終わってしまう。谷繁監督の事だから、久々ヒットを打ったエルナンデスをきっとそのままショートに起用するつもりに違いないと思ったので、遠藤の所には代打赤坂を是非共コールして欲しかった。投手も左の戸田だっただけに…。もう一人の勝ち運を持った赤坂を使えなかった所で今日の勝利は遠ざかったように思えたのだ。まだその時点で1点リードしていたにも拘らずである。
微妙な采配のアヤが勝負の神様を行ったり来たりさせるものである。その日の選手の運気を感じ取るのも監督の大きな仕事だと僕は考えている。
得点圏での遠藤は?と思えば、代打赤坂は十分に考えられる選択であったと思う。
遠藤は初球を打ってセカンドゴロに終わってしまうのだった。そして予想通り、ショートにエルナンデスを入れて、遠藤の所に投手を入れたのだ。

ならば、ならば、ならば、なのである。

遠藤に色々な経験を積ませるのも大事だが、ならば赤坂にも色々な経験を積ませるのが「全員野球」なのでは…。結局この日、「もってる」赤坂は出せず仕舞いで終わってしまうのだった。

そして今日の敗戦にもう二言言っておこう!

来る日も来る日も来る日も来る日も、又吉、田島、又吉、田島、又吉、田島、では潰れちゃうよ!
と言いたいのである。毎日毎日抑えらる訳もなく肩も肘も消耗して行き、失敗すれば心だって磨耗して行くと思うのだ。勝ちパターンと言ってしまえばそれまでだが、他にも優秀なリリーフ陣がいるのだから少しは考えて行かないと、相手チームだって連投なら対策を色々考えても来るものだ。調子も連日良いわけがないのだから、違う投手起用が求められる所である。明日だってあるのだから、田島の2イニングは考えられない采配だと思う。ましては、54分の雨の中断後に田島がそのまま出てきた時には、目を疑い、何度も何度も時計を眺めてしまった。
力投していて中断して、54分インターバルを空けた後の肩がどういう状態になっている事位、谷繁だって友利だって森だって分かりきっていることだろうに、力のないボールが打たれて当然だと僕は断言する。他に投手がいないならともかくである。
田島の肩や肘はしばらく使えないと思うのだ。
もっと他の投手陣を信頼するべきだと思う。

そしてもう一言、勝ち運に全く見放されている山井を勝たせるのは、勝ち運を持った選手と一緒に出すしかないという事である。先日八木に勝ちがついたように…!

7月は荒木と赤坂が勝ち運を持った選手なのだ‼️

こうして右用左打線の先発試合はまた負けた!

|

« 【戦後70年】今だからこそ伝えたいメッセージ
「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTube 配信中
| トップページ | 今季を左右しそうな3連戦! »

コメント

友利?森さん?はたまた谷繁監督?さて、真相は…。

おはようございます。

試合展開は理想的な形で始まっただけに、山井のピッチングが悔やまれてなりません。私の中での山井の評価はそれ程高くは無く、先発4、5番手の感じ。昨年は出来過ぎ。だから大して期待もしていないのですが、援護点を貰った時くらいしっかり投げて欲しかったですね。結果、近藤さんが指摘されている様にリリーフ陣に負担が掛かっているのですから。

試合展開に関係なく、僅差ならば「又吉、田島」…一体誰が投手起用の責任を担っているのか…。落合監督時代、投手起用の全ては森さんに一任されていた様ですね(落合さんの言葉を信用すればですが)。森さんの肩書は現在ヘッドコーチですから普通に考えれば全権を担っているのは友利コーチになります。もし、推測通りだとするならば即刻、友利コーチへの全権委任を白紙に戻して欲しいと思います。今朝の新聞にも「延長も考え、いい投手から出して行くしかなかった」という友利コーチのコメントが載っていましたが、そんな投手起用なら素人レベルと言わざるを得ません。自分の持ち場もハッキリせず、投手を無駄に疲弊させるだけで「百害あって一利なし」です。高木第1次政権で4年の任期の間に2回2位になっていますが、その時の投手起用も決まった投手ばかりを使っていた記憶があります。結局それが祟ったのか、その後山本昌以外の今中、鶴田、佐藤らは短命に終わっています(山本昌も低迷期を迎えました)。
過ちは繰り返したくありません。

さて、今夜の相手は前田健です。谷繁流左右病オーダーが前田健を捉え、八木のピッチングが嵌ります様に。

投稿: 一家言おやじ | 2015年7月22日 (水) 10時52分

森繁は以前は浅尾現在は又吉を多用。
浅尾は抑え又吉は打たれるそれが最下位と優勝の違い。育成は出来ず投手を潰すだけ。
山田と権藤は連投はあまりさせなかった。
山田と権藤は育成もし優秀な投手コーチ。
森繁とデニーはゴミ。はやくクビにして。

投稿: オチシン | 2015年7月24日 (金) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60839939

この記事へのトラックバック一覧です: 来る日も来る日も、又吉、田島では!:

« 【戦後70年】今だからこそ伝えたいメッセージ
「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTube 配信中
| トップページ | 今季を左右しそうな3連戦! »