« 選手谷繁の非凡と監督谷繁の凡庸 | トップページ | ベテラン荒木の一言 »

2015年7月30日 (木)

真夏の夜に夢はなく…

◇ 7/29(水) …ナゴヤドーム
中 日 2 - 3 阪 神

最早趣味の域に入ってしまったのかと思う程毎試合メンバーや打順をいじくって来る谷繁監督、一体何を考え何を悩んでいるのだろうか?
理解不能である。
昨夜もいきなり、「なんだこりゃ!」の心境に陥ってしまった。よく見てみれば、3番にいた遠藤を7番に下げて、7番レフトの赤坂を和田に替えてそのまま上に上げて行って和田とエルナンデスと入れ替えただけなのだが、物凄くキテレツな打順で来たような錯覚をしてしまったのだ。そして予想通り、自分はお休み、監督専念の日であった。
先発の雄太は動くボールを駆使して内野ゴロの山を築きながら好投をしていた。5回までをゲッツー崩れの1失点で抑え、2ー1でリードして能見と投げ合っていた。6回ツーアウトでランナーを2塁に残してマウンドを降り、後はリリーフの田島に託した。
ナイスピッチングの先発雄太であった。しかしここからベンチの誤算が始まって行くのである。
6回はゼロに抑えた田島は回を跨ぎ7回先頭の江越に同点ホームランを浴びてしまうのだ。3番手は又々又吉だ。8回は先頭を四球で出塁させるが後続を打ち取り無失点で切り抜けた。しかし又吉にも回を跨がせて9回に田島と同じくルーキー江越に決勝タイムリーを浴びてしまうのだった。又吉はこの回の先頭打者も四球で出塁させてしまっていた。
いずれにしても、回を跨がせた2人のリリーバーは跨いだ回に失点をしてしまっているのだ。
過去にも、今季回跨ぎをさせてあまり成功した試しがなかったような記憶しかないが、谷繁監督はいつも決まって「戦略的なこと」と言って回跨ぎの意図を説明しようとはしない。回跨ぎについても、打順のコロコロ変更についても、一軍抹消二軍落ちについても、「色んな考えがあって…」とか言って一切説明をしないのだ。全ての策がほぼ上手くいって成功しているのならともかく、殆どが失敗しているのだから、その「色んな拙い考え」の策を反省して欲しいのである。
接戦を落としたり、リードを守り切れず逆転負けを喰らう試合は、そもそもが監督・べンチの責任であり、采配の失敗だといえる。

そして遂に、自力優勝の可能性は消滅して、6連敗で借金13、ゲーム差が8ゲームとなってしまった。
真夏の夜はまだまだ続くが、その夢はもう途絶えてしまったのだろうか?
哀しい夢を失くした真夏の猛暑がドラゴンズファンを悩ませて行くのだ。

|

« 選手谷繁の非凡と監督谷繁の凡庸 | トップページ | ベテラン荒木の一言 »

コメント

こんにちは
相変わらず快調に連敗し続けていますね。ドラゴンズ。
正直、こんなこと言っても、心のどこかに悔しさがあり
ます。
監督としての力量は、私は素人なのでわかりませんが、
ただ、印象として、監督の顔の表情が、人相がよくない
気がしてなりません。ハッキリ言って暗いです。負けて
るからそうなっていくのかもしれませんが、谷繁さん、
持ってないですね。
そこへいくと、工藤監督、幸せいっぱいって顔ですね。
高校時代から見ていて、あの方は表情がどこか明るい
です。
もう、こうなったら、実績とか知識とか、技術よりも、
人相で、いかにもふくよかで幸せそうで、明るい表情
の人でという基準で監督選びをしたらどうでしょうか。
「立浪監督」 1票 投票します。

投稿: もう来年までドラファンやめました | 2015年7月30日 (木) 15時16分

福田、1軍合流!…でも、起用法は?

おはようございます。

現在6連敗中且つ借金も13に膨れ上がったドラゴンズ…一人置いてけぼりになりかけています。スタメンだとか起用法だとか、近藤さんも感じていらっしゃる様に不透明感が一杯なチームになっています。その沢山ある不透明な部分の一つ「デニー友利」。新聞によると7/29の敗戦後、投手起用に関して聞かれ「投げさせる投手がいないんだ」と発言したらしいです。遠い遠い記憶に同じ事を言った監督がおりました。高木守道…彼は第1次政権時、沈みゆくチーム状況に記者に対して「使える選手がおらん!」と発言しています。その発言を受け、当時解説者だった星野仙一は「使える選手はいますよ、2軍にも」と反論したのを思い出しました。で、デニー友利です。ちゃんと2軍を見て或は大塚コーチと頻繁に連絡を取って状況を把握しているのでしょうか?私から見ると使えそうなのに2軍でお茶を挽いている投手が沢山いる様に見えるのですが…。今こそ2軍に目を向ける時ではないかと思うのです。昨夜の神宮球場のヤクルトvs広島戦、ヤクルトは終盤、逃げ切りに失敗し「勝利の方程式」を崩し、秋吉投手を登板させました。こういうケース、ドラゴンズだったら恐らくイニングイーター的な投手では無く、勝ちパターンの投手をつぎ込んでいると思われます。勝っていても負けていても投げるのはいつも決まった投手、イニング跨ぎは当たり前、「投手がいない」と無能ぶりをさらけ出す投手コーチ…強い筈がありません。素人の私はデニー友利は適任では無いと考えますが、プロの目は違うのでしょうか…違うのでしょうね。

今夜からは東京ドームで乗っているvs巨人戦です。この所、自分の投球が出来ていない大野が先陣で少々不安ではありますが、巨人戦勝利で復活して欲しいと思います。

また、長くなって申し訳無いのですが、最後に私的希望スタメンを…
1番(中)大島
2番(二)荒木
3番(三)ルナ
4番(一)福田
5番(右)平田
6番(遊)遠藤
7番(左)赤坂
8番(捕)桂
打つ打たないは別にしてこれなら見ようと思いますね(笑)。

投稿: 一家言おやじ | 2015年7月31日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/60954828

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜に夢はなく…:

« 選手谷繁の非凡と監督谷繁の凡庸 | トップページ | ベテラン荒木の一言 »