« 不快指数∞の夜 | トップページ | 涙が出そうになった浅尾、福田、岡田。 »

2015年8月23日 (日)

エースの風格を漂わせて!

◇ 8/23(日) …明治神宮野球場
東京ヤクルト 0 - 4 中 日

エースの風格を漂わせながら、今夜も若様が7回137球を4安打2四球無失点でマウンドをリリーバーに託して下りた。
昨夜のヤクルト祭りのような打線は別人のように静まり返って、若様杉様バッテリーの的を絞らせないコンビネーションで完全に牛耳てしまった。リリーフの岡田も田島も若様投法にあやかって1人の出塁だけで逃げ切った。

今夜の若様の投げっぷりで感心した所は、味方のエラーや拙いプレーの後も、いやそんな後こそキチンとした投球で相手を抑えて点を絶対にやらない事である。今日もゲッツーを焦ってボールをそらした亀沢のエラーの後も、打ち取ったファールフライをグラブに当てたが取れなかった平田のプレーの後もきちっと後続を抑えてエラーした仲間たちを助けた。
これぞ、エースの風格なのである。
何があっても平常心で自分のピッチングをやり続ける姿こそが、エースなのだ。
弱冠20歳の若者とは思えない完成度の高い投手としてドラゴンズ投手陣を牽引しているのが頼もしい。
次は月末日曜日30日の巨人戦の東京ドームだろう。
初完封をやった球場で、また堂々としたピッチングを見せて貰いたい。
関東遠征の最初のカードを勝ち越して幸先はいいが、あと6試合負けないドラゴンズを見せて貰いたいと願っている。
とりあえず5位のDeNAとは1ゲーム差まで迫り、捕まえるお尻は見えた。

|

« 不快指数∞の夜 | トップページ | 涙が出そうになった浅尾、福田、岡田。 »

コメント

確かに若松さん、風格がでてきましたね。
ひいき目もあろうかとは思いますが、ヤクルト打線かつ神宮球場相手でも前回登板の時のような大量失点のイメージがありません。この1ヶ月で随分成長したように感じます。

前夜は1年ぶりに神宮球場レフトスタンドへ。
金曜の快勝と夏休みの土曜日ナイターということもあり、レフトからセンターの外野スタンドは多数のお子さん連れも含めてドラファンで満員でした。
結果は、初回の2本のホームランで決まったようなものでしたが、むしろ一方的過ぎて、活発なヤクルト打線を楽しむ方に切り替えました。

ところで、お盆興行、しかも巨人戦という条件化でもナゴヤドームは満席になりませんでしたね。寂しい限りです。今シーズン満席になったのは、昇竜祭でサードユニフォームを配布したゲームだけではないでしょうか。
暑さのピークは過ぎたものの、花火打上げ以外にイベントがなく、体感温度は30度以上ある神宮球場に多くの人が集うのはなぜ?
若くてスター性のある山田さんの3本のホームランを見ながら土曜は考えさせられました。
GMは見ているのでしょうか。

投稿: kona | 2015年8月24日 (月) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61298910

この記事へのトラックバック一覧です: エースの風格を漂わせて!:

« 不快指数∞の夜 | トップページ | 涙が出そうになった浅尾、福田、岡田。 »