« 負ける試合にも負け方がある | トップページ | 追伸 な、な、なんとこの見出し⁈ »

2015年8月30日 (日)

あまりに酷すぎる敗戦がまた…

◇ 8/29(土) …東京ドーム
巨 人 3 - 0 中 日

論評に値しない試合をして惨敗を喫した翌朝のトウチュウの一面はドラゴンズを完全にスルーして何の所縁もない記事の見出しが躍っている。担当記者の呆れ切った表情が想像できて哀しくなる。
いっそのこと、デイリーのように負けた時こそボロクソな記事を書いてやった方がホントの愛ではないかと思っているのだが…。きっとそんな想いのドラキチ記者もいるに違いないと思っている。手前味噌になるが、そんな時こそこの僕のドラブロを読んで溜飲を下げて貰いたいと思うのだ(自慢⁈)。

さてさて、今日も情けない試合をしてしまった。
勝った巨人も3安打、負けたドラゴンズも3安打、両チームで6安打の何とも寒い試合になった。
しかし、スコアは3ー0で巨人の勝ちである。ワンチャンスにタイムリー1本と押し出しで2点、そして阿部のダメ押しソロホームランの計3点である。
ドラゴンズは、大島、平田、ルナの散発3安打だ。
これではとても勝てっこない。
谷繁監督の談話は知らないが、今日は誰を敗因に上げるだろうか?やはり立ち上がりの悪い濱田だろうか。大竹攻略の策は果たして練ったのだろうか?
試合中の円陣も見なかったし、チームとして何の策も講じないのは理解できない。それぞれのバッターがそれぞれ勝手に投手に向かっているだけでは、百年経っても攻略はできないと断言する。

第1戦といい第2戦といい、負けるべくして負けている悪いドラゴンズが顔出して、ファンを絶望に突き落としてしまっている。7回まで、昨日と殆ど変わらないメンバーにそのまま策なく打たせて、8回になって突然、荒木と福田を代打に出して…、打てる訳がない。
荒木なんかは打席に入ったのは10日ぶりくらいじゃないのかな?最近は代走専門だったから…。
巨人の鈴木じゃあるまいに…。
選手の使い方が一向に進歩しない谷繁監督の下では起用される選手は、その起用の意図が分からないからなかなかモチベーションが上がって来ないのを同情する。
相変わらず打てない巨人だが、勝つ事を思い出させる事によって結局目覚めさせてしまったのかもしれない。
明日は若様登場だが、チームの打撃のリズムや流れが悪すぎるから不安になって来る。

果たして⁈明日のゲームは?
そして、明朝のトウチュウの一面の見出しは?

|

« 負ける試合にも負け方がある | トップページ | 追伸 な、な、なんとこの見出し⁈ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61382783

この記事へのトラックバック一覧です: あまりに酷すぎる敗戦がまた…:

« 負ける試合にも負け方がある | トップページ | 追伸 な、な、なんとこの見出し⁈ »