« 若様と杉様が奏でるリズムは魔法の7拍子! | トップページ | 虚しさだけが積もる夏 »

2015年8月10日 (月)

見飽きた負け様!

◇ 8/ 9(日) …ナゴヤドーム
中 日 4 - 5 東京ヤクルト
(延長11回)

追加点がとれない!
リリーフ投手が踏ん張れない!
タイムリーエラーが出る!
細かい作戦や采配がない!
投手起用がいつも一緒で殆どが投げ過ぎ!
負けても悔しそうじゃない!

今年の谷繁ドラゴンズの象徴のような負け試合になった。不思議な程哀しくないのが寂しい。
きっと多くのファンがそう思っているのではないだろうか。情けない敗戦に慣れきってしまったかもしれない。谷繁監督にも他のコーチ陣にも、選手にも悔しさがなければファンはドンドン離れて行くんだと思う。同一カード3連勝のチャンスをみすみす潰してしまったのは、やっぱりベンチの勝つ為の緻密な采配がないからだと言いたい。
まさか4ー2で逃げ切れると思っていたとは思いたくないけど、バットが今日1番振れていた遠藤を早く交代させすぎだと思う。とにかく選手交代が機械的過ぎる。谷繁監督は杉山をそんなに信用していないかもしれないけど、昨日1試合マスクを被って今のヤクルト打線の弱点をしっかり握ったと思ったから今日も是非共使って欲しかった。ブログにも書いたけど彼の良さはホントに相手打者に余裕を与えないようなテンポを持っていると思うのでヤクルトのような直線的な打線には合う捕手だと思うのだ。
しかし、最後まで杉山は出て来なかった。
残念でならない。

ほとほと愚痴になってしまうので、ここで止めようと思う。しかし、谷繁本人は全く出場する気配がない、ならばやはり抹消して貰いたい、と強く主張したい!

|

« 若様と杉様が奏でるリズムは魔法の7拍子! | トップページ | 虚しさだけが積もる夏 »

コメント

山本昌のレジェンド登板はアクシデントに見舞われ、結末は今シーズン嫌と言う程、見せつけられた「逃げきれない方程式」…。デニー!お前だな!

今日は。

この地方の夕方のニュース番組の1コーナーに定期的に森ヘッドコーチが出演して現況と見通しをキャスターの質問に答える形で進めて行くコーナーがあります。先日のそのコーナーで投手起用に関してキャスターから質問が出た時、森ヘッドは見通しを語った後に「そうですね。そうするんだと思います。」と微妙なニュアンスで最期を締めました。この言葉を聞いた時、少なくとも森ヘッドが投手起用に大きく係わっていない事がハッキリ分かった気がしました。やはりデニーと谷繁なんですね。昨日今日の又吉のピッチングを見ればリリーフ向きでは無い事は明白だと思うのですけど…。そして田島、失点した事は仕方ない(ホントは仕方なくは無い)でもイニング跨ぎは理解に苦しみます。森ヘッドならこんなバカな事はしません!落合竜を8年間じっくりと見て来た私の確信です。

3タテのチャンスを不安定な戦い方で逃したドラゴンズの中で、唯一安定していたのは、今年贈ったコーヒー豆が高級品だったのが幸いし、最後まで出続けていたエルナンデスなのでありました(笑)…。

投稿: 一家言おやじ | 2015年8月 9日 (日) 22時27分

投手陣は谷繁でもデニーでもなく森繁が決めてます。
あいつ日本語おかしいから(笑)

投稿: シゲ | 2015年8月11日 (火) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61100189

この記事へのトラックバック一覧です: 見飽きた負け様!:

« 若様と杉様が奏でるリズムは魔法の7拍子! | トップページ | 虚しさだけが積もる夏 »