« 引退、引退、引退の季節は新たな始まり | トップページ | 若松の夏だけはまだ続いている! »

2015年9月23日 (水)

興味が最下位脱出だけという哀しさ

◇ 9/22(火祝) …横浜スタジアム
横浜DeNA 10 - 6 中 日

およそエースらしからぬ背信投球で、11勝10敗と昨年までと変わらない貯金の出来ない投手になってしまっている、大野雄大。
エースがこれでは3年連続Bクラスも致し方がない所だ。梶谷、筒香、嶺井と毎度毎度同じバッターに打たれまくる醜態には辟易している。
どうするんだ!大野よ!来季は…。

低迷するチームも、小笠原、和田、谷繁らの引退の話題でかろうじてファンに眼を背かれずに試合が見られてはいるが、来季以降を思えば不安だらけであることは間違いない。
「一家言オヤジ」さんや、「アンチ巨人」さんが述べられている通り、ここに来て谷繁監督のスタメンは全く変わり映えもせず、工夫や試みが感じられない、コピペ、トレースされた打順が並んでいて、両外人も含め本当にこのメンバーで来季も戦って行くつもりなのだろうかと、頭の中が疑いで溢れ返っている。これでは勝ち目はないし、魅力もない。益々ファン離れが加速しそうで切なくなって来る。
谷繁監督は『補強戦力』に期待しているのかもしれないが、ワクワクするような補強への皮算用程無意味なものはないのだ。現有戦力での理想的なメンバーを編み出す努力こそが監督に課せられた任務に違いない。谷繁監督にはとにかく逃げないで現有戦力の中からダイヤモンドの煌めきを見つけ出す努力をして貰いたいのである。

さて最下位直接対決初戦に敗れた谷繁ドラゴンズは果たして最下位を免れる事は出来るのだろうか?
DeNAには髪の毛一本位ではあるが、CSへの望みが残っている。そのモチベーションと満員のハマスタの熱心なファンの後押しが脅威になってくるが…。

最下位脱出のミッションが果たされなければ、谷繁続投にも翳りは消す事が出来ないと僕は前から考えているのだが…。

いずれにしても最後までいい戦いを望んでいる。

|

« 引退、引退、引退の季節は新たな始まり | トップページ | 若松の夏だけはまだ続いている! »

コメント

終わってみればイーブン投手…大野よ、これでエースと胸を張れるのか?気持ちだけでは変わるのには限界がある。技術を磨かなければ、或は改善しなければ次期エースの称号は若松に渡る…。

近藤さん、今日は。

宿敵・DeNAにエースを立てて、まざまざと力の差を見せつけられた様で…何時からこんな情けないチームになってしまったのか…。近藤さんも示唆されている様に谷繁監督の続投もこのまま最下位ならば白紙に戻る可能性を秘めていますね。様々な憶測(想像の域を出ませんが)が飛び交っています。我々ファンは状況を見守るしかありませんが、森コーチの示唆する様な「大激震」があるのなら、現チームにかかっている濃い霧や暗雲‥etc全てを雲散霧消してくれる「大激震」であって欲しいと思います。

現役引退を発表した谷繁監督。ドラゴンズに来てくれて、ドラゴンズで現役を終えてくれて有難う御座いました。来シーズン指揮を執るのであれば、もっともっともっと的確に柔軟に進化してくれる事を期待します。御苦労様でした。

投稿: 一家言おやじ | 2015年9月23日 (水) 16時58分

和田の集中力を若手に見せたいのかな?普通に打席に立っても打てないよ。って感じかな?

投稿: ドラきゅら | 2015年9月24日 (木) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61731014

この記事へのトラックバック一覧です: 興味が最下位脱出だけという哀しさ:

« 引退、引退、引退の季節は新たな始まり | トップページ | 若松の夏だけはまだ続いている! »