« 大選手の勇退と勝てない采配の1日 | トップページ | もうやめたら?大島さん! »

2015年9月29日 (火)

無惨なまでの敗戦

◇ 9/28(火) …明治神宮野球場
東京ヤクルト 6 - 2 中 日

いやはや消化試合とはいえ酷い試合をやってくれるもんだと感心してしまった。
気迫に溢れ自信に満ちたヤクルトとの雲泥の差とはこういう状態を言うんだろうなとつくづく感じなから最後のチャンスに工夫のない5タコの大島のショートゴロを見終えてチャンネルを替えた。
  ボールに威力のない先発山井の序盤の5失点は痛いが、ヤクルト先発の今季未勝利の杉浦も攻略出来ない程ではなかった。四球を足掛かりに連打が出てタイムリーも出て無死満塁のチャンスが5回に訪れて杉浦をKOする押せ押せの好機に何と代打にプロ入りノーヒットの井領を起用して投手を助けてしまうアホさ加減には呆れてしまった。完全に見下ろされた投球をされてワンバウンドの糞ボールを振らされて三振に終わるのも当然の出来事であった。立ち直った杉浦は続く大島、亀沢を力のないショートフライとレフトフライに打ち取ってしまうのだった。
試合後、解説の江本がポイントにこの井領の代打の所を上げていた。もし荒木とかだったらどうなっていたか分からなかったと…。荒木も赤坂も福田も松井佑も堂上も杉山もいたが、よりによって井領とは…、これでは相手チームが喜ぶのも当然だ。
更に、次の回ツーアウトから四球絡みで作ったチャンスに藤井のタイムリーが出て2点目を取り、訪れた反撃のチャンス直後に2塁ベースを離れてボーッとしていたアホナンデスが牽制球に刺された所なんかは最早笑うしかなかった。
今日は勝ちませんよ!勝ちませんからどうぞ優勝マジックを減らして下さいな!とゲームをやっているようにしか見えなかったのだ。
何を今更言っても無駄だが、関東地方での最終試合の応援に駆けつけた熱心なファンも多くいたのではないだろうか。ファンを裏切る谷繁采配、ファンを裏切る1番大島の酷いバッティング、ファンを裏切るルナと平田の淡白な主軸のバッティング、ファンを裏切る不調でボールにキレのない山井を工夫なくいつも通りのリードしか出来ない桂、ため息しか出て来ない体たらくに最後まで声援を送るレフトスタンドからの声が哀しく響いていた。

スーパームーンが照らす神宮の森は、14年ぶりに訪れた優勝のチャンスを祈るヤクルトファンの東京音頭がいつまでもいつまでもこだましているようだった。

|

« 大選手の勇退と勝てない采配の1日 | トップページ | もうやめたら?大島さん! »

コメント

性懲りも無く無様に負け続けるドラゴンズ…「もうエエわ、アホか!」と一旦は投げだしてはみるものの、試合経過が気になってチェックしてみるとやっぱり無様に負けている…ファンってホントに…。

おはようございます。

相変わらずのスタメン…現状をどうしたいのか?未だに谷繁監督の意図は見えて来ません。打者だけで無く投手に関しても何故この時期に山井、八木なのか?異様なまでに若手を起用しないのはどうしてなんでしょう?桂のタイムリーの後、無死満塁で代打・井領。近藤さんが仰っている様に勝ちに行くのなら他の選手にすべきでした。全てに迷走気味なんですね、谷繁監督及び現首脳陣は。それとも…もうやる気が無いのか。どうしても監督問題が浮上してしまうのです。「谷繁解任」なら今の戦い振りも納得できるのです。来シーズン自分は関係無いのですから。適当にやっている…そんな所なのかも知れません。

後、2試合となった今シーズン。是非とも若松には二桁勝利勝利に乗せて貰って真のエースへ歩み始めて欲しいと思います。そして全日程終了の後に待っているのは…?

投稿: 一家言おやじ | 2015年9月29日 (火) 10時56分

アホナンデスを 去年から使って居て この成績

本当にこの何ともならないアホナンデスをきって

新外国人が当たるかわかりませんが とにかく 4番で30本90打点以上打てそうな助っ人を見つけてくるべきです。

助っ人とドラフトをもっと しっかりした眼力で吟味してほしいです。

落合の私物化した球団では もうガタガタで ドミニカしか獲得出来なければ 先がみえます。

落合一派を撲滅しない限り チームとして暗黒期は抜けれないと思います

投稿: アンチ巨人 | 2015年9月29日 (火) 16時01分

関東地区最終ゲームだから、ベンちゃんや小笠原の最後の打席を見ようと意気込んでいましたが、すでに引退ゲームとやらで出番はなし。
でも、前売りを買ってしまったので出かけました。

ヤクルトはマジック3だったので、もっとヤクルトファン一色かなと思いきや、通常よりややヤクルトファンが多い程度でした。

2回裏でゲームは決まったも同然。
それでも5回の無死満塁の場面は、盛り上がりかけましたが「代打井領」のアナウンスにレフトスタンドは唖然、というか「えっ」という声があがる。
「えっ」の声が抜けきらないうちに「だめだこりゃ」の声に変わる。
続く1・2番の工夫のない凡打を見届けて神宮を後にしました。

来年、体制に大きな変更がなければ、生観戦はないかもしれません。お金を払う価値がない。
ラグビーワールドカップも終わるので、ケーブルテレビ(年間受信時間の7割はドラゴンズのゲーム)も解約しようか真剣に悩んでいます。

若松君の10勝だけが今の関心事です。

投稿: KONA | 2015年9月30日 (水) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61816399

この記事へのトラックバック一覧です: 無惨なまでの敗戦:

« 大選手の勇退と勝てない采配の1日 | トップページ | もうやめたら?大島さん! »