« 無惨なまでの敗戦 | トップページ | 最後の雄姿、山本昌の幕が降りた夜 »

2015年10月 2日 (金)

もうやめたら?大島さん!

◇10/ 2(金) …マツダスタジアム
広 島 2 - 1 中 日

最終回、無様な見逃し三振をして試合を終えた大島もう野球やめちまえよ!
  二十歳の若松の魂のこもった投球を見ていたら一球も振らない見逃し三振はあり得ない!
この情けない1番バッターを使わなきゃいけないチームもチームだけど、気迫も工夫もないバッターを1年間1番バッターとして使い続けた監督谷繁の眼は最早節穴としか思えない。
ドラゴンズファンの殆どがこの大島には期待をしていないだろうと思う。チャンスにはとにかく打てないし、ここぞという所では必ず凡退する選手を僕は見た事がない。
結局、何故1番に彼を使い続けるのか最後まで分からなかった。
2試合で最低4本安打を打つなんてコメントしていたが、打てる雰囲気は全くなかった。一体大島は何を根拠にそういう出来ない事を平気に言うのだろう。
とにかく、西武の秋山を見習ってほしい、
精神的にも技術的にも…。
 
しかし、若松の血気迫る今日のピッチングはとにかく素晴らしかった!ピンチを迎えても自分のチェンジアップを信じて投げる姿は感動すら覚えた。
甘い球を前健に上手くレフトスタンドに運ばれてしまったが、それ以外は自分で招いたピンチも自分でちゃんと刈り取って完投した。
来季は本当に真のエースになる予感がしている。

何故かモヤモヤしたドラゴンズに対する想いが広がる中で、この若松のひたむきで必死な姿だけが唯一の救いである。

ヤクルトが阪神と延長を戦っている。
果たして今日ペナントレースに決着が付くのだろうか?
僕にとってはどうでもいい事であるが…。

|

« 無惨なまでの敗戦 | トップページ | 最後の雄姿、山本昌の幕が降りた夜 »

コメント

奮闘、若松10勝ならず…後1試合、若松にもう一度チャンスをやって欲しい。昌の引退セレモニーは来春のオープン戦でやればいいじゃないかと考える私はレジェンドに対するリスペクトが足らないのでしょうか?

近藤さん、おはようございます。お久し振りです。

意固地なまでの打線固定と相変わらぬ貧打、打つのはクビの涼しい外国人…何も変わらぬまま変えようともせぬままシーズンを終えようとしております。先日、地元ラジオの「ドラゴンズ情報」で山本昌がマツダスタジアムの最終戦で登板する事を伝えた際、それに関する谷繁監督のコメントは「そうみたいですね」だったそうです。あまりに他人事、選手起用や試合の進め方を見ていても試合プランと言うものは殆ど無く、惰性で消化している様にしか思えません。だから否が応でも「来季の監督問題」が頭を擡げて来るのです。こんな時必ずと言っていい程、落合GMの影が揺らめいて出て来ます。ドラファンの間に「オチシン(落合信者)」と「オチアン(落合アンチ)」と言うのがあるそうですが、私は「落合監督」はリスペクトしてますが「落合博満」は詳しい人物像を知らない事もあり、あの見下した様に見える言動、鼻を木で括った様な態度、時に外に対して見せる攻撃性、余り好きなタイプではありません。でも野球のプロフェショナルとして見た時、物凄く魅力のあるタイプに見えるのです。来季ドラゴンズがどんな体制でスタートするのか…現状のままか、それとも…。DeNAの中畑監督も辞任します。オフの興味は尽きません。

さて、この先の楽しみは若松の10勝二桁勝利。理想は打線が序盤に大量点を奪い、広島の戦意を喪失させ最後の一人を山本昌が三振で締める…そんな展開になれば全て丸く収まるのですが。


投稿: 一家言おやじ | 2015年10月 4日 (日) 12時05分

今なら、大島は藤井の控えでいいと思う。あと、Bクラスが決まった時点で外国人選手は外すべき。あくまでも、助っ人なのだから。自力、日本人選手のみで戦うべき。最終戦を無理に若松にする必要なし。まだ、若い分、悔しさを味わってほしい。単純に調子の良いピッチャーでいってほしい。山本昌は投げてほしい。偉そうにすいません。

投稿: ドラきゅら | 2015年10月 5日 (月) 14時58分

谷繁よセンター藤井で良くない?
守備範囲以外は大島より上では。
なにより藤井は得点圏打率1番です。

投稿: ドアラ | 2015年10月 5日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/61872722

この記事へのトラックバック一覧です: もうやめたら?大島さん!:

« 無惨なまでの敗戦 | トップページ | 最後の雄姿、山本昌の幕が降りた夜 »