« 『病気』を持ったドラ戦士たち | トップページ | チームワークが大逆転を呼んだ »

2016年3月31日 (木)

選手のモチベーションを考えるのも監督の仕事である

◇3/30(水) .... ナゴヤドーム
中日3ー11広島

無惨にも大敗!言葉も出て来ない。
確かに浜達は悪すぎた。
確かにリリーフした岡田も悪かった。
この日もドラゴンズのダイヤモンド内には若手と外人しかいなかった。
浜達も岡田も自らの不甲斐なさと向き合いながら必死に孤独と戦っていたように見えた。
声かけ激励をする仲間はいなかった。
みんな自分の事で精一杯のようだった。
チームとして戦えない選手達にとってピンチを切り抜ける苦しさは並大抵ではない。
ダイヤモンドに荒木がいたら、森野がいたら、はたまた井端がいたら…。もっと失点を少なくする事が出来たかもしれない。元気印亀沢でもよかったと思う。
遠藤や周平、両外人や杉山に、それを求める事は難しく思えるのだ。若い投手にとって、野手からの一言がどれ程力になるかは推して知るべしである。
ドラゴンズは今チームが大きく若返ろうとしている。
その過渡期にこそ、若手にリーダーシップを促すように導いて行くベテランがまだまだ必要だと僕は思う。
今日の第3戦もルーキーの福が先発する事が決まっている。内野に荒木を入れるか、捕手を武山にするか、ルーキー福が安心して仲間を信じ自分を信じて投球が出来るような配慮を望みたい所である。

谷繁監督は浜達がドツボに嵌ってしまってもがいている時、まるで思考停止に陥ってしまったような表情でベンチからグラウンドを眺めていた。
リリーフ岡田を告げるタイミングが一歩も二歩も三歩も遅れたと思う。0-6となった無死満塁で登板する岡田のモチベーションは果たしてどうであったろうか?
結果は三つの三振でその回を投げ切るのだが、途中一つの四球を投手横山に与えて押し出しの一点を献上してしまったのだ。
開幕してまだ5試合目である。このように早い回から大差が付いてしまうような負けゲームもたまにはあるものである。
ならば、そんな試合こそまだ出場してない選手を使ったりベンチにいる全員を総動員させるような試合を監督には是非共やって貰いたいものである。
好調のビシエドと周平以外は全員を交代交代で起用する采配をして欲しかった。これも控え選手のモチベーションを上げる為の効果的な方法だと思うのだ。
先述したが、谷繁という監督は今年始まった事ではないが劣勢になればなるほど思考停止になりがちである。
選手を代える頭が働いていないとしか思えないのだ。
「この負け試合にあっての収穫は?」と問いたい所である。今朝の新聞には3番手投手の小川の名前を上げていたが、ならば最後まで投げさせてロングリリーフの適性を試してみても良かったのでは…。
モチベーションの全く上がらない所での又吉起用は僕は大反対である。仕方ないみたいなコメントをしていたようだが、決して仕方ない事はないといいたい。
他にも、荒木を始め赤坂、松井佑、堂上、桂、武山は今日も汗もかかず綺麗なユニフォームのまま試合を終えている。亀沢は投手の代打に出て凡退、試合後ドラゴンズに来て初めて二軍降格を告げられたらしい。今季は代打で二打席とその後の守備に一度起用されただけである。
何度も言うが、選手のモチベーションを保つのも監督の大きな仕事であり責任だと僕は思っている。

今シーズン始まったばかりだが、先が大いに思い遣られる敗戦になってしまった。

|

« 『病気』を持ったドラ戦士たち | トップページ | チームワークが大逆転を呼んだ »

コメント

 初めまして。いつも、近藤さんのブログを拝読させてもらっています。
 今も、福投手が打たれている放送を耳にしながら、近藤さんのブログを読んでいました。コメントというかファンとして、選手の気持ちを思うと悲しくなってしまい投稿しました。

投稿: どらファン歴45年 | 2016年3月31日 (木) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/64735251

この記事へのトラックバック一覧です: 選手のモチベーションを考えるのも監督の仕事である:

« 『病気』を持ったドラ戦士たち | トップページ | チームワークが大逆転を呼んだ »