« 高橋周平が山田哲人に追い付き追い越す日は? | トップページ | 監督の采配に望むこと »

2016年3月26日 (土)

山井が心配で心配で…

◇ 3/26(土) …京セラドーム大阪
阪 神 7 - 3 中 日

明日のトーチュウは、新外国人ビシエドの話題で持ちきりになるだろう。
試合には敗れたが、このビシエドの打撃には度肝をぬかされたからだ。
開幕2試合連続弾が今日左中間スタンドに飛び込んだ。
好投能見のチェンジアップにタイミングを狂わされ泳ぎながら振り切った打球がグングン伸びて左中間スタンド中段に飛んで行く打撃は凄いの一言だ。
打たれた能見の顔には「こいつ一体何者だ!」と明らかに書かれていた。
今日は猛打賞のビシエドだが、とにかく打球が速い。
昨日の地を這うようなショートライナーなどは、かつて見た事がない当たりであった。
ビシエドのバッティングはこれからもずっと楽しみだ。
何より奴の顔がいいのだ。精悍だが優しく性格の良さそうな表情には実に好感が持てるのだ。

しかし、今日は敢えて山井に触れておこう。
下半身に粘りがない投球はおよそ山井らしくないのだ。
リリースが全体に早いのでコントロールも定まらず変化球は全て高めの打ち頃のゾーンに行ってしまうのだ。
ここ数年故障の吉見に代わってローテーションの中心となって投げ続けて来た山井には勤続疲労が蓄積しているように思えてならない。
高木監督時代には、セットアッパーにクローザーにと獅子奮迅の働きをしていた。
蓄積した疲れが完全に取れないまま毎年シーズンに入ってしまい、走り込み不足から次第に下半身の粘りがなくなっているのではないだろうか。
若い頃の球威があれば多少の甘い球でも打者をねじ伏せる事は出来たのだがいかんせん球威の衰えは隠せない所である。
長いシーズン、必ず山井はドラゴンズにとって必要不可欠なピースである。
ここは思い切ってローテーションから一旦外して、ミニキャンプでも張らせて走り込みに専念させるような英断をを提案したい所である。
今のままだと山井自身がドンドン自信を無くしていきそうで心配だ。
2週間でいいから抹消してローテーションから外して調整をすればきっとまたあのイキのいい山井の速球や変化球が蘇って来るに違いないと信じている。
さもないと、また打たれてしまいそうだ。

とにかく、今日は山井が心配で心配でならない想いで一杯のブログにしておこうと思う。

|

« 高橋周平が山田哲人に追い付き追い越す日は? | トップページ | 監督の采配に望むこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/64659057

この記事へのトラックバック一覧です: 山井が心配で心配で…:

« 高橋周平が山田哲人に追い付き追い越す日は? | トップページ | 監督の采配に望むこと »