« 歴史的な1日を刻んだ、吉見、岩瀬、荒木 | トップページ | 思考停止が招く無抵抗試合 »

2016年4月11日 (月)

残念でならない1敗

◇4/10(日)…ナゴヤドーム
中日2-7巨人

久しぶりにスッキリしない日曜日の夜を過ごしたドラゴンズファンも多かったのではないだろうか。
巨人に逆転負けを喰らったのだが、負け方に腑に落ちない所があるからだ。
シーズン全てに勝てる訳はないし先週のナゴヤドーム6連戦も結果3勝1敗2分けと文句の付けようがない戦績ではあるが、やはり同じ1敗にもきちんとした納得が必要だと僕は思う。
逆転され大量6失点をした7回の投手起用について考えてみたい。

ここまでの好成績はリリーフ陣の踏ん張りに依る所が大である。勝てる試合、負けてはいけない試合、逆転を狙えそうな試合には、ベンチの的確で細やかなリリーフ投手の起用の妙があり、それに応えるリリーバー達が相手に点を絶対にやらないという結束感がビリビリ伝わって来た。ここ数試合のリリーバーの防御率も0点台と誇っていた。不調な投手は直ぐにファームに落として再調整させ、ファームの好調な投手と入れ替える、競い合うリリーフ陣のモチベーションを上げる為の選手の入れ替えについて、今季は大いに評価している。投手のみならず野手に関しても同感である。
選手達がいい緊張感の中で自ら奮い立たせながらプレーする姿にはファンは拍手を惜しまないのだ。
今二軍にいる岡田や武藤、岩田や雄太、祖父江や浜達、かつて一軍で活躍していた投手達も必死に一軍から呼ばれる為に下で戦っているはすだ。野手においても、亀沢や遠藤、松井佑や野本、エルナンデスまでもが上から声を掛けられる日の為に不調を克服している日々を送っているに違いない。
だからこそ、一軍の選手は走攻守の一つ一つに気を抜くプレーは赦されないのだ。説明のつかない凡プレーをした選手は即ファーム落ちを宣告しても不思議ではないと思っている。それ故にベンチはいや監督は選手のモチベーションを下げないような采配が常に求められ、的確な選手起用が必要とされるのだと思う。

で、昨日の采配である。
毎回のようにランナーを塁上に置きながらも要所を抑えて簡単に点をやらずに投げていたネイラーの替え時は正しかったろうか?これが大野や若松であったらどうだったろうか?大野は言うまでもないが、若松は特にランナーを出しながらもなかなか点をやらない代表的な粘り強い投手である。このネイラーにも若松に近い粘り強さを僕は感じている。という意味では替え時の決断の難しい投手だともいえるが…。
前日の延長12回の死闘を考えれば、あの7回は完全に逆転されるまではネイラーで辛抱しても良かったのではと思う。小林、代打大田に連打されたが、長野、立岡は調子が上がっていないし、ネイラーに対して狙い球が絞り切れていない感じがしていたし、坂本までは続投させて欲しかったと思っている。シュートを持たないスライダー中心で球種の少ない又吉が出て来た時、長野、立岡、坂本は内心喜んだような気がしてならない。狙い球の絞り安さはネイラーの比ではないからだ。案の定、連投気味の又吉にはいつもの球のキレはなかった。
長野は打ち取ったが、立岡、坂本にはスライダーを狙い打ちされ、4-2と逆転されるのだ。
そしてここで、ギャレットに小川を出すのだが、攻められず逃げたようなストレートの四球を出してしまう。
この時の小川のモチベーションはどうだったろう?
ここまで好投を続けて来た小川には常に攻める姿勢が感じられていたから…。小川のモチベーションだけに言及すれば、もう二手前、逆転される前の立岡にワンポイントでぶつける手もあったのでは?
又吉を挟まずに長野までネイラーで、立岡にワンポイントで小川、坂本には荒れ球で球種が多い田島で逃げ切れたような気がしてならない。
連投で球威やキレが落ちて球種が少なく、コントロールがアバウトな又吉は、やはりピンチでランナーを背負った所では危険が伴うのだ。球威があっての又吉である。

谷繁監督の思考停止が始まってしまった瞬間の事を追記しておこう。
又吉が打たれ、小川をギャレットに起用して、ストレートの四球を与えた瞬間である。昨日まであれほど入念に繊細に小川を左バッター専用のピンチ脱出用仕事人としてこだわって使って来た筈なのに、クルーズに対して小川を続投させてしまい痛打を浴びた場面は完全に谷繁監督が小川のストレート四球で完全に思考停止に陥った証しである。
慌てて小川を下ろすが時既に遅し、続けて起用した左腕福には右の代打中井が起用され、とどめの7点目を喫するヒットをレフト前に浴びるのだ。8回福、9回田島で試合を終えるのだが、負けが濃厚な場面で田島を出すのなら、モチベーションの上がる場面での細かな継投はなかったのだろうかと惜しまれてならない。
これは結果論ではない、常に最善のシミュレーションを組み立てるのが監督の裁量だと思うのだ。
投手起用に関してもきっと谷繁監督自身がやっているのだろうが、ならば劣勢に訪れる『思考停止』は絶対に止めて貰いたいのだ。
前日までの善戦を指揮した指揮官とまるで別人のように映ったのは僕だけだろうか?

1敗は1敗だが、実に残念な1敗になってしまった。

|

« 歴史的な1日を刻んだ、吉見、岩瀬、荒木 | トップページ | 思考停止が招く無抵抗試合 »

コメント

打てなければ守り切る…やはり昨日のゲームは7回の投手起用に集約されるのでしょうね。

おはようございます。

「ネイラーを引っ張れば」「7回は頭から又吉」「あんなゲーム展開で田島を投げさせるなんて」「何で小川続投なんだ?」

昨日のゲームでは様々な意見が様々な所で見られました。人それぞれに考え方や意見がありますから「正解」を見つけるのは難しいですし、「全部が正解」と言う見方も出来ます。

と、言う訳で私は又吉に対して以前から考えている事を少し…個人的には先発の方がいいと思っています。リリーフで登場する彼は強いボールを追い求め、必要以上に力んでコントロールを乱している様に見えます。四国アイランドリーグでは先発として投げていたと記憶しています。彼を今の先発陣に加えれば「サイドハンド」のバリエーションも増えますし、長いイニングを投げようと考えれば、そう力んで投げる事も出来なくなります。その方が彼の特長を生かす事が出来、余裕を持ったピッチングが出来ると思うのですが…(素人の考えですので御容赦を。それと又吉の後釜はどうするんだ?と言う事も今回は一切考慮に入れて居りません)。

さて「打てない」「点が入らない」と嘆かれながらも貯金1のドラゴンズ。今週からは2周り目、先ずは阪神に逆転勝ちした敵地マツダの広島戦。周平、ビシエドを中心に打撃陣の大奮起に期待したいですね。

投稿: 一家言おやじ | 2016年4月11日 (月) 10時29分

この巨人戦は3連勝できた内容だっただけに、1勝1敗1分は残念に感じます。

そろそろ、気になりだしたのが、高橋周平選手。シーズン当初のボールの見送り方は影を潜め、迷いや自信なさげな表情が戻ってきました。メンバーの顔ぶれから3番起用はやむを得ませんが、悪化する前に下位に戻してあげたら、と感じます。

もうひとつ。ナゴヤドームの空席多すぎます。
オープニングの広島戦こそ37,040でしたが、2戦目、3戦目と順調に低下。5日からのベイスターズ戦はあわや2万人割れギリギリ。
そして週末開催の巨人戦でも24,021→29,547→26,990と3万超はなし。
しかも、貯金があり、吉見・岩瀬復活ゲームの翌日、しかも日曜日という当日券が捌ける絶好の条件にありながら、動員できていない。
贔屓のチームの日曜デーゲーム開始直前のスタンドがガラガラというのは、悲しい限りです。

ただ、これまでのゲームを観る限り、お金を払ってスタジアムに足を運びたくなるのは、若松君の先発試合くらい、というのも事実です。

投稿: KONA | 2016年4月11日 (月) 12時45分

昨夜のラジオでのOB井上一樹氏の言葉です。
「5番に日替わりの様に起用していたが、1試合打てなかったからと言って彼等に(福田、ナニータ、谷)責任を負わせるのは可哀想。例えば福田を連続して6試合起用して結果が出なければ考えなければいけないけれど。平田が戻ってくれば全てOKと言う訳でも無いですし。それとビシエドの勢いが落ちてますよね、私は守備位置をレフトにした事に一因があると思いますよ。一塁なりレフトなりに固定した方が落ち着いて臨めると思う。」ざっとこんな内容だったと記憶してます。

谷繁監督の左右病やコロコロと選手や守備位置を変える采配が打撃の調子を落とす原因になっているのではないか(あくまで推測です)。もし、そうだとしたら…
と、言う訳で私的に固定して欲しい、現段階でのスタメンを…

1番(中)大島、2番(二)荒木、3番(三)高橋周、4番(一)ビシエド、5番(左)福田、6番(右)藤井、7番(捕)杉山or桂、8番(遊)堂上or三ツ俣、(素人の我儘な希望ですので御容赦を)。

何にしても谷繁監督には「我慢」と「固定」をして貰いたいです。今年で言えば顕著な例は堂上です。守備はOK打撃は?なんて言われていた彼が数字を残しているじゃないですか!(いつまで続くかは判りませんが)続けて起用しているからじゃないですか?谷繁監督、ドッシリ行きましょうよ。

投稿: 一家言おやじ | 2016年4月12日 (火) 10時40分

近藤さん こんにちは 
今年初めてコメントします。

個人的な意見ですが、私は荒木選手と藤井選手がスタメンにいるのはどうも気に入りません。
彼らは守備固めや代走、代打で使う選手です。他に選手がいないという言い訳は、
他の選手を育てる事のできない言い訳にしかすぎません。
言い過ぎかと思いますが、彼らがスタメンで活躍したってうれしくないのです。
なぜここまで思うようになったかというと、あまり考えずにバッティングしているように見えるからです。
みなさんどう感じられますか?

投稿: doradora | 2016年4月12日 (火) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/64917036

この記事へのトラックバック一覧です: 残念でならない1敗:

« 歴史的な1日を刻んだ、吉見、岩瀬、荒木 | トップページ | 思考停止が招く無抵抗試合 »