« 打線が「打線」になって来た! | トップページ | ビシエド様様様様様様様様 »

2016年4月23日 (土)

打線の線を断ち切る谷繁の愚策

◇4/23…ナゴヤドーム
中日 5ー7 ヤクルト

折角打線が繋がりを見せて、しっかりした線になり始めているのに、敢えて全く打ててないエルナンデスを7番に桂を8番に据えて線を断ち切る愚策をする谷繁采配が理解できないでいる。
前日マルチ安打して勝利に貢献した、少なくとも今持っている選手を何の理由もなく、打てない選手に替える愚策をやってる限りチームの連勝はないし、チームは機能して行かない。
昨年からずっーと言い続けている事だが、谷繁采配には納得がなさ過ぎて哀しい。
今日も一見好調なドラゴンズ打線のようなスタートを切るのだが、やはり7番8番で流れが完全に途切れて打線になって行かないで相手バッテリーを手助けしていた。
さして良くないヤクルト投手陣から追加点が奪えないから、最後は手詰まりになってドラゴンズリリーフ陣に余裕がなくなって行くのだ。打線が好調な時こそ一点でも多く取るべきなのだ。
もうエルナンデスは不要なのだ。
桂のリードもパターン化していて相手打線に狙われ易いのだ。福谷がバレンティンにホームランを打たれたボールも明らかに外角のストレートを読まれていた。
投手との相性で杉山と桂を使い分けていると言われているが、使い分ける程歴然とした相性の差異は見られない。
ならば、打撃が好調か勝ち運を持っている方を起用すべきである。
試合は、福谷がストライクが取れなくなってやむなく岩瀬を起用し、岩瀬、桂のバッテリーが勝負を急いで、2割に満たない荒木に2球目を、2割そこそこの中村に初球を一二の三で打たれただけの事で、結局は大逆転負けを喫するのだが、問題はそこではなく機能していた打線の線を断ち切った谷繁監督の責任が異常に大きいのだ。

打線をちゃんとした「打線」に谷繁監督が戻しさえすれば明日は勝てる筈である。
意味不明な打順を作った時は、残念だが連敗地獄が待っているに違いない。

|

« 打線が「打線」になって来た! | トップページ | ビシエド様様様様様様様様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65130636

この記事へのトラックバック一覧です: 打線の線を断ち切る谷繁の愚策:

« 打線が「打線」になって来た! | トップページ | ビシエド様様様様様様様様 »