« データが語る荒木の存在価値 | トップページ | <訂正> »

2016年4月29日 (金)

全員野球が続いているのが何よりだ!

◇4/28…横浜スタジアム
DeNA 2ー9 中日

降り続く雨の中、我がドラゴンズは2点先制されながらも粘り強い攻撃で9回目の逆転勝利を飾った。
小熊も前回の惨めな広島戦の雪辱を果たし3勝目を挙げた。平田の同点ツーラン、周平の勝ち越しソロ、桂のダメ押しスリーランと効果的な3本のホームランが出て、ビシエド以外のヒーローが沢山挙げられるような勝ちゲームになった。連日のライバル杉山の活躍に刺激され負けてなるもんかと打った桂のホームランもチームにとっては非常に大きな一撃となった。
今日は若松の登板だから、おそらく杉山の起用となるだろうが、今日の杉山も必見である。
昨夜は勝利のキーマン荒木がスタメン出場してやはり勝った。チームではただひとりヒットが出なかったが、序盤アップアップの小熊への激励する姿が目立っていた。
今日広島は右の横山が先発する。
ひょっとしたら谷繁監督のペンがメンバー表に亀沢と書きそうな予感がするが、だとしたら最後のイニングの守りには是非、セカンドに荒木がいる事を願いたい。
それこそが、今、ドラゴンズの勝利を決定付ける大事な風景になるのだからである。
今日からGWが始まる。
『広広広神神神広広広』と続く9試合になるが、最低5勝4敗貯金1で終えてくれればと思っている。今季ちょっとだけ苦手な広島との6つの戦いをどのような成績で終えるかが、今後のドラゴンズを占う為の大きな指針になりそうな予感がしている。ローテーションから行くと、若松、ネイラーの2人が軸になるようだが、期待と不安が同じくらい入り混じっている。

安定感十分の、周平・ビシエド・ナニータに、平田・直倫・捕手と続く下位打線の粘り強さが絡み、大島・荒木の核弾頭が機能し出せば、何も怖い物はない。
これが今の売り出し中のドラゴンズ打線であるが、俄然目が離せない。
さて今日は誰の日になるのだろう?

|

« データが語る荒木の存在価値 | トップページ | <訂正> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65221260

この記事へのトラックバック一覧です: 全員野球が続いているのが何よりだ!:

« データが語る荒木の存在価値 | トップページ | <訂正> »