« 思考停止が招く無抵抗試合 | トップページ | 意味のない敗戦が続いている »

2016年4月14日 (木)

ゲームを俯瞰で見られる位置で…

若松の悔し涙が、不調な兆しが立ち込めるチームにひとときの安息をもたらしたようだ。
どらファン歴45年さんと同じ気持ちでこの雨天中止にホッとしている。
しかし、今朝の新聞では興味を引かない話題ばかりで少々うんざりした所だ。
谷繁監督が平田に無理をさせず現有勢力で乗り切ると言ったとか言わないとか…、しかし問題はそこじゃないでしょ!と言いたい。
ゲームの中でその日の個々の選手の状態やその日の幸運度(野球の神様に好かれてるか嫌われてるか?ラッキーかアンラッキーか?)を見極めてテキパキとタクトを振って行く、監督、あなたの決断が大切なのです。
今日はダメだろう!と思ったら温情や偶然に委ねず、サッと別の選手を起用して行くダイナミズムこそがチームに活気を与え、苦境を打開して行くきっかけになるものだと声を大にして言いたい。
あまりにも動かな過ぎる谷繁監督がじれったい。

昨年の143試合のブログを振り返ってみたが、最低でも谷繁監督の決断の悪さが25試合近くの勝てる試合を失っているのに気づく。
監督の采配で負ける事もたまにはあっても仕方がないがこの数は余りにも多すぎる。
勿論、最終的には「たられば」になってしまうので、一概には言えないが、どう見てもこれは違うだろ?と思う局面では「思考停止」に陥らずに動いて貰いたい物だ。

今、谷繁監督はベンチの最前列に陣して試合を眺めているが、この場所でこの姿勢で見るゲームはどうしても自分が選手の一員として一緒に戦っている意識が強くなって、客観的な視点を欠きがちになるのではないかと感じてしまう。最下位DeNAのラミレス監督も同様である。
ゲーム全体が俯瞰に見える位置を探して、そこでドシっとした采配をして貰いたいと思うのは僕だけだろうか?

さあ、雨降って地固まっているといいが、今夜も小熊の淡々としたポーカーフェース投法に期待しようか。

|

« 思考停止が招く無抵抗試合 | トップページ | 意味のない敗戦が続いている »

コメント

谷繁が こんな戦力で戦えますか??GM位言って
GMと戦う位やって貰いたい

来年もあると思って采配ふるっているのか?

もっともっと 選手にも自分にも厳しくなって欲しい

2軍から上がった選手をスタメンで試すとか 2年間やって来て何も学習していない

混戦なのに もっと 選手に自由に打たすのではなくて 3.4番以外は シビアな采配をして欲しい

ファンも辛抱仕切れない

投稿: アンチ落合 | 2016年4月14日 (木) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/64968353

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームを俯瞰で見られる位置で…:

« 思考停止が招く無抵抗試合 | トップページ | 意味のない敗戦が続いている »