« 谷繁の又吉依存症がまた試合をぶち壊した! | トップページ | 楽しみと心配で一杯な日々が続く »

2016年5月21日 (土)

堂上を6番に据えた意味を問う

◇5/20…ナゴヤドーム
中日 0ー2 巨人(延長11回)

谷繁監督に問いたい。
堂上を6番に上げた理由はなんですか?…と。

打撃の調子がいいから攻撃的な面から7番を6番に上げたのではないですか?
ビシエド、ナニータと並べて得点力を上げる為にそうしたのですよね。
7番にいた時は先頭バッターで登場するケースが多く、8番の杉山、桂に繋ぐチャンスメイクをする突破口を開くような出塁が目立ち、1番2番のタイムリーでホームに還ってくる得点を上げる役割を担っていた。
昨夜は、ビシエドは完全に抑えられていたが、ナニータは、無死、一死からの安打、四球で出塁してチャンスを好調堂上に3度繋いでいた。
そして、昨夜の堂上は第1打席で、菅野のスライダーを右中間にツーベースヒットを放ち、荒木と共に菅野の投球にタイミングが合っていた。

しかし、谷繁が取った作戦は3度共送りバントだった。
一死からも当たっている堂上にバントを命じていた。
昨年までの堂上ならいざ知らず、今年はいや昨夜はその作戦は相手投手を助けたに違いない。好調なバッターが相手にみすみす1つのアウトをくれてやる愚策をやってのける谷繁には勝とうとする強い意思が感じられないと思ったファンは多かったのではないだろうか?
ビシエド、ナニータがチャンスメイクして6番に繋ぐ確率が多いから打撃好調の堂上を据えた筈なのに、その意図は何処かにやってしまい3度共判を押したような送りバント作戦を問答無用に取り相手を撹乱する事も考えない監督は最早監督と言えない。
果たして堂上は3度共見事に1球で成功させてのけるのだが、その作戦の空しさだけが球場に漂っていた。
夜、プロ野球ニュースでも田尾と高木豊が同じ事を述べていた。堂上の後に堂上以上のポイントゲッターがいるのならともかく、亀沢、杉山には昨夜の菅野は荷が重かった、だから堂上の送りバントは勿体無かったと…。
好投手菅野を相手にバルデスも負けず劣らずナイスピッチングをしていただけに、しかもそのバルデスを助けていた再三の好守備をしていたラッキーボーイ堂上だっただけに、残念でならない。
今後の試合でもビシエド、ナニータがチャンスメイクして6番に繋ぐケースが多くあると思う。今後もバント策を取り続けるのなら、堂上は7番に下げて6番にはバント要員を置いて貰いたいと願うばかりである。

1度2度までならともかく、3度目のバントを見た時は腰を抜かしてしまったのが本当の所である。

そうして、昨夜もまた愚かなる采配が勝利を逃してしまったのだ。

|

« 谷繁の又吉依存症がまた試合をぶち壊した! | トップページ | 楽しみと心配で一杯な日々が続く »

コメント

おそらく今の首脳陣は、優勝するという強い意志が無いと思います。自らの保身、無難な策を選んで結果が悪くても応えられない選手のせいにする。・・・
 それにしても、谷繁監督はどれほど監督としての権限を持っているのでしょうね。上層部から優勝するなとでも言われているのでしょうか?今年も連勝している最中に今年もっとも勝ち運の無い山井投手を先発させるなど、ファンに対し悪意のあるとしか思えない采配をしています。終盤の緊迫した場面での又吉投手も、今は名前をコールされたでけでファンが嫌な予感しかしない状況になっているにもかかわらず何回も繰り返すのは、これまたわざとしか思えません。
 こんなことは有って欲しくはないのですが、うわさでは「優勝すると選手の給料を上げないといけないから、優勝争いをして観客を増やして、最終的には2位狙いがいい」と球団が思っているとの声も聞こえます。そんなことなら野球チームを持つ資格は無い。早く身売りしてくれと思ってしまいます。前にも書いたことが有りましたが、ファンは中日という企業を応援しているわけではないのです。ドラゴンズという野球チームを応援しているのです。思い上がらないで欲しいと思います。
 そこで近藤さんにお願いがあります。東海地区にはトヨタを筆頭に優良な企業が多くあります。東海ドラゴンズ?(仮称)を誕生させるべく運動を起こしてもらえないでしょうか?ホームは名古屋ですが、オリックスが京セラとほっともっとのダブルフランチャイズ制をとっているような感じで、岐阜長良川や豊橋等でも年間10試合程度は行い、東海地区全体で応援できるチームの誕生を強く希望します。
 

投稿: DORADORA | 2016年5月21日 (土) 10時00分

「考えないといけない」試合後の谷繁監督のこの言葉は田島と福谷の「配置転換」を意味しています。と、同時に谷繁監督の「腹の括れて無さ」が如実に見て取れます。福谷で行くのだと腹を括っているのなら簡単に「配置転換」など考え無い筈です。「配置転換」などしようものなら投手陣の土台は揺らぎ、崩壊への道は避けられないと思います。田島―福谷のセットは絶対に崩すべきではありません。

昨夜のゲームに関しては言いたい事が山ほどあります。怒りの度合いが強すぎて文章にするのが難しいのです。。投手に関してだけでなく打撃に関しても近藤さんの指摘されている堂上の事にしてもです。例年通り、ここから失速するのでしょうか…。

さて、決して調子の上がっている訳では無い「ウサギのぴょんた」に地元で負け越す訳には行きません。石に噛り付いてでも勝利を掴み取って欲しいと思います。選手達、頑張れ!


谷繁監督並びに首脳陣の方々…いい加減、腹を括りなさい!(怒)

投稿: 一家言おやじ | 2016年5月21日 (土) 11時38分

ここの所の重いのは 投打が噛みあってなくて
後1本 クリンアップが機能して居ない
結果論ですが 阪神戦の負けていての田島投入から 無理したツケが負の連鎖で 勝ちに繋がらないような
野球は 難しい しかし面白い
でも 負けたら イライラ半端無いです
今日が正念場です まずは 先取点獲って 主導権を握りましょう

投稿: アンチ落合 | 2016年5月21日 (土) 14時47分

ここのコメンテーターは なかなか 素晴らしいです
本当に 去年もそうでしたが 今年もラビットは
大したことない
谷繁は 本当に空気を読んのが下手で
選手と切腹したら 良いんです

落合のしいて良い所は 選手を表で責めなかった所です
混戦なのに 本当に谷繁の下手クソ采配は 何なんでしょうか…

投稿: アンチ落合 | 2016年5月21日 (土) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65594751

この記事へのトラックバック一覧です: 堂上を6番に据えた意味を問う:

« 谷繁の又吉依存症がまた試合をぶち壊した! | トップページ | 楽しみと心配で一杯な日々が続く »