« 不思議で不思議で仕方のないゲーム | トップページ | ルーキー初勝利を支えた効果的な攻撃 »

2016年5月 9日 (月)

脇役が主役に変わって行く過渡期

◇5/8…東京ドーム
巨人 4ー11 中日

脇役が主役になる事程喜ばしいものはない。
正に昨日は長い間脇役に甘んじている、堂上直倫の為のゲームになった。
先制、中押し、引き離しを、1人でやってのけて、6打点を稼いだ。課題だったドアスウィングを克服して、先制ホームランも中押しの2点タイムリーも、内角のボールをインサイドアウトという内側からバットが出て来る打法で見事にフェアゾーンに2本とも入れる事ができた。
今までなら完全にファールになっていた筈である。
キャンプから加藤コーチと取り組んで来た事が段々と実り始めてきたのだ。
鳴り物入りで入団して花開かず10年が過ぎたが、年齢はまだ27歳でこれからだ。
この調子で研鑽を重ねて行って貰いたい。
3年後には、周平と平田と3人で、クリンアップを打つトリオザドラゴンズになっている事を期待したい所だ。

昨日はバルデスも帰って来た。
千切っては投げ千切っては投げるテンポのいい投球スタイルが懐かしくさえ感じた。
2年目の心の余裕も手伝って、昨日は巨人のバッターを見下ろしているかのような投球だった。
1回の長野、坂本の見逃し三振の時、2人のキョトンとした狐につままれたような顔が忘れられない。
東京ドームでの3連戦3連勝は何と10年ぶりだという事だ。先発全員安打も4年ぶり、単独首位も約1年1ヶ月ぶり、何もかもが久しぶりとか初めてだとか、正にドラゴンズ母の日祭りになった。
故障選手も多く、課題は山積しているには変わりはないが、ヒーローが連日目まぐるしく代わるという事実にチームワークの良さを感じる事が出来る。
ヤクルトも借金を1まで詰めて来て、1位から5位までのゲーム差は2ゲームである。
暫くの間この順位も日替わりになりそうな感じである。

とにかく、これ以上の故障選手を出さないように皆んなには心してやって貰いたい。

しかし、巨人に3連勝するとは正直考えていなかったので、この結果はとにかく嬉しいけど、ちょっと恐ろしくもあるのだ。

|

« 不思議で不思議で仕方のないゲーム | トップページ | ルーキー初勝利を支えた効果的な攻撃 »

コメント

5月初旬で首位と言っても、先はまだ長いし一過性のものでしかない。でも1年ぶり首位の響きは悪くない。
そして、10年ぶりの東京ドーム巨人戦3連勝というオプション付き。今日だけは余韻に浸りたいです。

ただ、1点だけ。
荒木さん、かつてあれだけバントをビシビシ決めていた貴方。今は別人でしょうか?
100%の成功を求めているわけではありません。これほど続けて失敗するのは異常です。そして内容が雑すぎるように見えます。
3連戦で8安打はご立派ですが、結果オーライで終わらせないで下さい。貴方のスタイルはそうじゃないはず。

ネガティブコメントばかりは、あまり聞きたくありませんが、試合後の監督インタビューでこの3日間、バント失敗に一言も触れなかったのが残念というか、ベテランに物申す雰囲気がないのかと怖くなりました。

投稿: KONA | 2016年5月 9日 (月) 16時35分

KONAさんの仰る通りで ベテラン若手はないです
若手のダメ出しは 谷繁はよくやりますが ベテランでも バッサリ言うべきです
しかし 森野 山井に比べて 荒木福の神は 守備と声掛けは 良い所でやってくれるから 大島やいらないんですより 今年はイライラしません
今年は 荒木が元気なのが 中日のやばい時に 跳ね返すもとかもしれません

投稿: | 2016年5月 9日 (月) 19時41分

外は激しい雨が降っていますが、心は晴れ晴れ&穏やか…巨人3タテの効用です。ドラファンだけが特別に感じるものかも知れません。

CBCラジオで若狭アナが堂上に聞いた話。「バッティングは何か掴みかけている感じがするんです。だからこのまま行きたい。でも、このフォームには欠点が1つだけあるんです。足がとても疲れるんですよ。」。堂上の打撃フォームを見て、種田仁(中日―横浜)を思い出すのは私だけでしょうか?何となく「ガニマタ打法」に見えませんか?川又米利氏が「悪い癖が消えている」と言ったそうです。堂上が「足が疲れる」と言っているのは、恐らく野球への取り組み方が変わったからだと思います。状況を読み、「どうしたら打てるのか」を考え、沢山頭脳を使い野球をしているからこその「疲れ」だと思うのですね。この10年間、成長の邪魔をしていた「4番でホームランバッター」の呪縛からやっと解き放たれた(自分で見切った)のだと思います。この状態をどこまで我慢して自分のモノに出来るか、これからが堂上にとって「本物」になれるかどうかの試金石になると思います。正直、私は堂上を見切っていました。もう駄目だと。悪い意味の頑固でコーチの言葉に耳を貸さない、独りよがり。でも堂上が本気で変わろうとしているのならば、応援して行こうと思います。…ホントにファンは現金なものです、自分ながら呆れます(笑)。

さて先発投手がどんどん離脱して、いよいよ今夜は佐藤優の出番です。失うものは何も無い筈。バックを信じてDeNA打線に挑んで欲しいと思います。頑張れ!佐藤!!

投稿: 一家言おやじ | 2016年5月10日 (火) 10時31分

2番目は 俺のコメントですが
管理人さんはじめ KONAさん 一家言おやじさんは 中日愛があります

それにしても 谷繁のネイラーがブルペンから 変調をきたしているのを知っていて 止めないのは 谷繁 森は管理者失格です
BS1で 流れていましたが ネイラー降板の時 ベンチで馬鹿笑いしていました 最低です

早く 辞めて欲しいです

投稿: アンチ落合 | 2016年5月10日 (火) 15時42分

(同趣旨で他のブログにも投稿しましたが)

打線好調の要因に、加藤秀司コーチ。直倫がバッターボックスで上体を上下し、従って目が上下するのが気になっていました。落合GMは、歩く姿勢も特徴的で、肩が揺れません。加藤コーチは現役のときタバコをくわえて素振りをしたとか。

フォームって大事ですよね。

スタッフの構成に派閥的なものを見つけようとしたり、どうせ「お友達」だろうとGMに批判的な先入観による非難がありますが、肯定できません。加藤コーチの指導がますます浸透して、成果を上げることを確信しています。

投稿: 半世紀超 | 2016年5月10日 (火) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65394222

この記事へのトラックバック一覧です: 脇役が主役に変わって行く過渡期:

« 不思議で不思議で仕方のないゲーム | トップページ | ルーキー初勝利を支えた効果的な攻撃 »