« 楽しみと心配で一杯な日々が続く | トップページ | 地獄の交流戦への一里塚、DeNA2連戦 »

2016年5月23日 (月)

今が旬の直倫が吉見を蘇らせた

◇5/22…ナゴヤドーム
中日 5ー1 巨人

「今まで何勝もしたけど今日の勝ちが一番嬉しい」とドラゴンズ吉見が久々のヒーローインタビューで話した。
吉見!おめでとう!と言いたい。
5回8安打を打たれて苦しいマウンドだったが、出来るだけ点をやらないという吉見の真骨頂なピッチングで1点に抑えて今季初勝利、379日ぶりの勝ち星を挙げた。
以前ブログでも強調した吉見のような繊細な投手には性格が正反対なひらめきタイプの杉山のリードの方がいいと思っていた事を、どんな風の吹き回しだったのか分からないが谷繁監督がこの日、吉見に対して初めて杉山を起用してくれた。
見ていてやっぱりサイン交換のテンポがよかったのと、意外性がある配球も見られて今までの吉見と少し違った傾向にジャイアンツのバッターも対応しきれなかったようにも思えた。
特に初回のいきなりのピンチで見せたリードは特筆しておきたい。
長野には5球目の外角ストレートをライト前に打たれ、データのないルーキー重信には初球の外角低めのストレートを左中間に持って行かれて無死二三塁のピンチを迎えるのだが、坂本には内ストレート見逃しストライク、外フォークボール、外スライダー空振り、外フォークボール、外ストレートで投ゴロ、クルーズには外スライダーファール、外スライダーボール、外フォークファール
、外スライダーファール、内シュートボール、内ストレートファール、外スライダーでファーストファールフライでツーアウト、村田には内ストレートファール、内シュートボール、外フォークボール、外スライダーでセンターフライでクリーンアップを無得点に打ち取った。
見事な配球、見事な投球であったと思う。
外野フライを坂本、クルーズには絶対に打たせないコンビネーションだったと思う。
この投球を見て今日は簡単に得点を許さない事を予感したし、吉見、杉山のコンビネーションは良と見たのだ。

さて、この日も結局昨日記したように堂上直倫がキーパーソンでヒーローになり予言した通りになった。
返す返すも初戦の無策な送りバント3連発が惜しまれる所である。
3連勝そして3日連続堂上のお立ち台も夢ではなかったように感じている。
攻守に10年分の輝きをまとめて放ってくれている堂上直倫は、今こそ正に旬であるから是非それを勝利に生かして貰いたいと願っている。

昨日、1回の攻撃で無死から荒木が四球で出塁した時、2番の谷には送りバントのサインを出さないで自由に打たせていたが、この辺が谷繁采配の不可解さである。

いずれにしても、巨人に勝ち越して貯金を2に増やす事が出来てよかった。

|

« 楽しみと心配で一杯な日々が続く | トップページ | 地獄の交流戦への一里塚、DeNA2連戦 »

コメント

ナゴヤドームでの巨人3戦目に勝利し、監督インタビューでまた性懲りも無くCBCの久野誠アナウンサーの「大きなお世話」な言葉に谷繁監督がムッとしていたその日、小笠原慎之介が1軍に帯同していました。

おはようございます。

このタイミングでの1軍帯同、何年か前の鈴木翔太と被ります。鈴木は静岡が地元でもあり「凱旋登板」の様相が強かったですが、案の定その後1軍定着には至っていません。小笠原も必ずしも2軍で抜群の投球をしていた訳では無く、首脳陣が本気で戦力として考えているのかは懐疑的な所です。確かに「見てみたい」思いは強いのですけど…。鈴木の二の舞いにならない事を願います。

さて、DeNA戦は浜松・豊橋と地方球場での2連戦。地方球場での勝率は定かではありませんが、2試合だけに連勝したい所です。浜松に住んでいた頃、1度だけ浜松球場に中日vsヤクルトを観戦に行った事があります。先発は杉本。デシンセイなんてのに1発喰らうなどして大敗。酔っぱらった中日ファンで埋まったスタンドは野次と怒号が飛び交い、フェンスに酔っ払いが登り始めるわ周りで喧嘩が勃発するわで、もう滅茶苦茶…懐かしいですねえ(笑)。豊橋は、あの選手が今年も興味を引きます。藤井をスタメンで起用するかどうかは監督が考える事。久野アナウンサー、あなたが踏み込む部分じゃ無いですよ。ベテランなんだから分を弁えて下さいね。全く、CBCって馴れ馴れしいタイプが多いんだから、本当に。

投稿: 一家言おやじ | 2016年5月24日 (火) 10時48分

静岡は ウィリーディビスがキャンプに来日した日に観に行きましたが その時に 星野に頭を撫ぜてもらって トイレまで 大島のサインを貰いに行ったら こんな所まで来るな 坊主と言われた記憶があります

小笠原は 何故1軍にあげるのか?全く意味わかりません?
投手陣の支柱として浅尾を上げた方がどれだけ良いかと 俺は思います
先発陣と中継ぎの整備 4点差までは田島 福谷は
絶対投げさせてはいけません

投稿: アンチ落合 | 2016年5月24日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65631434

この記事へのトラックバック一覧です: 今が旬の直倫が吉見を蘇らせた:

« 楽しみと心配で一杯な日々が続く | トップページ | 地獄の交流戦への一里塚、DeNA2連戦 »