« 「戦略」「作戦」が見えないチーム | トップページ | 勝利の守り神だ!荒木雅博! »

2016年5月 3日 (火)

不安と危惧が一杯のプロ野球の休日

昨日は沢山の今の谷繁ドラゴンズに対する不安が一杯のコメントを頂きました。ありがとうございました。
僕も、新聞を読んだりして更に不安や危惧に襲われた月曜日を過ごしました。

4月は新助っ人ビシエドの出現や高橋周平、堂上直倫の成長、2年目の助っ人ナニータの活躍に接して、期待に胸を膨らます時間も多く、負ける気がしないなんて思う瞬間もあったくらいでしたが、周平のリタイアで始まった広島での3連戦の試合ぶりを観て、今までの期待が一瞬で吹っ飛んでしまったような落ち込んだ気持ちでGW中盤に突入した訳です。

この爽やかな季節5月、梅雨入りの前に、今季が終わってしまいそうな予感がして、恐ろしくなっています。

このままだと、中日ドラゴンズのアニバーサリーなシーズンが暗黒の1年になってしまいそうな悪い予感もしています。
その原因もおおよそは分かり始めていますが、変わって行くかもしれません。
それは、頑固者谷繁監督がファンの声に少しでいいから耳を傾けてくれるかどうかにかかっていると思います。
僕ら愛あるファンの声が直接届くのはなかなか難しいとは思うけど、感じたこと、思ったこと、考えたこと、を書き続けて行くことしかないと思っていますので、明日からも頑張って厳しく執拗に谷繁ドラゴンズの動向をチェックして行く所存です。
また、多くの皆さんからの忌憚ない声や意見もお待ちしていますので、今後とも宜しくお願い致します。

|

« 「戦略」「作戦」が見えないチーム | トップページ | 勝利の守り神だ!荒木雅博! »

コメント

 近藤さん、お久しぶりです。
 この3連敗のぶざまな負けッぷりに、皆さんと同じ怒りを持ったまま阪神戦前に、コメントしています。
 落合GMが、フリーの時、講演会で谷繁選手のことをピッチャーにあまりアドバイスするやつではないようなことを話した内容の記事を見たことあったので、なぜ、そんな人を監督に据えたのか、疑問でした。
 そんなことを耳にしていたので、初めから、谷繁監督の指導能力は、懐疑的に見ていました。兼任とか専任とか関係なく、監督としての器ではないのでしょう。それが、実証されていますよね。
 二軍戦のほうが、応援しがいがあるような。今も、一軍昇格目指してベーブルース坏で頑張っている選手のニュースも聞きます。でも、一軍行っても首脳陣が・・・

投稿: どらファン歴45年 | 2016年5月 3日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65285618

この記事へのトラックバック一覧です: 不安と危惧が一杯のプロ野球の休日:

« 「戦略」「作戦」が見えないチーム | トップページ | 勝利の守り神だ!荒木雅博! »