« 救世主 ジョーダン様様 | トップページ | 悔いの残る吉見の101球目 »

2016年6月19日 (日)

又吉がよければ田島が…

◇6/18…ナゴヤドーム
中日 3ー2 日本ハム

田島が今季初の被弾を浴びた。
左中間スタンドにライナーでぶち込まれた。

ブランドン・レアード、来日2年目のスラッガーだ。
現在パリーグではメヒアとホームランダービーを争っているが、ダイヤモンドを回りながら寿司を握る仕草をするのが有名で思わず笑えてくる外人だ。
9回2点差、ワンアウトで迎えたレアードは田島のツーシームが甘くシュート回転でど真ん中に入って来た球をジャストミートした。
今季田島が投げた初めての甘いホームランボールだったのではと僕は思う。
やはり少し疲れが溜まっているのかもしれない。
今年の田島のボールはバッターの膝より高く行くことがないのが絶好調の裏付けであったのが、記録が途絶えてから少し全体にボールが高くなって来ているのが心配である。最終的にはレアードのホームランだけに抑えて1点差を逃げ切ってセーブを挙げた。

大野をリリースした2番手はまた又吉で一抹の不安はあったが、昨日はリリースポイントが安定していたので珍しく8回を3人で終えられた。
少しずつ修正は出来ているようだが、この調子を必死に続けて行って欲しい。

日本ハムに連勝して何とか大幅の負け越しは避けられそうだが、まだまだ課題や不安、心配はなくならない。
今日の最終戦の、怪物大谷を攻略してレギュラーシーズンの戦いへの準備に向かって貰いたい。

今日もまた、平田主将に躍動して貰おう!

|

« 救世主 ジョーダン様様 | トップページ | 悔いの残る吉見の101球目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66096052

この記事へのトラックバック一覧です: 又吉がよければ田島が…:

« 救世主 ジョーダン様様 | トップページ | 悔いの残る吉見の101球目 »