« 少ない点を投手中心の守りで勝つ野球はドラゴンズの伝統である | トップページ | ビシエド復活弾丸ホームラン、のち負け! »

2016年6月 8日 (水)

脇役が勝利をもたらすいいゲームに…

◇6/7…京セラドーム大阪
オリックス 3ー8 中日
(延長12回)

長い長い試合の末、12回に5点のビッグイニングを作って勝利した。
小笠原のプロ入り初勝利と田島の開幕連続無失点記録更新を逃したゲームではあったが、粘り強い試合運びでいいドラゴンズを見る事が出来た。

そんな中この所出色な活躍で存在感を増しているのが、リリーフサウスポー小川である。
昨夜は回跨ぎを任命され2イニング目の先頭の4番左バッター、Tー岡田ひとりを任せられセンターフライに見事打ち取り、責任を果たした。
田島ではないが、随分長い間失点をしていないような気がするが、昨夜に関しては小川本人が次の回のTー岡田までは投げるものだと考えていたらしく、ベンチの思惑と選手の意思が重なっているとてもいいコミュニケーション例である。
大事な場面での左殺しとして、長いシーズンをフル回転してくれると信じているが、怪我や故障にはくれぐれも気をつけて貰いたい。
2010年ドラフト1位2位の岡田、小川の2人の25歳がチームを一年間支え続けてくれれば優勝も夢ではないと思う。
昨夜は苦労人工藤の勝ち越し打も飛び出して、チーム全員で勝ち取った勝利になったようで本当に良かった。
  ビジター初戦が5時間を超える試合になったが、勝利で疲れも吹っ飛びこのまま連勝街道を走って貰いたい所である。

小笠原も田島もまた新たな気持ちで頑張って欲しい。

|

« 少ない点を投手中心の守りで勝つ野球はドラゴンズの伝統である | トップページ | ビシエド復活弾丸ホームラン、のち負け! »

コメント

谷繁は 全く 理詰めの采配をしないから 本当に嫌いです

11回表2塁打の野本に なぜ代走を送らなかったのか????
話になりません
前回 福田に代走出さずに 直倫バント失敗がありました 全く 監督失格です
しっかりした野球をやってダメなら仕方ないのに
谷繁は 勝ちたく無いのか??
負けか 引き分けていたら A級戦犯の采配になってました

投稿: アンチ落合 | 2016年6月 8日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65908586

この記事へのトラックバック一覧です: 脇役が勝利をもたらすいいゲームに…:

« 少ない点を投手中心の守りで勝つ野球はドラゴンズの伝統である | トップページ | ビシエド復活弾丸ホームラン、のち負け! »