« 谷繁の思考停止病 | トップページ | 点差以上の完敗の夜は将来の小笠原を夢見て… »

2016年6月 2日 (木)

天晴れ!若様杉様!監督の出番をも完封!

◇6/1…ヤフオクドーム
ソフトバンク 0ー5 中日

やったね!若松!
凱旋登板を8回散発3安打無失点で強力ソフトバンクをねじ伏せた。改めて杉山とのコンビネーションの良さを見せてくれた。柳田、長谷川、中村らの左の好打者の内角を外連味なく、130キロそこそこのストレートで突いてノーヒットに抑えた。
見事としか言えないナイスピッチングだった。

バッティング陣も早い回からそれぞれが狙い球を絞って和田を攻略した。平田のスリーランもスライダーを狙い打ったホームランだったようだ。天晴れである。

昨夜のような、監督の出番がなく監督の腕の見せ所がないようなゲームをこれからも続けて行って欲しい。
敢えて言うなら、若松を完投させるか、5点差でストッパー田島を登板させるか、それとも他の投手で行くかの判断だけが監督の仕事であったが、1番安全な田島投入の決断で完封勝ちをした。
ソフトバンクには開幕50試合にして初めての完封負けであったらしいが大きな意味のある勝利になった。

一昨日投げた小笠原がベンチで若松の隣で寄り添っていた姿が何かとても微笑ましかった。

監督が愚策をしない試合は、見ている我々にもストレスがなく爽やかな夜を過ごす事が出来て嬉しい。

今夜のバルデスも期待十分である。
バルデスと杉山が作り出す快適なテンポ感でソフトバンク打線をタジタジにして欲しいと願っている。

が、が、が…である。
ま、ま、ま、万が一谷繁監督に変な閃きが走って捕手を桂に替えたりしたら、と考えると不安が走るが、そういう鬼の撹乱的な事が起こらないように願うしかない。

スタメン発表時が1番の緊張時になるに違いない。

|

« 谷繁の思考停止病 | トップページ | 点差以上の完敗の夜は将来の小笠原を夢見て… »

コメント

落合GMの編成で目を惹くのは小笠原2軍監督や加藤秀司打撃コーチで、早くも成果は大きく実っているように見えます。スタッフもいつの間にか数を増やしてジョイナス時代に壊れたものを、次々再建できているようです。

とりわけ小笠原2軍監督。次の一節は某ブログより。出所不明ですが作り話ではなさそうです。・・・だんだん私はオチシン・・・。

「居残り練習していた若手が戸締まりしようとする→ガッツ「まだいるから俺がやっとくよ」
監督が遅くまで働いている話に感動した若手が早出練習しようとする→ストレッチしているガッツが居たのでキャッチボールの相手をしてもらう
ガッツ「早出居残りは強制しないがやりたいならいつでも付き合うぞ」と現役時代と同じ一番早く来て一番遅く帰るを続行中(引用以上)

いろいろ言われていますが、GMの方針は「監督は谷繁」です。編成方針は2軍やスコアラーなどスタッフも含め、ベストの選択だと思います。

その指揮下で選手たちは働きます。きのうのサード・福田なんていうのも、ありました。三ツ俣に捕手など、も。きょうソフトバンクは中田で、編成方針が結果論として揶揄される可能性のある一日です。ルナを残していたら、今ごろどんな話題になっていたか、これも結果論ですが、少なくともビシエドは・・・。

私は神戸なのでCSで観ることが多いのですが、解説の鈴木孝政氏が公然と(顔の表情まで)谷繁非難を繰り返しているのを、本当に残念に思っています。

落合GMと谷繁監督の3年目の戦いぶりに、私は結構、満足して観ています。

投稿: 半世紀超 | 2016年6月 2日 (木) 12時06分

今年 初めて ゆっくり観れた試合じゃないでしょうか?

谷繁が動くと碌でもない
桂より 杉山の方がやはり 捕手としての適性は備わっているのだろうか?
150球になっても 若松には完投させるべきでした
田島も 3点差以上離れている場面では 投げさせるべきでないです
7回以降 山井 浅尾 左のワンポイント小川も入れて 田島のリレーを確立して欲しいです

投稿: アンチ落合 | 2016年6月 2日 (木) 12時40分

谷繁は桂がかわいいんですよ。秋のキャンプも貫徹して、北谷でもしっかりメニューをこなした。リードも谷繁イズムを忠実にこなす。杉山は逆に自立心が高く、指導は受けるが最後は自分で決める。だから谷繁によく批判される。でも自分で決める意志力がない選手に、ピッチャーを引っ張る、不調の時にもどうにかする、そういう仕事はできない。親として桂を推したくなる気持ちは分かるが、谷繁は指揮官という立ち位置に対しシビアでなくてはいけない。

投稿: はじめん | 2016年6月 2日 (木) 15時26分

「小笠原がインサイドを攻めているのだから攻めない訳には行かない」。杉山のリードと相俟って積極的に懐を突くピッチングに快哉を叫んだのは言うまでもありません。昨年の若松が帰って来ました。

さて、「逆3タテ」などと超マイナス思考に陥っていましたが、ちょっとだけ欲が出ています(笑)。今夜のバルデスに期待大ですね。ただ近藤さんの仰る様に悪い予感がしない事もありません…杉山で行って欲しいですね。


投稿: 一家言おやじ | 2016年6月 2日 (木) 17時21分

やはり選手たちは首脳陣のアホサ加減に嫌気がさしてきたのでしょう。このまま借金を積み重ね、一時も早く現首脳陣を退任に追い込みましょう。それでも現体制が続くのであれば、新球団を作りましょう。
平田もビシエドも来年はこの球団を去るでしょうから、今度見納めに行ってきます。新球団ができればまた来てもらいたいですね。
最後に落合GMに一言。
中日を滅茶苦茶にしたいのならそれはそれで構わないのですが、ドラゴンズまで壊さないで下さい。

投稿: DORADORA | 2016年6月 4日 (土) 17時49分

立て続けに投稿して申し訳ありません。
先ほど上司に可愛がられる部下がどうとか言いましたが、
又吉・福谷はようやく2軍に落としましたが、まだ可愛がられているのがいました。藤井です。まず、なぜ私がこれほど藤井が嫌いになったのかを思い起こすと、2011年の日本シリーズにまで遡ります。記憶によれば、11打席連続凡退していました。結局、時折活躍するけれど、ほとんどいいところで結果が残せていない。そういう印象がある選手なのです。藤井は代打か守備固めに限定すべきです。
 また、近藤さんお気に入りの荒木選手ですが、確かに現在のメンバーでは一番なのですが、もうそろそろ荒木選手に代わる選手が出てくるべきです。彼がスタメンですと迫力がないのです。

投稿: DORADORA | 2016年6月 4日 (土) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65803160

この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れ!若様杉様!監督の出番をも完封!:

« 谷繁の思考停止病 | トップページ | 点差以上の完敗の夜は将来の小笠原を夢見て… »