« 秋山に小川が投じた6球目がボールになった | トップページ | 見るべき所なき敗戦 »

2016年6月15日 (水)

「拙」の文字が並んだ敗戦

◇6/14…岐阜長良川球場
中日 2ー4 ロッテ

拙守・拙走・拙攻・拙策・拙……と、拙が幾つも連なって負けるべくして負けた凡戦になった年に一度の岐阜の夜、梅雨時の暑苦しさが何倍にも何十倍にもなってしまった。

初回の守りでダブルプレーが取れない荒木の送球ミス。
初回の攻撃で立ち上がりの石川を攻略するチャンスに悪球に手を出して打ち損なったナニータのバッティング。
2回の攻撃でノーアウトでヒット出塁の堂上を送れず、杉山とのランエンドヒットで三塁に進めなかった亀沢がバルデスの送りバント空振りで飛び出して牽制に刺された3つのミス。
9回の守りで1点差のまま8回までの熱投バルデスのリリーフに勝ち運がまるでなくツキもない山井を起用したベンチの采配ミス、あそこは祖父江の方を選ぶべきだと思った。
案の定、甘いストレートを簡単に先頭清田にライトスタンドに持って行かれて点差を広げてしまった山井のコントロールミス。

1日前の西武戦で勝ちゲームをひっくり返された時、その厄病神に指名されていた2人のツキのない選手が、昨夜もそのままツキのなさを引き摺ったまま厄病神のようになってしまった亀沢と山井であった。
亀沢の表情も山井の表情も勝利の神が近寄れない程暗くどんよりと見えたのは僕ひとりではない筈だ。
まあそういうツキのない選手を選んで使うベンチもベンチだが、早い時期に過去の失敗を取り返させてやろうという親心かもしれないが、2人のあの元気覇気のない姿に幸運は近づいて来ないような気がしてしまう程のドツボ状態である。

試合後、谷繁監督は明日から大幅に選手の入れ替えをするとの言葉を残したらしいが、入れ替えた選手を使う巧拙が問われている事も忘れて欲しくない。

拙守、拙走、拙攻は選手がやってしまう仕方のない事でもあるが、拙策は選手には出来ない事で、拙……をしでかしそうな選手かどうかのバイオリズムを見抜くのも監督の1番の慧眼の見せ所なのだ。

選手の入れ替えならば、この際思い切って若い選手を大量に上げて来たりすればそれはそれなりに楽しみでもある。しかし、折角上げて来た若い経験のない選手を即スタメンで使ったりしないのがまたこの谷繁監督の保守的な特徴であるから意味を成さなかったりする。
谷繁監督には、ファームでのコーチ経験や監督経験がないので未知の選手を試合で試すワクワク感が持ち得ないのだと思う。
今日早速やりそうな事は、2軍でなら一流のあのダメ外人エルナンデスを即サードかセカンドで使う事だ。
これこそが1番恐れている事である。
更に、厄病神山井を落としてあの又吉を上げて来そうな気もするが、又吉は下でも調子を取り戻せずに点を取られるピッチングが続いていたようだが…。

果たしてどうなるのやら…。

舛添都知事の辞職とドラゴンズの連敗脱出とどちらが早いか得と見守りたい。

|

« 秋山に小川が投じた6球目がボールになった | トップページ | 見るべき所なき敗戦 »

コメント

昨夜の石川に対してベンチはどんな支持を出していたのでしょうか…TV解説の田尾安志氏は初球に甘いコースでストライクを取りに来る石川に対し「何故、狙わないのか」と。昨年までと比べ各打者が強く振り切る事を意識している事は素人目にも分かります。しかし、どのように攻略して行くかと言う感じは中々伝わって来ません。オリックスの誰だったかは忘れましたが中日打線に対し「狙い球を絞って狙って来ている感じはしなかった」と言った投手もいました。ビシエドも入り一発の魅力は備えましたが連打で点を取るケースは少ないですよね。総じて個人の判断で球を打って結果が良ければOKみたいな感じに見えます。所謂、てんでばらばら、好き勝手。特に最近酷いのが大島。野村克也氏に酷評されても仕方ありません。昨夜もバルデスのタイムリーの後、大島が続いていたら状況は随分変わっていたと思います。それとやっぱりベンチワークに問題ありでしょうか…。谷繁監督は談話通り大幅な入れ替えを敢行するでしょうね…選手交代は苦手、思い切った起用も出来ない監督さんが出来る事は「寵愛エル」をサードに起用する事なのでしょう。

さて、今日は若松です。昨夜の石川はオーバースローながらシンカーが武器という変わり種でしたが彼はそのボールを決め球に及ばず様々な使い方をしていました。時には真ん中付近にも。それでも打者はタイミングを外されてましたよね。打者が思わず手を出してしまいたくなる所にチェンジアップを投げて球数少なく打ち取る、若松なら出来ると思うのです。そうすれば球数も抑えられると思うのですけれど。

投稿: 一家言おやじ | 2016年6月15日 (水) 10時45分

13日の「一家言おやじ」さんのコメントに、
「延長12回まで先発野手が変わらなかった」
との記載がありましたので、出場選手成績をみましたら、
見事に9人の野手で12回を賄っていました。

日テレのゴーイングで「好珍プレー」を
探している芸人さんに教えてあげたいと思ったしだいです。

谷繁監督の手抜き采配かと一瞬思いましたが、
それだけではなく
控えの野手陣の数字を見て
多少、納得しないでもないか。
ドラはこんなに選手層が薄かったかと驚きました。

杉山263 .石川000 .三ツ俣125 .井領000 .平田277 .松井000 .野本233

おそらく平田は体調の関係かな思えたので、12回の表、ランナー2塁、左投手のところで
桂に変えて杉山位しか采配の場面が無かったような状態。(捕手に捕手の代打ってタブーか?)

それにしてもこれは、フロントの責任か二軍コーチの責任かわかりませんが
ホークスの3軍の方が・・・

代打の場内アナウンスで球場が盛り上がるって、
野球観戦の醍醐味の一つだと思うけど。

名前だけで、相手ピッチャーをビビらす代打が
いないよね。
和田さんなんかピッタリだったんじゃないかな。
裏事情は知らないけど
和田さんまた現役復帰してー。

投稿: 野武士野球が好き | 2016年6月15日 (水) 18時22分

地方球場での成績と、その年の成績には割と関連が有るようです。公式サイトを調べた結果
落合政権時(公式サイト2008-2011) 10勝5敗
高木政権時(公式サイト2012-2013)  4勝5敗
谷繁政権時(公式サイト2014-2016) 4勝7敗
特に今年は既に3連敗中、北陸シリーズでどうなることやら・・・
やはり年に1度しか開催されない球場に来られるファンの方は、その試合だけしか行けない場合もあると思うのです。そこで無様な試合をするという事は、ファンに対して非常に失礼です。まあ、球団にとっては新聞拡販のためであって、勝ち負けはどうでもいいかもしれませんが・・・

投稿: DORADORA | 2016年6月16日 (木) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66026609

この記事へのトラックバック一覧です: 「拙」の文字が並んだ敗戦:

« 秋山に小川が投じた6球目がボールになった | トップページ | 見るべき所なき敗戦 »