« 悔しさが勝利を招くはず… | トップページ | 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… »

2016年6月 6日 (月)

少ない点を投手中心の守りで勝つ野球はドラゴンズの伝統である

◇6/5…ナゴヤドーム
中日 2ー0 楽天

登板を重ねる度にコントロールの精度を取り戻している吉見に手応えを感じている。
今日も8回ツーアウトまで被安打4、与四球1、無失点、99球で小川にバトンタッチしてマウンドを降りた。
ワンポイントを小川がきっちり抑え、最終回は連続試合無失点を続けている田島神に繋いだ。
全く危なげなく3人で試合を終えた今の田島は打たれそうな気がしない。
とにかく凄いのひと言である。
吉見ー小川ー田島の危なげないリレーで2点を守り抜いた試合は安心して見ていられた。
とにかく、打てなくても相手に点をやらなければちゃんと勝てるという事だ。
投手を中心とした固い守りで強さを誇って来たこのチームの伝統を思い出して今後も戦って行って欲しい。
ルーキーの小笠原が先発の頭数に入って来られそうな姿を見せてくれたので、ローテーションが少し組みやすくなって来たような気がする。
次のオリックス戦の頭でまた小笠原の登板が予想されるが、先日のようなピッチングがよしんば出来なくても長い眼で見て行って貰いたいと願うのはファン皆んなの気持ちであろう。

今日のゲームは昨日のゲームの全くお返しのような失策がらみで貰った2得点で勝ったのだが、連敗が止まったのが何よりの事であった。

色々と気になる事も多く不安や心配が絶えないドラゴンズではあるが、カード3連戦をたとえ負け越したとしても勝って終えられて良かったと思う。

しばしの安息の時である。

|

« 悔しさが勝利を招くはず… | トップページ | 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… »

コメント

8回表、ここまで素晴らしいピッチングの吉見投手が二死一塁二塁となった場面で降板し、小川投手が登板。
ここで出されるということは、今一番信頼されている左の控えは岡田投手や福投手ではなく、小川君ということですね。
ウチから比較的近くにある千葉英和高校出身だけに親近感が湧きます。
ボールが先行し、観ているこちらは不安を覚えましたが、彼はビビることなく堂々と投げていました。
その結果、ショートゴロ。
バットの先に当たったイヤなバウンドで、守備がイマイチのショートならファンブルしそうな打球を直倫選手がなんなく捌いてスリーアウト。
地味ですが、昨日の一番の見せ場でした。

ビシエド選手、本当に良かった。
解説の木俣さんが、あれはピッチャーが取らなければ、と言っていましたが、そうなっていれば、また併殺となっていました。
当たりは悪く、相手の送球ミスだったとしても、2点取れたので、結果オーライです。
併殺チェンジと、セカンドフォースアウトで2点、とでは天と地の差があります。
これで吹っ切れてくれることを願います。

もしあの場面で併殺だったら、この先ベンチが変な動きをしてきそうで・・・、ゾッとします。

投稿: KONA | 2016年6月 6日 (月) 09時06分

梅雨入りした打線に苛つきながらも一方で吉見の小気味良いピッチングを堪能した休日、連敗脱出しましたね(笑)。

おはようございます。

この所、捕手陣に関する事が多い様なので少し考えてみました。相変わらず切磋琢磨している杉山と桂を見ているのは楽しいのですが、そろそろ決めてもいいと思うんですね。気持ちが表に出る杉山と闘志を内に秘める桂、最近は桂のリードが消極的な印象が強くなっていますが多分にイメージの部分があるのかなと思います。神宮のヤクルト戦でしたか、(正確には覚えて無いのですけど)2死満塁で投手・山井、打者・バレンティンで早めに追い込んだのですがフルカウントにしてしまいます。その過程で解説の大矢明彦氏は「何時、決め球のフォークを投げさせるか」を言っていたのですが杉山はストレートで押して、最後も内角ストレートで見逃しの三振に仕留めました。このリードに大矢氏は「僕には出来ない」と言ったんですね。日頃から「その日、一番良いボールを見つけてあげてテンポ良く投げられる様に考えている」と言う杉山。上記のケースでも普通ならフォークを選択するんでしょうけど、当日の山井の出来を見てストレートを選んだのでしょう。杉山は定石に囚われず「機知に富んだ」リードが出来るのかも知れませんね、対照的に桂は定石を大切にしてリードするタイプだと私は思います。だからケースによっては弱気に見えてしまう。打たれれば「それ見た事か!外ばっかり行くからだ!」と印象は最悪。ちょっと可哀想ではありますね(笑)。桂で気になるのはリードよりも普段からコースを厳しく要求し過ぎる事。もう少しゆったりと構えてやった方が投手も楽だと思うんですけどねぇ。まぁ、どちらにも一長一短あります、強気に内角を攻めればいいと言うものでも無いですし。でも、どちらかに決めるのならば杉山に軍配を上げますね。

さて、今週はオリックス、西武のビジタードームでの6連戦。取り敢えず5割を目指すなら4勝2敗で。小笠原が京セラで投げる様ですが、うーん…。

投稿: 一家言おやじ | 2016年6月 6日 (月) 10時41分

お久しぶりです。他を見ても、みんな評論家気取り。ダメなときに応援するのがファン。投手力の試合が、つまらなくてドームに行かなくなりました。すいません。

投稿: ドクロダベ | 2016年6月 7日 (火) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65866207

この記事へのトラックバック一覧です: 少ない点を投手中心の守りで勝つ野球はドラゴンズの伝統である:

« 悔しさが勝利を招くはず… | トップページ | 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… »