« 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… | トップページ | 取れる時に堅実に点を取る大切さ »

2016年6月 9日 (木)

ビシエド復活弾丸ホームラン、のち負け!

◇6/8…京セラドーム大阪
オリックス 2ー1 中日

とてつもなくデカイビシエドのホームランが左中間5階席に弾丸ライナーで飛び込んで行った。
ビシエド復活の余韻に浸っているうちに、知らぬ間に負けていたというような試合になった。
このホームランと、堂上のポテンヒットの2本だけでは勝てる訳がないが、若松も8回6安打無四球107球でなかなかのピッチングを見せてくれた。2回の中島の時だけ魔が差したようにストレートがシュート回転で中島の1番好きなホームランポイントに吸いこまれるように入って行ったのを逃さずにレフト3階席に打ち込まれてしまった。
ビシエドはソロだったが、中島の時はランナーが1人いた所が違い、それがそのまま1ー2という点差になって敗れた。
一昨日が5時間越えの超長い試合だったのに、昨日は2時間22分という両極端な今季最短の試合になった。

今年の交流戦はなかなかチームに勝ちグセが付いていかないのが悩みの種だ。いい勝ち試合が続いて行かないままカードが変わり気が付けば5割を割って終わっていたという事になりそうで怖い。
試合に負けた後の谷繁監督のコメントは相変わらず他人事のようだ。あまりに淡白な攻撃にもう少し策があってもよかった、なんて言い回しは評論家と変わらない。
発言の本意を知りたいが、いつもだから癖なのだろう。
谷繁捕手が1選手として感じた意見なら解るが、今は監督なのだから違うはずである。
もうちょっと何とかならないものかと思う限りだ。

今日はエース金子が相手だ。
過去の交流戦を振り返っても、金子のドラゴンズ戦登板は初めてか珍しいのではないだろうか?
初物しかも球界のエース、今では球界投手最高年俸を黒田と競う金子の攻略は果たしてなるだろうか?

|

« 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… | トップページ | 取れる時に堅実に点を取る大切さ »

コメント

いつも、なるほどと勉強しながら読ませていただいています。杉山と桂の話とか、荒木の話とか、いつもの谷繁監督に関わる話とか、かなりおもしろいです。
谷繁…。
キャッチャー谷繁は頼もしくて好きだったのになぁ…
今のドラゴンズの監督って、谷繁なんですか?実質(実権)は森さんのように見えるんですが…

投稿: どらほーの意味をきのう知った | 2016年6月 9日 (木) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/65922813

この記事へのトラックバック一覧です: ビシエド復活弾丸ホームラン、のち負け!:

« 脇役が勝利をもたらすいいゲームに… | トップページ | 取れる時に堅実に点を取る大切さ »