« 反撃の役者が揃って来た! | トップページ | 杉山が果たす役割が分かった日 »

2016年7月 5日 (火)

慎重さを欠いたバッテリー!

◇7/5…富山アルペンスタジアム
中日 1ー4 広島

やっぱりKONAさんの指摘通り、好調広島に勝つまでのチーム状態にはなってないようだった。
大野は大野なりに踏ん張れど、打撃が追い付いて行かないのが現状であった。1番2番3番が全く音無しで4番5番6番7番の4人だけでは何ともならない。
今日に限っては、広島も同じように4番5番6番7番が得点を稼いでいた。ただひとつ違ったのは、8番の石原がツーアウトから同点タイムリーを打った事だ。
これはひとえに大野・桂のバッテリーの甘さが招いた事故だが、外角勝負の球を狙い打った石原の読み勝ちだった。石原とは勝負を避けて、野村と勝負すべきだったが敢えて石原と勝負して甘い球を投げたドラゴンズバッテリーへの誹りは免れないだろう。
この5回の同点打がなければ、ひょっとしてスイスイと最後まで無失点で行けたかもしれないと思うと、この選択はやはり間違っていた。
無駄な失点を許して勝つという程甘くない相手である。
絶対に与えてはいけない所は与えないように注意深くやらなければ勝利は見えてこないのである。

明日の対黒田もなかなかの苦戦が予想される。
取れる時には確実に取り、やってはいけない所は絶対に点を与えないと必死にやって行くしかないのだ。

ドラゴンズの1番2番は何とかならないのだろうか?

|

« 反撃の役者が揃って来た! | トップページ | 杉山が果たす役割が分かった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66363793

この記事へのトラックバック一覧です: 慎重さを欠いたバッテリー!:

« 反撃の役者が揃って来た! | トップページ | 杉山が果たす役割が分かった日 »