« 監督まで「何とかせい!」に呼応した。 | トップページ | また出た!横着者の雑なプレーが… »

2016年7月31日 (日)

思考停止がまた出た谷繁!

◇7/30…甲子園球場
阪神 8ー2 中日

「何とかせい!」戦法も今日は通じなかった。
というかむしろ監督谷繁はまたまた思考停止になっていたように見えた。
先発吉見のボールも真ん中近辺に集まりがちでいつものような微妙なコントロールが見られなかった。
最近の吉見は、杉山と組んでいる時が一番呼吸があっているように思えて、その杉山がバレンティンのバットに頭を打たれて大事を取って現在抹消中になっているのが残念だった。今日の捕手は松井雅だったが、調子が今ひとつの吉見をリードし切れていなかった。まるで配球が読まれているかの如く面白いように痛打されていた。
5回に高山にものの見事にライトにホームランを浴びたが、外を狙ったストレートがど真ん中に入って来た失投を逃してくれなかった。この後も2番荒木にヒットを打たれるのだが、ここでバッテリーの交代があってもいいように思えた。
だが、続投させて追加点を2点与えてしまった。
この追加点が致命傷になったようだ。
松井雅は2番手山井に対しても配球が見え見えで更に3点を与えてしまうのだった。
吉見の続投も山井の続投も、松井雅を放置したのも、いつもながらの谷繁監督の思考停止が招いたモノだと思うのだ。昨夜の監督とは別人のようだった。

吉見が先発なら杉山がベストだが、でなかったらベテラン武山でもよかったと思う。
山井に対してもしかりである。
松井雅、桂はバッターに対する洞察力が欠けているとしか思えない。バッターが狙っているボールを探らずに、自分の組み立てに基づいたサインを出しているだけのように見えるのだ。
打たれ出すと堰を切ったように連打を浴び始めるのが典型的なパターンである。
明日はジョーダンらしいが、谷繁監督は桂を起用するだろうが、バッターをよく観察して欲しいのである。

|

« 監督まで「何とかせい!」に呼応した。 | トップページ | また出た!横着者の雑なプレーが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66764556

この記事へのトラックバック一覧です: 思考停止がまた出た谷繁!:

« 監督まで「何とかせい!」に呼応した。 | トップページ | また出た!横着者の雑なプレーが… »