« お祓いするしかないな! | トップページ | 3つの何故が敗戦を招いた試合 »

2016年7月12日 (火)

先取点こそ好投への源だ!

◇7/11…横浜スタジアム
DeNA 3ー13 中日

一日置きに猛打爆発の快勝をする中日、強いのか弱いのか?
昨夜は打ちも打ったり18安打13得点の打撃ショーをみせてくれた。
中4日のバルデスも5回を2失点で、追加点になる来日第1号ホームランをかっ飛ばしてマウンドをリリーフに譲った。
2番手小川が作ったピンチにまたまた又吉が出て来て、白崎にライトオーバーを打たれてまた失点。その後は開き直ったのかスライダーをやめて全てストレートを力一杯真ん中付近に投げ込んで2三振を奪って追加点は許さなかったが、危なっかしくて相変わらず見てられない。
後は祖父江、福谷、小笠原が抑えて、その間に藤井の満塁弾を含む6点を取って快勝した。
苦手番長三浦を初回に攻略、6点先取して終始優位に試合を進める事が出来たのが勝利につながった。
今日も先取点を取って、大野を楽にしてやる事が一番である。
オールスター休みまで後2つ。
何としても連勝して終わりたい。

|

« お祓いするしかないな! | トップページ | 3つの何故が敗戦を招いた試合 »

コメント

ビシエド選手、交流戦の落ち込み以降、マルチ安打やホームランのたびに「復活」と言われてきましたが、打席を見ていてしっくりきませんでした。

そうした中、昨晩の4安打。
4本の固め打ちという結果よりも内容が良かった。
鋭い打球が野手間を抜いていく様は、これぞ「復活」と言えます。
もともと「ホームランは狙っていない」と発言している人だけに、強い打球が戻ってきたことが「復活」の証です。
強い打球の延長として間違いなくホームランが増えてくるように思えます。

リナレスが巡回コーチとして来日してから成績が上がった、と報道されていますが、それが事実であれば、その他のコーチ陣は面目なしですね。

投稿: KONA | 2016年7月12日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66470229

この記事へのトラックバック一覧です: 先取点こそ好投への源だ!:

« お祓いするしかないな! | トップページ | 3つの何故が敗戦を招いた試合 »