« つくづく勝ち運がない谷繁! | トップページ | 杉山と田島が皆んなを救った‼︎ »

2016年7月20日 (水)

心が折れそうな敗戦

◇7/19…マツダスタジアム
広島 11ー3 中日

おい桂!お前は新井に何本同じライトにホームラン打たれるリードしてんだよぅ!
外ばっかりのリードしてんじゃねえよ!
どこまで単細胞なんだよ!
山本浩二が何度も同じ事を丸の所で疑問を呈してたぞ。
この桂というキャッチャーは石原と違って外ばっかりをかなり遠い所に構えてるけど、何でそんなに警戒してるのか分からない…と。
単細胞でパニクっているのがありありの捕手を使うベンチに問題があるのは間違いないが、それにしても昨夜のリードは酷すぎた。
カープ打線に完全に読まれて見下ろして打ち込まれている事に試合途中で気付かない桂の頭と心には言葉が出て来ない。
まともなドラゴンズファンの怒りは今やピークに達しているのではなかろうか?
一昨日二軍から松井雅人を何故か突然上げて来たが、使う積りではなかったのか?上げて来た意味が分からないのだ。
2回にリードの偏りで5点を取られた所で桂に替えて起用してみるような策も浮かばない谷繁は完全に思考停止病に冒されていた。
と思っていたら、相変わらずピリッとしないこのバッテリーは4回不調の田中にスリーランを浴びて8失点だ。
しかも、その大量点のきっかけは投手の岡田にヒットを打たれたのと、送りバントを決められフィルダーチョイスをしてしまった後の失点であった。
それでも、大野も桂も替えずにカープ打線の勢いの中に晒したままの谷繁の頭はどうなってんだ?
と、思っていたら、同じ4回にツーアウトから鈴木誠也神ってる選手にまたスリーランを打たれてしまうのだ。
アホらしくて笑いも出て来なかった。
広島在来局の実況アナウンサーの興奮したデカイ声だけが空しくテレビから聞こえ続けていたのだ。
1イニングに2発のスリーランなんてめったに見られない悲惨な光景である。
しかも、バッテリーはそのまま同じで、エース大野と桂までが思考停止に陥っているようだ。
これでは3連敗は免れないと確信させられる程の惨憺たるチーム状況になっているのが分かる。
4回で11ー0じゃナゴヤドームだったら、観客は殆ど帰路に着いているのではないだろうか?
リーグ戦再開後こんな試合をやってたんじゃ、ファン全員が今季を諦めるに違いない。
ほぼ試合が決まってから、ルーキー小笠原を登板させた。そして更にここでやっと捕手を松井雅に替えた。
何もかもが遅すぎるのだ。
チーム全体の戦闘意欲を喪失させてしまった、大野・桂のバッテリーと谷繁監督は3人ともファーム行きを命じたい所だ。

こんな情けない姿で後半戦が始まったが日に日にドラゴンズファンのブログが荒れ狂い始めているようだ。

僕自身も心が折れそうで、書き続けて行く自信が喪失ってしまっている。

|

« つくづく勝ち運がない谷繁! | トップページ | 杉山と田島が皆んなを救った‼︎ »

コメント

幸い(?)にも昨晩は録画を観る時間がなく、
(敗戦オーラが伝わってきたので)ネットで試合結果を確認することもなく眠り、朝刊で結果を知りました。

「観なくてよかった」

これ以外のコメントありません。

投稿: KONA | 2016年7月20日 (水) 11時35分

昨日の試合、近藤さんの記事タイトルにある通りの
惨めな敗戦でした。CS争いもありますが、7月半ば
にして「万事休す」という言葉が浮かんできます…。

そんなに戦力が劣っているんでしょうか?
あれだけ不可解な采配でもこの成績なのだから、
平凡でも常識的な采配なり人の使い方なりだったなら
少なくとも5割くらいで戦えていたのでは…というのは
ファンの贔屓目なのか…。

近藤さんのブログを読んで、観戦した試合の「?」
を確認しています。疑問に思っても相手はプロ。
でもブログで同じ疑問点が書かれていると
「やっぱりそうだよな…」となります。
他の方のブログも読みますが、近藤さんのブログを
真っ先に読みにきているので、これからも近藤さん
らしい叱咤激励に期待しています。

投稿: タキト | 2016年7月20日 (水) 13時23分

もうね

近藤さんが監督した方が エエと違いますか?

谷繁は 持ってないし 明らかに 監督向きではない

もう 無茶苦茶です

投稿: アンチ落合 | 2016年7月20日 (水) 20時18分

田島投手は、以前はオドオド自信が無さそうに投げていて、案の定打たれているような印象が強かったですが、今は自信を持ってマウンドに上がっているようです。やはり、技術的な裏付けがあってこその自信溢れる姿なのでしょう。それに引き替え、又吉はただ単に自信を持てとか言われても技術的な裏付けが無いので、あのような結果になるのだと思います。そんなことも中日の首脳陣はわからないのでしょうか?いや、わかっているはずです。わからないフリをしているだけです。そして責任を選手に押し付けるのです。どうせ来年も契約だからと言ってこの陣容で行くのでしょう。中日には本当にドラゴンズ愛が無いですね!もう、近藤さんが監督というよりもオーナーとなってもらいましょう。

投稿: DORADORA | 2016年7月21日 (木) 12時25分

皆さん、監督ばかり責めるのはやめましょう。これは球団の問題なのです。中日という球団である限り、ドラゴンズは強くなれないのです。何故なら、優勝することを第一の目標にはしていないからです。谷繁も球団から監督を依頼され、本来は監督の器ではないと自分でもわかっているけれど、やむを得ずやっているのだと思います。皆さん、監督ばかり責任を追及していると、中日の思うつぼですよ。
何?落合GMのせいだって?もしそうならGM解任すればよいではないでしょうか?それができない理由を教えてください。

投稿: DORADORA | 2016年7月24日 (日) 18時49分

近藤さんの見解をお聞きしたいです。
確かに、谷繁監督筆頭に現首脳陣の采配はあきらかにおかしいです。なんやら監督の父親が「駒不足」のようなことをおっしゃっていましたが、私はむしろ充分に駒はそろっていると感じています。なので、ファンの要望はついつい監督の采配がまともになれば・・・となるのでしょうが、はたして問題の本質はそこにあるのでしょうか?もっと背後の力が影響しているのではないでしょうか?ただ単に、監督の能力が無いのだとしても、この首脳陣のまま放置しておくのは明らかにファンを愚弄した行為です。近藤さんは球団の姿勢をどう感じておられるのですか?

投稿: DORADORA | 2016年7月25日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66593316

この記事へのトラックバック一覧です: 心が折れそうな敗戦:

« つくづく勝ち運がない谷繁! | トップページ | 杉山と田島が皆んなを救った‼︎ »