« 心が折れそうな敗戦 | トップページ | それでも桂を使い続けるのですか? »

2016年7月21日 (木)

杉山と田島が皆んなを救った‼︎

◇7/20…マツダスタジアム
広島 6ー7 中日(延長10回)

谷繁!何でそこでナニータを替えて代走を出すんだよ。
ツーアウトだし、まだ6回だぞ!3点差を3イニングで逃げ切れると思ってんのか!
あげくは今日2安打でバットが振れている福田を替えて守備固めか⁉︎6回だぞ!
相変わらず意味が分かんない交代だよ。
絶対チャンスが5番6番の所に来て後悔するぞ!

と、思って見ていたら…

その裏に案の定ジョーダンが突如乱れ、ビシエドにアンビリーバボーなフライ落球が出て、同点に追いつかれてしまうのだ。
しかし、祖父江、福谷、岡田が何とか追加点を与えず、田島にリレー、そしてここでやっとこのシリーズのアンラッキーボーイの桂に替えて久々杉山を起用したのだ。
攻撃ではその後予測通り5番の所にチャンスが巡って来てしまうのだ。工藤に代打森野で挑むが敢え無く三振。ナニータを早く替えたので、工藤を打席に送る事なく1人選手をただ無駄遣いしてしまうのだった。
その後杉山を5番に入れたのを見てきっと神様はここにまたポイントを持って来るに違いないと思っていた。
一方広島は、同点に追いついてからヘイゲンズ、ジャクソン、中崎と、いつも通りに勝利の方程式を逆転を信じて動員してきていた。しかし、この試合でやっと谷繁は同点の9回に守護神田島を投入し、その田島は三者三振という圧巻のピッチングを見せつけて、広島を完全に封じたのだ。
さすが田島、自信に漲る投球で球場の逆境をものともせずに逆転のカープ打線を打ちのめしてくれた。
付け加えれば、この時のマスクが杉山に替わっていた。
そして、延長10回、四球と敬遠で2人のランナーを置いたチャンスに5番の打順が廻って来たのだ。
野球の神様はこの5番杉山の所に約束通り最大のポイントを持って来て今日の谷繁の勝ち運を試したのだった。
早々とナニータを替えてしまった打順にやっぱり最後のチャンスを演出したのだ。
投手は今村、汗ビッショリの今村と杉山の必死の勝負が繰り広げられた。追い込まれて必死にファールで粘る杉山は遂に8球目をしぶとくライト前に落とした。
2塁から大島が帰って7ー6と勝ち越した。
杉山が試されたチャンスに負け運を泥臭く跳ね飛ばしたのだ。
偶然なのか計算していたのかは定かではないが、5番に杉山、8番に投手を入れていたのが最後の最後で功を奏したのだった。ベンチには荒木と谷と松井雅が残っていたが、代打を出さずに杉山に託したのが成功し、8番の田島を10回にも跨ぎ登板をさせることが出来た。
この跨ぎ登板そのものにはあまり賛成は出来ないが、今日の田島に関しては絶好調でもあったし背に腹は代えられなかった。田島神は三振、三振、ショートゴロの3人で終えてマツダスタジアムでの連敗を6で断ち切り、対広島戦の連敗もオールスターを挟んでの連敗もしっかり止めてくれた。

谷繁の先を読めない采配ミス、ビシエドのアンビリーバボーな落球ミス、ジョーダンの突如の乱調、桂の配球ミスの全てを、杉山と田島の2人が救ったのだ。

そして、史上64人目のサイクルヒットを6回で簡単に決めていた大島にも、再びスポットライトを当てる事が出来て、ヒーローインタビューの席を大島に用意出来たのだった。

皆んなを幸せにして名古屋に帰らせてくれる、杉山、田島には夏のボーナスと谷繁の監督賞を是非共やって貰いたい。

今夜は少しだけグッスリ眠れそうだ。

|

« 心が折れそうな敗戦 | トップページ | それでも桂を使い続けるのですか? »

コメント

途中出場の杉山が決勝打を放った時、レギュラー争いに決着が着いた気がしたのは私だけでしょうか…。

おはようございます。

「守り勝つ野球」を標榜している為、6回でこの日当たっていたナニータと復調気配の福田を交代させ、案の定8回のチャンスに工藤に代えて森野を指名する羽目になると言う、今シーズン見飽きたパターンでウンザリしていた気分を杉山と田島が見事に消し去ってくれました。普通、守備固めの選手が打席に立つのはまれだと思うのですが早過ぎますね、交代が(怒)。

冒頭に記した捕手のレギュラー争い、もう杉山に固定して良いと思います。起用の傾向を見ているとオーソドックスなタイプが好みの様ですが、私的には杉山に古田敦也の様な魅力を感じます。ドラゴンズの捕手の力量の差はピンチのケースで顕著です。思考停止で周りが見えなくなり外角一辺倒の雅、あれやこれや考えている風で最期は外角で打ち取りたい桂、「僕には出来ない」と大矢明彦氏に言わせる様な奇を衒ったリードをする杉山。勿論それぞれに一長一短が有り、杉山の様なリードは大怪我をする可能性も大です。でも、「奇を衒う」と評した様に無暗矢鱈にインコースを攻めるのでは無くタイミングを見計らってという事ですから。そのタイミングを見計らう(所謂、勘と言う奴ですね)と言うのは経験を積む事で身に就くものだと思うんですね、だから杉山に経験を積ませてやって欲しいんです。打撃も守備も杉山を見ているのは楽しいです。古田敦也、とまでは行かなくても近づける様な気がするのはファンの欲目なんでしょうか…。

さて、明日からはナゴヤドームでのヤクルト戦です。折角、気持ち良く勝って戻るのですから勢いそのままにヤクルトを飲み干しましょう(表現が古いですね)。

投稿: 一家言おやじ | 2016年7月21日 (木) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66608250

この記事へのトラックバック一覧です: 杉山と田島が皆んなを救った‼︎:

« 心が折れそうな敗戦 | トップページ | それでも桂を使い続けるのですか? »