« 哀しみや怒りを通り越した感情が… | トップページ | 『7』がラッキーナンバーになった夜 »

2016年8月29日 (月)

ここはナゴヤドームなのだ!

◇8/28…ナゴヤドーム
中日 7ー5 広島

8月最後の日曜日昼下がり、ラジオからアナウンサーの叫び声が響いていた。
「ここはナゴヤドームなのだ!満塁ホームラン!満塁ホームラン!堂上直倫やりました!…」と。
半分近くがカープファンの赤色に染まったドームの右側の青色のドラゴンズファンが大喜びしている様を興奮して実況していた。
  6回に逆転して7ー1になるのだが、今の広島はただでは死んでくれない。8回9回の逆襲で7ー5の2点差まで迫られるが、何とかなんとか田島で逃げ切った。
8月最後の日曜日にドームに集まったドラゴンズファンは珍しく痛快な気持ちで帰路に着く事が出来たのだ。

昨日の試合で気が付いた事があった。
ドラゴンズのベンチがいつになく明るいのだ。
勿論逆転したという事実もあったのだが、何か今までと違って平田始め皆んなの表情が明るく感じられた。
こんな状況で笑ってる場合じゃないという意見もあろうかと思うが、このチームにはまずこの明るさ、楽しさが必要なのである。
そんな明るいベンチの空気を感じて少しホッとしたのが実感だ。
あと21試合、全部勝てば5割である。
馬鹿げた願いだが、そんな馬鹿げた目標を立てて進んで貰いたい。
上のチームも広島以外は何処も連敗連勝の嵐である。
最後まで何が起こるか分からないのだから、全部勝つつもりで突き進んで欲しいと願っている。

東海ラジオの大澤アナウンサーの「ここはナゴヤドームなのだ!」の絶叫こそが、ファン全員の想いであるに違いない。

|

« 哀しみや怒りを通り越した感情が… | トップページ | 『7』がラッキーナンバーになった夜 »

コメント

森繁和監督代行に変わって落ち着いた雰囲気を感じる今日この頃、弱いのは相変わらずですが…。

おはようございます。

御無沙汰しております。ドラの勝敗に興味が薄れてしまった昨今、それでも近藤さんの意見が読みたくて毎日拝見させて頂いているのですが、自分の感想を書くというところの気力が失われた状態です。広島3連戦はまたも負け越し。完全に麻痺している私にはどうでもいい事で…只、気になった点が一つ。東海テレビの解説に登場した前バッテリーコーチの達川光男氏、杉山のリードをボッコボコに叩いて「マスクを被る資格は無い」とまで。インサイド攻めが少ない事に端を発した様ですが、じゃああなたは2年間、杉山に対して何を教えていたのですか?と言いたいですね。久し振りの「我がチーム」の優勝に浮かれているのは解りますが、その発言はドラゴンズファンの心情を逆撫でするものです。程々にして下さい。

さて、今夜から地元でvs阪神戦です。9月末にも発表されると噂されている新監督の為に来季に向けた采配をお願いしたい所です。森さん、勝敗は考えなくていいですよ(個人的にですが)。

投稿: 一家言おやじ | 2016年8月30日 (火) 10時32分

白井次第でドラゴンズが決まるなら、みんな ファン をやめてまえ。ってことで やめますわ

投稿: 名無し | 2016年8月31日 (水) 04時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67240767

この記事へのトラックバック一覧です: ここはナゴヤドームなのだ!:

« 哀しみや怒りを通り越した感情が… | トップページ | 『7』がラッキーナンバーになった夜 »