« 近藤弘基のがむしゃらさに学べ! | トップページ | 最弱球団が取るべき道は… »

2016年8月 4日 (木)

あり得ない事ばかりの…

◇8/3…ナゴヤドーム
中日 0ー5 巨人

3番エルナンデス、4番ビシエド、5番平田…ハンコを押したような打順のクリーンアップトリオならぬ、アップアップトリオは昨夜合計10タコ5三振を喫した。
相手の坂本、阿部、村田に比べれば雲泥の差である。
ビシエドは相変わらず狙い球が絞れず殆どのボールを打ちに行って当たり損ないのゴロが続いているし、平田は前の2人が打てないので責任感の強さからか力みまくって全ての打席が空回りしている。
3番の外人は論外だ。全くノー感じな三振を3打席続けても替えられないなんて考えられないし理解の範疇を遥かに超えている。ベンチには他に選手がいるぞ!と言ってやりたい。
いくら相手投手田口がナゴヤドームに相性がいいと言ったって、工夫もなく2安打1死球1失策出塁の完封はあり得ない事だと思う。チーム一丸となった狙い球攻撃も見えないし、打者それぞれの工夫も感じられない。
八百長野球でも、もうちょっと打つだろう。
全てが無気力に見えて来て腹が立って腹が立って仕方がない。時折、いやしばしば映るベンチの監督の表情は暗く目が真っ赤に充血しているようだ。
一体試合中この人は何を考えているのだろう?
完全に劣勢な昨夜の試合でも、1番から7番までの選手交代はなく、捕手と投手の所の交代だけで相変わらずの劣勢思考停止状態を見せた。
こんな試合を繰り返しているうちに球場に足を運ぶファンは誰もいなくなってしまうのがオチだ。
最初からこの2連戦は、今村、田口と左腕2枚が来る事は分かってるいるのに、わざわざ藤井、松井佑の右バッターを二軍落ちさせておく所など不可解である。

今や何から何まで不可解なのだが、DORADORAさんが指摘する通り本当に勝つ気がないのだろうか?

この夏の書き入れ時の対巨人2連戦の体たらくな戦いぶりには、流石の白井オーナーも目を瞑る事は出来ないのでは…。観客の入りも悪いし、ライバル巨人ファンの勢いの方が強く、試合の負け方がなってないのは、明らかに谷繁始め首脳陣の責任は重いと言わざるを得ない。
今のドラゴンズは、史上最悪最弱と言われたジョイナス高木政権2年目よりも酷いチーム状態ではなかろうか。

大野も勝てず、若松も吉見もジョーダンも勝てないなら一体誰が救世主になるのだろう?
下で完封勝利を上げたルーキー佐藤が戻って来た。
DeNA3連戦で先発するのかもしれないが、近藤同様がむしゃらな新戦力に頼るしかない所まで来てしまっている。この不甲斐なさには、解説のOB連中の口も皆重くなっている。歯がゆくて歯がゆくてといった気分であろう。
変わり映えのしないメンバーで変わり映えのしない采配で変わり映えのしない試合後のコメントに多くのファンが辟易して付き合ってられないと思っている事に気付いていないのは、「裸の王様谷繁元信監督」だけかもしれない。

とにかく何度でも言うが、3番エルナンデスは絶対にあり得ない!

|

« 近藤弘基のがむしゃらさに学べ! | トップページ | 最弱球団が取るべき道は… »

コメント

蒸し暑い名古屋の熱帯夜に只一人、首筋に冷たいモノを感じていたのは…。

おはようございます。

相変わらずのエル寵愛、バッテリーの懲罰交代、ネグレクト采配と、この先のチームに一筋の光明も見出せないままナゴヤドーム大好きな田口に完封負け…試合終了と同時にTV画面一杯に映し出された怒りの表情は何に向けられたものだったのか、それが谷繁本人ならばファンの怒りも少しは和らぐのでしょうけど。

杉山は元気そうで一安心ですね。東海ラジオで解説していた山本昌は「投手が投げたいボールを投げさせてくれる」「リードの中で『お、なるほど』と思わせるリードをする」「キャッチングも良いし、小さく構えてくれるので的が絞り易く投げ易い」「捕手陣の中で一番良いリードをする」と杉山を評していました。CBCでは立浪が捕手に関して「まぁ、二人体制で行くと言ってましたからねぇ」とニュアンスとしては「一人に絞った方がいいのでは」という感じ。もう杉山で良いのではないかと思いますね。

さて、一日空けて横浜で好調DeNAと三連戦です。この先谷繁監督に望むのは「意図のある若手登用」と「エルナンデス排除」です。頑固なネグレクト監督は課題を克服出来るでしょうか?

投稿: 一家言おやじ | 2016年8月 4日 (木) 10時41分

東京新聞を愛読している我が家。
昨夜の流石の手に負えない負け様に、今朝の「筆洗」の欄にいよいよ皮肉の一つでも書かれるのではと目を追った。
高木政権、落合政権、山田政権、佐々木政権、星野政権、高木政権、星野政権――。
どれだけ遡っても、これだけ酷い政権はなかった。
弱い上に面白味のまるでない野球は、万年最下位の代名詞の阪神や大洋の姿を軽く上回る気がする。
皆、誰のために野球をやっているんだろう。
社会人野球でさえ、スタンドの歓声をパワーの源にやっている。
今夏は間もなく始まる高校野球に心を傾けようか。

かける言葉だみつからない。

投稿: ドランクドラゴンズ | 2016年8月 4日 (木) 13時54分

8勝3敗と、嘘みたいな対戦成績で迎えたジャイアンツ戦。オールスター前とは別のメンバーかと思うほど好調な打線を相手に、今の若松、大野じゃ勝てんだろうな…という予想どおりの結果で2連戦を終えた。
ま、救いは、この時期に3連戦を組んでいなかったことだな。今日もあれば、間違いなく……。3連敗しなくて良かったと思って、横浜で出直してもらいましょうか。
首脳陣は、ナニータを上げられるまで、エルナンデスを置いとくつもりかどうか知らんが、「調子が上がってくるのを待ってるなんて、悠長なことは言ってられない」と思うのですが? そもそも雑な性格は待ってても治らんし。
落合時代のレギュラークラスは“グラウンドでは、誰も助けてくれない、自分で壁を乗り切れ”と言って突き放されて、自ら殻を破っていった大人の選手たちだったかもしれない。でも、いまの若手はそのレベルまで達していない連中ばかり。又吉、福谷と、不調な連中に過度な期待をし、見切りをつけられずにズルズル使ってきたことで、チーム全体のバランスをおかしくしてしまったことに、監督自身は気がついていないのだろうか? 

…とりあえず今日はゲームがないから、気楽な夜が迎えられそうだ。トホホ。

投稿: シナノドラゴンズ | 2016年8月 4日 (木) 15時53分

エルナンデスは集中してるときは打つし守るけど,集中切らすと打てない守れない そして,集中切らしてるときが多い そういう選手だと思っています。 使い続けるなら,本人が集中して試合に臨めているのかどうか を,責任もって見極めるべきだと思うのです。
 また,Denaのラミレスが以前,野球は70%メンタルだって話をしていました。谷繁は,そのメンタルを軽んじているのではないかと思います。

投稿: noonkoon | 2016年8月 4日 (木) 16時39分

エルとアチラが抹消されたみたいです

もう あのふざけた要らないんデスは 2度と見たくないです
置かれた立場を勘違いしています
なぜ ルナをきって ナニータとエルを残したのか?
年俸分だったら この2人分と森野を減らせば良かった筈なのに
今年活躍したのは 堂上と田島位でないでしょうか?
同じ鱒の中で 選手を捏ねくり回しているだけでは プラスαがある訳ないですよね

本当に2014年 2015年のドラフト大失敗もかなり響いてますし、 FA残留組が全く戦力になっていない
落合 高木 から 谷繁
若手野手が全く戦力になって居ないのがこの結果で 投手陣も 一緒で 新戦力がいない

投稿: アンチ落合 | 2016年8月 4日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66831814

この記事へのトラックバック一覧です: あり得ない事ばかりの…:

« 近藤弘基のがむしゃらさに学べ! | トップページ | 最弱球団が取るべき道は… »