« 無策な敗戦!何故だ? | トップページ | ドラゴンズ選手は内村航平に学べ! »

2016年8月10日 (水)

谷繁解任に思う事は…

◇8/9…ナゴヤドーム
中日 2xー1 ヤクルト
(延長10回サヨナラ)

谷繁元信監督が解任された。
盟友佐伯貴弘コーチも一連托生、解任された。
本人達にとっては正に青天の霹靂であったらしいが、先のDeNAとの戦い(殊に7日のゲーム)の無抵抗試合を観たら、オーナー始めフロントが黙っている訳はないと感じていた。
僕はこのブログで再三再四綴って来たし、警告を促して来たつもりである。あまりに負け方が悪い試合を続けていると、ファン離れは加速の一方である事を…。
ベンチ入りの選手をダイナミックに使う事が出来ないのは監督に相応しくないと言い続けて来た。
選手を交代させる事が苦手な谷繁にはこの過酷な監督稼業は務まらないのではないかと、1年目から指摘して来た積もりだ。下から上がって来た選手にも大したチャンスを与えることもなく、たまに代打に起用して凡退すれば直ぐにまた二軍落ちを命ずる。これでは選手を育てる事は出来ないし、選手間の競争も成り立たない。
一部のファンは、毎年のドラフトの補強が失敗している事を指摘するが、果たしてそうだろうか?
若い選手に結果を恐れずにチャンスを与え、賭けてみるという度胸が監督になかったら選手は永久に成長しないのだ。
今年はシーズンの始めから、ファームの試合に注目しているが、二軍の小笠原監督は一年生監督だが、毎試合毎試合テーマを持ってメンバーや打順を決めているように見えてならない。決してメンバーを固定せずに、選手達が皆希望の種を見失わないように工夫もし、必ず多くの選手に平等にチャンスを与えているように思える。
勿論、一軍と二軍のチームの目的の違いはあるが、出番を与えられた選手が未熟なりに必死に泥臭くプレーに取り組んでいるのがありありと伝わってくる。
時々テレビで実況する時にも、そんなファームの元気を感じたりさせられた。
厳しさと愛情が上手く調和され、言い換えれば愛情に裏付けられた厳しさで若い選手には接するべきだと考えるのである。
一軍に於いて、堂上や周平、福田や亀沢らには勿論、平田や大島に対してもまだまだ厳しく対して行く事が求められると思う。ぼやぼやしてると誰かに追い越されてしまうという危機感や緊張感を常に保たせて行く必要が大いにあると思うのである。
そこから研ぎ澄まされた集中力が生まれて初めて、それがいい結果に繋がって行くという事は周知の事実なのである。

簡単に言ってしまえば、3年間いや2年半の間で谷繁監督からは、そういう厳しさというか選手を育てる事に対するビジョンを感じる事が出来なかったというのが感想である。
残念ではあったが、谷繁が監督稼業に向いてなかったんだと思う。
そういう意味では、落合GMとの確執はともかくとして元々落合が谷繁の監督としての能力を買い被り、見誤ったという現実には直面してしまう。落合の言葉を信じて谷繁新人監督にドラゴンズを託したオーナー始めフロント陣にも大きな過ちがあった事は否めない事実である。
入団以来引退するまでずーっと陽の当たる場所でしか生きて来なかった谷繁には、ファームで苦しみながら自分の技術や精神力と闘いながらもがく選手の本当の姿や気持ちは分かり得なかったのではないだろうか?
一軍の試合に起用される為に皆不断の努力を繰り返して来て、やっと二軍スタッフの推薦で上に上がった時の緊張感と喜びは他に例えようのない事なのだ。
そのやっと叶えられた夢の始まりを数回のチャンスで答えを出せずに直ぐに二軍に戻すなんて事は決してしてはならない事だと僕は思う。
上がって来た野手や投手を直ぐに使おうとしなかった谷繁監督の考えは理解不能の事も多かった。
監督代行の森繁和にも勿論、今度監督になる人間には是非共ここの所は理解して選手と共に自分もチームも成長して行く事を目指して貰いたいと強く願うのである。

今回の谷繁解任騒動には様々な意見がそれぞれのファンにあると思う。
これは決して政治マターではなく、野球というスポーツに於ける勝負を争う魅力あるチーム作りという観点からそれぞれのファン目線で大いに語り合いたいと思っている。
色々考えながら残り試合の戦いぶりを観て行こうと思っている。

|

« 無策な敗戦!何故だ? | トップページ | ドラゴンズ選手は内村航平に学べ! »

コメント

まったく同感です‼️

投稿: | 2016年8月10日 (水) 18時32分

 近藤さんがおっしゃられているように、純粋に野球という勝負ごとにいかに臨んでいくか、強くて魅力あるチームに如何に育てていくか、ということについて語り合いたいのですが、今の球団での環境ではとても無理です。将来に希望が持てない状況では、何を語っても無駄に思えてしまうからです。監督を挿げ替えても、GMに御退陣していただいても、中日が背後にいる限りドラゴンズに未来はありません。大多数のファンも今回の騒動で感じたはずです。
 私たちのように匿名で言いたい放題の立場とは違い、公の立場である以上、言いたくても言えない部分もあるかと存じますが、もうドラゴンズに残された道は新球団誕生しかありえません。近藤さんがそれを後押ししていただけると心強いです。

投稿: DORADORA | 2016年8月11日 (木) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/66932276

この記事へのトラックバック一覧です: 谷繁解任に思う事は…:

« 無策な敗戦!何故だ? | トップページ | ドラゴンズ選手は内村航平に学べ! »