« 消化試合は消化試合だが… | トップページ | 2016.9.25をチーム全員の出発点として… »

2016年9月25日 (日)

窮すれば通ず…81年へ!

◇9/24…ナゴヤドーム
中日 0ー2 阪神

遂に、80周年という記念すべき年の最下位が近づいて来た。
メッセンジャーに手も足も出ない打線が熱投の吉見を見殺しにした。
しかし故障上がりで不安が一杯で迎えた今シーズンの吉見は中盤からローテーションを守り、チームNo. 1の投球回数(規定投球回数には及ばなかったが)の131イニング3分の1を投げ終える事が出来た。
来季に繋がる嬉しい結果を残してくれた吉見が、せめてもの救いであった。
今日先発する、ルーキー小笠原と共に来季はローテーションの両輪としてフル回転し、チームの捲土重来を果たしてくれるであろうと確信している。

この日は、無回転フォークボールで話題を呼んだ岩田慎司投手の引退登板もあった。
まだまだやれそうな29歳であるが、少ないチャンスをモノに出来ず、思い通りのボールが投げられなくなったという理由で潔く引退を決意した。
来季は裏方として、チームを支える立場の仕事に就いて頑張って貰いたい。
今日は、落合政権時代の09年に開幕11連勝で優勝に貢献したサウスポー雄太(川井雄太)の引退登板がある。
一時代ドラゴンズ投手陣の一角を担った2人の引退には驚いたが、若返りを図るドラゴンズ投手陣に於いて少なくなる登板チャンスで力を発揮する事は容易ではない事を物語っている。
岩田!雄太!ありがとうお疲れさま!

ホーム最終戦に微かな望みの最下位回避の勝利を小笠原に託すが、来季への逆襲のシナリオは既に始まっていると信じたい。
最下位当確ではあるが、何故か気持ちはスッキリしているのが不思議ではある。
それは、僕の心が希望に満ちた来季に向かっているからである。

|

« 消化試合は消化試合だが… | トップページ | 2016.9.25をチーム全員の出発点として… »

コメント

個人的には吉見の事は心配です。ここ数試合、投げ過ぎでは、と思います。チームに対して、若手に対して、問いかけるように投げてる感じがしました。また、壊れなければいいですけど。

投稿: ドクロダベ | 2016年9月25日 (日) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67654391

この記事へのトラックバック一覧です: 窮すれば通ず…81年へ!:

« 消化試合は消化試合だが… | トップページ | 2016.9.25をチーム全員の出発点として… »