« 持ってる力が同じなら、どうすべきか? | トップページ | 直倫に見た久々の「集中力」 »

2016年9月11日 (日)

もう来季は始まっている!

◇9/10…ナゴヤドーム
中日 0ー1 DeNA

広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を決めた日、ドラゴンズは初のCS出場を目指すDeNAに完封負けを喫した。0ー1の1点が遥か遠い敗戦に終わった。
今シーズンを象徴するような哀しく情けない1日になってしまった。
神がかりな強さの広島に3連敗して、魂まで根こそぎ奪われてしまったかのように元気のないドラゴンズ選手を見て来年も大いに心配になってしまった。
勝てるチームを作り上げるのに、25年の月日を要した広島を見るにつけ、一長一短では負けが染み付いてしまったチームを改革する事が困難である事を実感してしまう。

だが、やらなければならないのだ。
最下位をひた走るチームに対しても、球場に駆け付け声を枯らして応援してくれるファンの為に…。
一刻も早いチーム改革に取り掛からなければいけない。

球団設立80年の節目の年に、全てのウミを出し切って81年の第一歩を踏み出す為に、この秋は徹底的に選手全員が自分をいじめ抜いて貰いたい。

昨夜、2番セカンドで先発したルーキー阿部が2本のクリーンヒットを一、二塁間に打った。
この阿部の右を狙ったシュアなバッティングには可能性を感じる事が出来た。
自分の特性を生かせるように各自が工夫する事も大切なひとつである。

広島の優勝で何処か力が抜けてしまった感は免れないがそれぞれの選手一人一人は、来季に繋がる何かを掴むべく決意で残り12試合を戦うべきである。

|

« 持ってる力が同じなら、どうすべきか? | トップページ | 直倫に見た久々の「集中力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67441238

この記事へのトラックバック一覧です: もう来季は始まっている!:

« 持ってる力が同じなら、どうすべきか? | トップページ | 直倫に見た久々の「集中力」 »