« もう来季は始まっている! | トップページ | 無抵抗試合を見せられて… »

2016年9月12日 (月)

直倫に見た久々の「集中力」

◇9/11…ナゴヤドーム
中日 4ー2 DeNA

スタメンを剥奪された堂上直倫が、勝ち越しのツーベースヒットをセンターオーバーに打ち返した。
この所漫然とバットを振っている悪い直倫が顔を出していて心配していた。レギュラー扱いでのスタメン起用に胡座をかいている余裕はないのではと思っていたら、ここ一二試合ルーキー阿部にスタメンを奪われて悔しい想いをしていたに違いない。
昨日8回に勝ち越しのチャンスが途中から4番に入っていた直倫に巡って来た。
名誉挽回の絶好のチャンスである。
三上のボールに喰らいついて粘って粘って、8球目の外角ストレートを思い切りセンターに弾き返した。
センター桑原の遥か頭を超えてフェンスに弾んだ。
勝ち越しのツーベースヒットである。
ニコリともしない直倫が2塁ベースに立っていた。
悔しさを思い切り跳ね返した当たりに内心は興奮状態であったのだろう。
久しぶりに見た直倫の「集中力」だった。

7回2失点と好投した小笠原の負けを消して、チームの連敗を4で止めた。
この日は周平も1ホーマー1タイムリーの2打点で、弟分の小笠原を救った。

1球に対する「集中力」は、兎にも角にも若手選手の大きな課題であるから、これからも細かく注視して行きたい。
とにかく、あと11試合である。

|

« もう来季は始まっている! | トップページ | 無抵抗試合を見せられて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67459423

この記事へのトラックバック一覧です: 直倫に見た久々の「集中力」:

« もう来季は始まっている! | トップページ | 無抵抗試合を見せられて… »