« 無抵抗試合を見せられて… | トップページ | 頑張れ!昼行灯 小熊投手! »

2016年9月15日 (木)

効率の悪い攻撃を脱却しなくては…

◇9/14…ナゴヤドーム
中日 5×ー4 巨人
(延長11回サヨナラ)

1.周平2.大島3.藤井、阿部4.大島5.阿部、杉山
6.エルナンデス7.藤井9.周平、杉山10.大島11.井領

これは、昨夜の試合でチャンスで打てずに得点を上げる事ができなかった選手一覧である。数字はイニングであるが、4回は大島凡打の後、エルナンデスがレフト前ヒットを放ち1点は取った。10回の大島は送りバント失敗である。11回は井領凡打の後、その大島がやっとサヨナラヒットを打った。
7回まではジャイアンツエース菅野を攻めたが一本が出なかったのを表しているが、このメンバーの中で一人でいいからヒットを打っていればもっと楽なゲーム運びが出来たはずである。15安打を放ち7個の四死球を貰いながら5得点、しかもそのうち3点は、阿部のホームランとビシエドの押し出し死球、そして阿部の犠牲フライであった。安打での得点は、エルナンデスのレフト前と大島のサヨナラヒットの2点だけである所に苦しい問題が潜んでいるのだ。実に効率の悪い攻撃を相変わらず繰り返しているのである。
最後のチャンスも、プロ入りまだ一本もヒットを打っていない井領を代打に送って(堂上がいるにも拘らず)、力のないサードフライを打ち上げた時、この回も一死満塁のチャンスを潰すのだろうと思っていた。
森代行ではないが、大島がこういうチャンスで打ったのを見た記憶が殆どないからだ。
期待しないと逆にいい事が起こるもんだとつくづく思った訳である。
まさかの大島のサヨナラ打、突然の素晴らしい期待外れにしばし言葉が出て来なかった。
ドラゴンズナインの祝福の飛び出しの勢いが弱かったのも、多くの仲間が皆んなそれ程期待していなかった事の表れではないだろうか(笑)。
実はこの日もここまで3回失敗して来ていたのだ。
とにかくチャンスに弱いのが代名詞の大島が汚名挽回した瞬間になった。

同点もしくはリードされた場面で又吉が好投した後に味方が勝ち越しや逆転する場合も多く、昨夜も直前の11回の表で又吉が坂本、鈴木を連続三振に斬って、ひょっとしたらの予感も過っていた。
結局、又吉がラッキーな6勝目を上げた。

たまには効率のいい攻撃で点を取って、さっさと逃げ切るような試合をやって貰いたいものである。

しかし巨人には6年ぶりのシーズン勝ち越しを決めた。

|

« 無抵抗試合を見せられて… | トップページ | 頑張れ!昼行灯 小熊投手! »

コメント

初めまして

いつも、楽しく拝見させて頂いています。

これからの中日のことをかんがえますと
とても、とても、辛く、厳しい日々が続くであろうことは、覚悟しなければなりませんね。


堂上代打の件。

あの場面、堂上を出していたら
スタメンを外した意味がないような気がします。

谷繁が監督であれば、あの場面、当然代打堂上です。が、何故そうでないか、分かる気がします。

次を、来季を見据えているのではないでしょうか?

投稿: ロウ | 2016年9月15日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67503819

この記事へのトラックバック一覧です: 効率の悪い攻撃を脱却しなくては…:

« 無抵抗試合を見せられて… | トップページ | 頑張れ!昼行灯 小熊投手! »