« 直倫に見た久々の「集中力」 | トップページ | 効率の悪い攻撃を脱却しなくては… »

2016年9月14日 (水)

無抵抗試合を見せられて…

◇9/13…ナゴヤドーム
中日 0ー4 広島

完全な無抵抗試合を見せられているかのようだった。
それなりにチャンスはポツポツと訪れるが、ジョンソンに本気を出されたら手も足も出ないのが哀しき現実であった。何故これ程までに…?

スコアラーの問題?
打撃コーチの問題?
攻略法が徹底されない作戦の問題?
選手個々の技量の問題?
染み付いてしまった負け犬根性の問題?

優勝を決めても伸び伸びプレーをし続けるカープの選手とは、月とスッポン位の差が感じられた。

臥薪嘗胆を期して臨んだ、大野は神ったままの鈴木誠也のバッティングピッチャーと化してしまっていた。
伏兵石原に満塁で走者一掃の長打を浴びて万事休す、自己の4年連続の10勝も困難になってしまった。
有言不実行の我がドラゴンズのエース(?)は、この日もドームに駆け付けたファンを裏切った。
代わりに4年連続のBクラスがあと1敗で確定的になってしまった。19年ぶりの最下位だけは…と、次元の低い目標をオーナーが厳命していたが、果たして?

選手会長大野がこけて、主将平田が肩痛でリタイア、遂に飛車角なしで残り10試合を戦うのだろうか?

奮起しろ!ドラゴンズナインよ!
せめて最後だけでも…!

|

« 直倫に見た久々の「集中力」 | トップページ | 効率の悪い攻撃を脱却しなくては… »

コメント

敗戦で嬉しいわけありません。
ただ、昨晩は偶然試合経過を見てしまい(普段は録画早送りタイムまで試合経過は一切見ないようにしています)、0-4のスコアを知った時、ホッとしている自分がいました。

先の6連勝の時、選手起用法の変更で日替わりヒーローが生まれてチームが変わったとか、選手がイキイキしているとか、いかにも諸悪の根源は谷繁監督にあったかのような情報を目にして違和感を感じていました。本質から目を逸らしているのではないかと。
もちろん、この成績に対する谷繁監督の責任は重大です。が、繰り返しますが、本質はそこではありません。

昨シーズンオフ、大きな補強はありませんでしたが、「現有戦力で十分優勝が狙えるから大丈夫」という、理解不能な発言をした球団上層部がいたことを覚えています。記憶が確かなら、オーナーとかいう役職の方だったような・・・
今季残り試合を好成績で終えると、「悪いタニシゲを取り除いたので、これでよし」という大いなる勘違いが支配し、また1年同じ事を繰り返すことを危惧していました。

悔しいですが、今の無様な負けっぷりが抜本改革することから目を逸らさないための、唯一の望みです。

投稿: KONA | 2016年9月14日 (水) 17時26分

 何か、平田がFAで出ていくかどうかとか、それに対し、出ていきたかったら出ればいいとかいっている輩もいますが、はっきりいって平田が出て行ったらとんでもなく魅力に乏しいチームとなります。確かに本塁打20本には到達しない、良く怪我をする等の物足りなさはありますが、球場に行って見てみたい選手なのは間違いない。球団にとっては使いにくい選手かもしれないので、おそらく出ていけばいいとか言っているのは球団サイドの人たちなのでしょう。逆に、藤井選手とか荒木選手とかはそれ程活躍してもうれしくない。
 ファン目線などと言っているが、そんなこと考えているわけはないのです。80年でその歴史に幕を下ろして頂きたい。何度も言いますが、経営が苦しいのであれば身を引いていただいて構わないのです。優勝を目指さないのなら存続する意味が有りません。まさか責任感や使命感があるとは思えませんので、これ以上ドラゴンズをくいものにするのは止めていただきたい。多くのファンはドラゴンズファンであって、中日ファンではないのです。

投稿: doradora | 2016年9月15日 (木) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/67487428

この記事へのトラックバック一覧です: 無抵抗試合を見せられて…:

« 直倫に見た久々の「集中力」 | トップページ | 効率の悪い攻撃を脱却しなくては… »