« 2016年9月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

敗戦の中で光った三ッ間の投球

◆3/31(金) ― 東京ドーム
 巨 人 6 - 2 中 日


2年連続開幕投手の大野の球はことごとく高かった。
決めに行ったフォークボールも中途半端な落ち方で真ん中辺りの何の変哲もないボールになり痛打されていた。
初回の阿部のホームランも、3回のマギーのタイムリーも、5回の坂本のホームランも、全て中途半端な高さに行ったコントロールミスのボールだった。
杉山は終始、低く低くといった仕草をしていたが、この日の大野はオープン戦のいい姿とはまるで別人のようにコントロールが悪かった。
負けるべくして負け、打たれるべくして打たれた、大野のピッチングであったと思う。
開幕戦という特別な登板故の「力み」があったのかもしれないが、残念である。
今日は敢えて、大野に「エース」の称号は外させて貰った。

新人先発7番ショート京田陽太の功走守に渡る元気一杯なプレーや、外野コンバート6番レフト遠藤の2本のツーベースの活躍、新外人ゲレーロのラッキーな2安打(1本は好走塁によるツーベース)デビューもあり、敗れはしたけれども、新生ドラゴンズへの期待を感じさせてくれる開幕戦ではあった。
中でも特筆したいのは、育成206から支配下43へと昨シーズンオフに階段を一歩上がり、開幕戦3番手としてプロ初登板を果たした、三ッ間卓也・25歳のピッチングである。重信ショートゴロ、小林三振、脇谷レフトフライと3人で1イニングを終えた投球には目を見張った。
スリークォーターから思い切り腕を振って投げ込む三ッ間の投球は、今シーズンを通して貴重な中継ぎとしての活躍を予感させてくれた。
小林を3球で三振に取った、3球目の外角ストレートは
昨シーズン広島の黒田が投げていた、所謂フロントドアのような軌道のボールに見えた。右バッター小林の外角から、外角一杯の一角に少しシュート気味に入ってくる逆カットのようなボールだった。ストライクとコールされ三振に終わった小林はビックリしていた。
とにかく、今年の三ッ間には注目したいと思う。

しかし、阿部が元気なジャイアンツは怖ろしいと思えた開幕戦だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕〜棄てるものがあるうちはいい!

皆さんこんにちわ!近藤浩章です。
今年も「ドラブロ」シーズン終了まで、宜しくお願い致します!

さて、愈々、今夜2017ペナントレースがスタートします。
我が愛するドラゴンズは、宿敵中の宿敵、「ザ、宿敵」
の高橋由伸率いる読売ジャイアンツを相手に今シーズンが始まります。

森繁和率いる新生ドラゴンズの「原点回帰」への船出に、正に、相応しい対戦となりました。相手に不足はないという所でしょうか!

今季も多くの、いや、殆どの野球解説者が、Bクラスは当然のこと、最下位もしくは5位を予想しています。

この予想に対しても、正に、不足はなく、跳ね返す為の大きな原動力となると確信しています。

人は、堕ちる所まで堕ちたモノに対して、
「もう失うものは何もない!」と言います。

しかし、ドラゴンズには失うものはまだあります。
いや、失うのではなく棄てるものなのかもしれません。
それは、「pride」です。

70年代前半に流行った、阿久悠作詞、村井邦彦作曲、
北原ミレイ歌の『棄てるものがあるうちはいい』を思い出して、昨日聴いてみました。

ドラゴンズ選手全員に、プロ意識イコール「pride」があれば、大丈夫。
その「pride」を最後の盾として、1シーズンを戦う事ができれば、必ずや最後には勝利の美酒にありつけると確信しています。

「pride」こそが、最後に棄てるものであり、棄ててはならないものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年4月 »