« 開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう! | トップページ | 勝てはしなかったが… »

2017年4月 8日 (土)

たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった!

◆ 4/ 7(金) ― ナゴヤドーム
   中 日 7 - 5 DeMA

その時、マウンドにはいつものように田島慎二がいた。
今季一番開き直っているかのような表情があった。
「病んでいるかも…」と言って心配していた森新監督が初勝利に向かって、やっとこさの2点リードの逃げ切りマウンドに、平然と(?)クローザーの役に田島慎二を送り出したのだ。
信頼を失いかけ、自信喪失感漲っていたここまでの田島慎二とは違った田島慎二がいた。

連敗脱出、今季待望の初勝利を誓って先発した大野がプレッシャーをはねのけられずに、5回5失点で逆転を許したままマウンドを降りていたこの試合も重苦しい雰囲気が漂っていた。
しかし、打線は必死に繰り出すDeNA投手陣に食らいついていた。簡単にやられてなるものか!の覇気が伝わって来た。
大野を継いだ2番手又吉も3イニングを見事にヒット1本に抑え、チームを初勝利に導くのに十二分なピッチングを見せてくれた。
7回、遂に同点、逆転の時がやって来た。
初スタメン亀沢の今季初安打を口切りに、ゲレーロが続き、ビシエドの単打で同点、平田四球、満塁から京田が足に死球を受けて押し出しで逆転、更に藤井の犠牲フライで2点リードとした。8回を又吉が抑えて、愈々あと1イニング9回を残すのみになった。
登板する投手のコールに、全てのドラゴンズファンが固唾を飲んだ。静けさの中に聞こえて来た。
「ピッチャー又吉に替わり田島!」
不安と納得が微妙に交錯した。誰の心もきっと…。
祈る祈る祈る祈る祈る祈る祈る祈るの限りを祈った。

桑原への初球、外角低めに148キロのストレートでストライク、2球目、初球と同じコースにストレートが決まった。今日の田島は行ける。きっと大丈夫!と思った。
踏み出す左腰がしっかり切れていた。
桑原遊ゴロ、梶谷中飛、ロペス空振り三振と3人を10球で料理して、見事に開幕して2試合の雪辱を果たした。
そこにはしっかりとクローザー田島慎二が戻って来ていた。
  勝った!勝った!勝った!
ドームがまるで優勝を決めたかのように沸いていた!
やっと訪れた今季初勝利、森新監督の初勝利、連敗脱出を果たした全員の顔に安堵の笑顔が…。
勝つことがこんなに大変でこんなに嬉しい瞬間になるんだと実感している選手とコーチ、そして森新監督。
今季初のヒーローインタビューには、3人が上がった。
又吉、京田、平田だ。この3人からも森新監督からも飛び出したのは「この瞬間の為に応援して待っていてくれたファンへの感謝」だった。

僕も思わず泣いてしまっていた(笑)。
勝つことがこんなにも嬉しいことかと思えた。

そして、森新監督の優しさと温かさに胸を打たれた。
それは、この日もクローザーとして田島慎二を送り出した『想い』に対してである。

たかが1勝だが、こんなに大きな1勝はない夜になった。

|

« 開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう! | トップページ | 勝てはしなかったが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70190153

この記事へのトラックバック一覧です: たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった!:

« 開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう! | トップページ | 勝てはしなかったが… »