« 吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ! | トップページ | 『558』の数字が哀しく震えた夜 »

2017年4月 3日 (月)

巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった!

◆ 4/ 2(日) ― 東京ドーム
 巨 人 6 - 3 中 日

昨日は東京の桜に満開宣言が出て、各地が花見に興ずる人々で溢れていた。僕もご多聞に漏れず贔屓にしている飲み屋主催の花見に出掛けた。場所は杉並区西永福の和田堀公園。花見客で相当な賑わいであったが、ここの桜は満開までもう少しといった所だろうか。
正に八分咲きで、我がドラゴンズのようだなと、咄嗟に思ってしまった。



という訳で、昨日のゲームはリアルタイムでは観られずに、翌朝早起きして録画してあったものを観ることになった。敢えて結果は知ることなく、朝5時試合開始のように観たのだ。
負けられぬゲームに、序盤吉見の投球術は流石で、ジャイアンツ打線を寄せ付ける気配すらなかった。
しかも、前日まで眠っていた4番ビシエドのタイムリーが初回に飛び出し、4回にはゲレーロの直撃ライナーの第1号ホームランがレフトスタンドに突き刺さった。
2点先制と吉見の圧倒的な投球術で、初勝利に真一文字に進んで行くような気配もあり、朝からテンションがハイになっていた。
ところが、そんな楽勝へのボルテージが上がり始めると、好事魔多しとはよく言ったもので、4回裏先頭の立岡のボテボテのゴロが吉見とビシエドの間に転がったのが不運の始まりとなるのだった。吉見といえど、坂本、阿部の好調3、4番の前では、コントロールに微妙なズレをもたらし始めるのだ。
ボール4分の1内に入った外角速球が坂本にライト前に持っていかれ、内角膝元を突いたカットボールを阿部に一二塁間にライナーで弾き返され、1失点。更にマギーにもボテボテのゴロを三遊間に転がされて2点目を失ってしまうのだ。追い付かれると、勝ててないチームは雰囲気が守りになってしまうのが通例である。
6回吉見の投球数が百球近くになると、開幕の疲れかボールのキレも欠き始め、ジャイアンツ打線に真芯で捉えられるようになって行くのだ。
先頭の坂本の打ち損じたゴロがショートに飛んで行くのだが、ホームランを打って張り切っていたサードゲレーロがカットしてファーストに投じるも、間一髪セーフ。
この先頭坂本の出塁が最終的にはこの日吉見への引導の序章となってしまうのだ。
好調阿部、不調だったマギー、代打亀井に痛打を浴びるなどして、一挙4点を失うのだった。
開幕3連戦、結局全てを坂本と阿部のジャイアンツの2枚看板にやられてしまうドラゴンズ投手陣になった。



試合はその後、平田にも待望のホームランが出たし、吉見をリリーフして、WBC帰りの岡田が9球、数年ぶりに一軍スタートの浅尾が5球、今季に復帰を賭ける岩瀬が13球と、期待の3投手がそれぞれ開幕を果たした。



振り返れば、この対巨人3連戦はドラゴンズが真の開幕を迎える為に必要な最終のスペシャルオープン戦であったように思えるのだ。いや、そう思いたい。
ゲレーロ、平田に一発が出て、ビシエドも目を覚まし、荒木にもヒットが1本出た。大島、遠藤、堂上、藤井、ルーキー京田も打ったし、杉山も木下もマスクを被った。大野もバルデスも吉見も投げたし、ジョーダン、又吉、祖父江、田島、支配下になった三ッ間も投げた。
そしてとどめに岡田、浅尾、岩瀬が投げて、これでやっと開幕への準備が整ったように思う。
ハンディを3つ背負って、明日からのホーム開幕を迎えるのである。
昨年のチャンピオンチーム広島を迎える真の開幕カードにこそ、目一杯期待したい。
そして桜も、やっと八分咲きから満開になっているに違いないと思うのだ。

|

« 吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ! | トップページ | 『558』の数字が哀しく震えた夜 »

コメント

近藤さま
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
…開幕でやりたい放題やられ、“また今年も辛抱か”と意気消沈しているところで“スペシャルオープン戦”との御託宣。長い目でみようと、改めて開き直れました。
…2番荒木にいつ見切りをつけるか、はたまた予想を覆して彼が活躍するか、ここが鍵とみております。
明日こそ、と願うばかりです。

投稿: シナノドラゴンズ | 2017年4月 3日 (月) 21時06分

近藤さん、今晩は。
お久し振りです。
今シーズンもお邪魔させて頂きますので宜しくお願い致します。

春の嵐がドームに吹き荒れた週末、救いはドラの桜が未だ蕾だった事でしょうか…漸く陽気も春めいてドラの桜も花開いてくれると嬉しいのですが。

開幕3連敗を受けて、こちら地元では早くも悲観論及び絶望的観測及び「あーあ、やっぱりダメか」的、放送や記事が溢れ返っています。チームは変わろうと頑張っているのに、地元のファンやマスコミには負け犬根性が染み付いてるようですな(# ゚Д゚)。特にCBC!ええ加減にせえ!木俣と小松はもう結構!落合嫌いで地元ファンに媚びを売るな、媚びを!…っと、飛ばし過ぎました(笑)。

開幕シリーズは結果3連敗でしたが、大きなミスや「崩壊」があった訳では無く、勝敗がどちらに転んでもおかしくなかったと思っています。巨人との差も大して感じられなかった(私はですよ)。あったとすれば「地の利」だけだったと。ポジティブな要素は近藤さんが書いてらっしゃる様に沢山ありましたし。何より始まったばかりじゃないですか、これからですよ。

私は『泥船』の船頭を買って出てくれた森さんに感謝しています。森さんなら必ず船を良い方向に導いてくれると期待してますし、信じています。一朝一夕に出来る事ではありません、我々ファンも長い目で見る必要があると思います。

明日からはカープ3連戦。今シーズンの初星を輝かせましょう。

最後に…地元マスコミ!特にCBC!悪い部分ばかりをあげつらって不安ばかり煽っていないで応援しなさいよ!地元のチームでしょうが!ホントにもう(# ゚Д゚)。

投稿: 一家言おやじ | 2017年4月 3日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70142668

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった!:

« 吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ! | トップページ | 『558』の数字が哀しく震えた夜 »