« 自信喪失感漂う田島が心配だ! | トップページ | たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった! »

2017年4月 7日 (金)

開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう!

◆ 4/ 6(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 5 広 島
 (延長11回)

泣いている人、怒っている人、怒り狂っている人、黙っている人、諦めてしまっている人、投げやりになっている人、何も思わない人、文句や愚痴を言っている人、情けないと嘆いている人、やっぱり駄目かと納得している人、こんなもんじゃないと思っている人、たかが5連敗じゃないかと思っている人、最後には絶対に笑うんだと思っている人…。
色んな人がいた昨晩だったんだろうと思っている。
でも、どんな人も皆んな、ドラゴンズファンであることには間違いがない。
森新体制が動き出したばかりである。
テーマである、走ること、守ること、粘ること、その何れもがまだ過渡期であるけれど、選手個々の意識は大きく変わって来ていることには間違いない。
昨夜も、京田の盗塁死もあったし、11回の守備において判断ミスもあった。しかし、そのひとつひとつが未来への糧になって行くだろう。サインの見落としなんかもあると監督は言っているが、新しい森野球を実践して行く為の通過点の過ちにすぎない。
カードが一周した頃、段々とそれが形になって現れて来ることを信じたい。
投手も皆んな必死だ。ひとりが誰かの為に皆んながひとりの為に助け合っている姿が見える。
昨夜は、最終回に追い付いてから、
岩瀬、三ッ間、岡田、祖父江と、順番は違ったが、昨日のブログで提案した面子が登板した。WBC以来、調子が戻らないらしい岡田が3連打を浴びたのが誤算だったが、新井に犠牲フライを打たれはしたが、祖父江が必死に踏ん張っていた。平田のバックホームも、もしビシエドがカットしなければ、いいクロスプレーになっただろう。アウトならチェンジだった。
岡田も再調整でファーム行きになったが、元気になって早く帰って来て欲しい。不調な田島や岡田の分まで他の皆んながカバーしながら投げて行くのだろう。

選手もコーチも監督も、そして我々ファンも、思いをもう一度『開幕』に戻そうではないか。

そして、開幕5連敗を忘れ去って、単なる借金が5つだと思って、1つずつ借金を返済して行こう!

さあ、今夜は3つ目のカードが始まる、落ち込んでいる場合ではないのだ。

|

« 自信喪失感漂う田島が心配だ! | トップページ | たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70181193

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう!:

« 自信喪失感漂う田島が心配だ! | トップページ | たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった! »