« 2017年3月 | トップページ

2017年4月29日 (土)

大野の落胆が招いた敗戦

◆ 4/28(金) ― 甲子園球場
 阪 神 6 - 0 中 日

久々の完敗だった。
阪神との戦いでこんなに一方的なゲームも珍しい。
大体がもつれたり、少数点差で最後まで競い合うのが常なのだが、昨夜の戦いは拮抗する雰囲気がなかった。
大野とメッセンジャーの息の詰まる投げ合いが予想されたが、大野の方が先に相手のペースに巻き込まれて行った。2番の上本に大事な局面で度々逆方向に巧打されたのが応えたように見えた。そのショックを引きずったまま、4回には5番キャンベル、7回には3番糸井の2人の新戦力にタイムリーを浴びるのだが、試合中に切り替えが出来なかった昨夜の大野を如実に表していた。
序盤4回までは苦手のメッセンジャーに対して5安打を放ち塁上を賑わせていたが、ホームにランナーを返すまでには至らなかった。4回に大野が先に先制されると次第に攻撃陣も元気をなくして行くのが見ていても明らかだった。大野のショックがそのまま攻撃陣及びベンチにも影響しているような試合になってしまった。
エースと呼ばれている大野の落胆がゲームを作用することを大野自身がもっと自覚して貰いたいと改めて思った夜だった。
投手の立場、大野の立場に立てば、打たれた上本に投げた内角低めへのボールには相当の自信があったのだと思う。それを2度に亘り同じように同じ方向に跳ね返されたことは取り返しがつかない程のかなりの打撃だったのだろう。
しかし、言い換えれば、これが大野が勝てない原因であり、大野に援護射撃が少ない原因であり、大野がなかなか真のエースになれない原因といえるのではないだろうか。
冒頭に久々の完敗と記したが、昨夜の試合は内容云々ではなく大野の落胆と共にチームが戦意を喪失してしまった敗戦だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

待望の強固な先発投手の出現が…

◆ 4/27(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 0 ヤクルト

久しぶりに安心して見られる先発投手が現れたなあとつくづく実感できた夜になった。
  スミ1ならぬスミ2で、初回に取った2点を守り切った理想的なドラゴンズの伝統的な勝ち方でカード勝ち越しを決めた。その勝利の原動力が勿論今季3度目の先発の又吉である。7回112球被安打5無四球無失点でマウンドをリリーバーに引き継いだ。21個のアウトのうち内野ゴロで15個のアウトを取った。勝負球を低めに集めて実に上手いピッチングを見せてくれた。評論家の間では決め球がイマイチだという批評もあるが、ファールで散々粘られても根負けをしない根性がこの又吉には備わっていて最後は涼しい顔で打ち取っていたから頼もしい。
試合が最初からマウンドを降りるまで終始又吉ペースで進んでいて、リードがたったの2点だということさえ忘れさせてくれていたのが不思議である。その位に安心感漲るマウンドさばきであったといえよう。
本人はすこぶる謙虚で、もっと長い回を投げられるように吉見や大野に近づきたいと語っていたのが彼の人柄で彼の高い努力目標が伺える。
実に頼もしい投手になってくれた。
ファン待望のしっかりした先発投手の出現が実現したと言っても過言ではないと確信している。
4年前に四国アイランドリーグ出身投手として綺羅星の如く登場した又吉は3年連続60試合以上の登板を経て今季4試合目の登板から先発に転向した。
セットアッパーという難しいポジションで昨年はリリーフ失敗の場面も多く、又吉にとっての課題も多く見え隠れし始めて来て、今年の又吉のポジションにはとても興味を持っていたのだが、120パーセントで投げようとするセットアッパーよりも、若干脱力して8分程度の力を基準に投球しながらここぞの所で120パーセント出して行く投法がスタミナが十分な又吉には合っていたのではないだろうかと考える。
この強固な先発投手の出現には3年の日々が必要であったのだろうと思う。
吉見と大野にまだ勝ち星がない中、バルデスとツープラトンのローテーションをしっかりと守って行ってくれれば、吉見や大野にも次第にいい流れが伴って来るに違いないと確信している。
5月攻勢がとても楽しみになって来た。

昨夜の又吉のピッチングフォームをじっくりと見たが、デビュー当時のように、ゆったりとした投球動作から踏み出された左足に巻き付くように力強く振られた右腕とその際の右足のケリがとてもリズミカルだったのが確認出来た。先発投手の気持ちのゆとりが、いい時の理に叶ったフォームを思い出した又吉の姿を見て本当に安心した。
  脅威の防御率0.88で月間MVPを是非取って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

ルーズベルトゲームにした元凶は?

◆ 4/26(水) ― ナゴヤドーム
 中 日 7 - 8 ヤクルト
  (延長11回)

前日同様スムーズなゲーム運びで序盤はスタートした。
吉見もブキャナンもテンポよく気持ちよく投げて行きそうに見えた。3回まではほぼ完璧だった吉見に比べ、ブキャナンは2回先頭の平田への四球でリズムを崩したのか、堂上、ゲレーロに連打されて先に2点を失った。
この日も何とゲレーロが先制2点タイムリーを放った。
吉見も4回、打順が一巡して先頭の荒木に9球粘られて内角シュートをレフト線にツーベースを打たれて、リズムを乱し、バレンティン、中村にタイムリーを浴びて2点を失ってしまう。しかし、その裏ビシエドに、「らしい一発」がレフトスタンド中段に飛び込み再び勝ち越した。5回にも大島に2点タイムリーが飛び出し5ー2の3点リードとなった。普段ならここで吉見は立ち直ってスイスイと7回8回まで行くのだが、この日の吉見は主審山路との相性がイマイチだったのかコントロールに苦しんでいるように見えた。6回一死からバレンティン、雄平に連打を浴びて屈辱のイニング途中での交代を告げられ、佐藤にスイッチしたのだ。結局この回は中村のタイムリーでの1失点に終わり2点リードで後半の攻防へと進んで行った。ドラゴンズが誇る好調なリリーフ陣がこの点差をきっと守り切ってくれるものと皆んなが思っていただろう。7回には主砲平田にもタイムリーが出て再び3点差とセフティリードの圏内に入って行った。
佐藤を三ッ間が継いで、8回祖父江、9回田島で吉見の今季初勝利が見えて来ていた。打線が吉見に恩返しをする勝ちゲームになりそうに思えた。
しかし、しかし、である。何と祖父江が8回、当たり損ねのバレンティンの嫌な内野安打から雄平にストレートの四球を与え、ピンチを迎えてしまう。鵜久森、中村を打ち取って、ここまで3タコの8番大引を迎えて無失点で切り抜けられそうな予感も走ったが…。
その初球、外角にストレートでストライクを取りに行ったボールを狙いすましたように反対方向に打ち返されるのだ。これが何とライトスタンド最前列に飛び込む大引の今季1号の同点スリーランとなってしまうのだった。
ゲームが振り出しに戻ったと共に、流れが急にヤクルトの方に傾きかける空気になってしまうのだ。
9回にも延長11回にも、あと1本出ればという逆転サヨナラのチャンスを作り粘ったが、最後の1本が出ないまま1点差の7ー8で逆転負けを喫してしまうのだ。
田島が9回10回と初めて回跨ぎで2イニング無失点の投球をするも、11回に出て来た岩瀬が雄平に2点タイムリーを浴びてしまうのだ。岩瀬も吉見同様、主審山路に際どいボールをことごとくボール判定されていた。
松井雅はフル出場したのだから、この山路主審の判定の癖を分かっていなければならなかっただろうに、ストライクを取らない所ばかりへ投げさせていたようにも思えて残念でならない。
そして本題である。この7ー8という所謂ルーズベルトゲームにしてしまった元凶は、この松井雅捕手なのだ。
昨日も記したが、ピンチでの初球の入り方に問題がありすぎるのである。一昨日、三ッ間が山田に打たれた2点タイムリーも初球外のストレート、昨日は4回中村のタイムリー、8回大引のスリーラン、11回雄平の2点タイムリーがいずれも初球外にストライクを取りに行ったボールだった。11回の岩瀬の場合はスライダーだったが、ストライクを取りに行ったボールを狙われたのだ。
一昨日は2失点中2点、昨日は8失点中6点を全て初球のストライクを打たれたものである。
明らかにヤクルト打線は松井雅のリードを読んでいた。
ピンチの初球は必ずストライクから入ってくると…。

改めて思う。残念ながら捕手松井雅の感性の鈍さは相変わらずである。1試合中に同様に初球を痛打されるのは投手の責任ではなく明らかに捕手の責任である。
吉見、祖父江、岩瀬、コントロールがいい投手達だ。
ボールを一つ分二つ分くらい外して投げる芸当は持ち得ている。だからこそ、ボールから入って貰いたかった。

ルーズベルトゲームの敗戦の元凶はまさしく、松井雅人捕手だったといえる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

年に一度の豊橋の夜は何かが起こる

◆ 4/25(火) ― 豊橋市民球場
 中 日 4 - 2 ヤクルト

豊橋の夜は何かが起こる。
そしてこの夜もその何かが起こった。

あの不振を極めていたゲレーロに第1打席でいきなりスリーランホームランが飛び出した。しかもそのチャンスを作るきっかけとなったのが、これまた第1打席で絶不調のビシエドのセンター前ヒットだった。豊橋を地元とする豊橋の星藤井の四球を挟んで飛び出したゲレーロの一発に、豊橋に集まったファンも2人の不調助っ人に頭を痛め続けているドラゴンズ首脳陣も、ホッとすると共にいきなり歓喜の渦に浸ったのだ。
先発のジョーダンもストライクが先行したピッチングでヤクルト打線を寄せ付けない好投を繰り広げていた。
ゲームもトントン拍子に進み、唯一訪れる8回のピンチがなかったら試合時間2時間を切りそうな勢いだった。
しかし、流石にヤクルトも沈黙し続ける訳にはいかなかった。 
遂に8回ツーアウトから坂口、荒木の連打で一、三塁のチャンスを作り、バッター山田の場面を作った。
完投完封も夢ではなかったこの日のジョーダンだったが100球を超えた辺りから少しずつボールが甘くなって来ていた。
ここで森監督が動いた。ピッチャー三ッ間を山田にぶつけた。ここは僕も予想通りのリレーだった。
この日のマスクは今季2試合目の松井雅が被っていた。
前回の大野の時は相変わらずの無駄球を沢山投げさせて成長していない松井雅に怒りを覚えていたが、ジョーダンに対しては早い勝負を選択していて驚いた。
そしてこのピンチに山田をどのように料理するのか楽しみに見ていた。
三ッ間に要求した初球は、何と外のストレートだった。
シュート回転気味の三ッ間のストレートが外角にストライクの軌道で投じられた。思わず目をつぶった。
山田はこの球を逃してはくれなかった。
狙いすました初球ストレートがライトフェンス直撃の打球となって飛んで行ってしまったのだ。
2点タイムリーとなり2点差、次のバレンティンの一発でたちまち同点になってしまう大ピンチを招いてしまう三ッ間、松井雅のバッテリー。
でもここの配球は間違わなかった。内のストレートはボール球でファールを打たせてカウントを取り、最後は低めの外角スライダーで打ち取る組み立てでバレンティンを見事三振に仕留めた。
惜しまれるのは山田への初球の入り方だった。
簡単にストライクを取りに行く外のストレートは完全に松井雅のリードミスであった。
この日三年ぶりにプロ入り2本目のホームランを打った松井雅だったが、ゲレーロがスリーランした後のセカンドを欲張った走塁と山田への初球の入り方は要反省だ。

しかし、何かが起こる豊橋の夜は、今年もゲレーロの一発、松井雅の一発、ジョーダンの好投と、ドラゴンズにとっては嬉しい嬉しい誤算の連続であった。

開幕21試合にして、やっと最下位を脱出した。

次の試合、所謂今日の吉見の試合が最も大事な一戦となって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

バルデス様様様様様

◆ 4/23(日) ― 横浜スタジアム
 DeNA 0 - 1 中 日

昨日の杉山は、バルデスに対して実にいいテンポでサインを送りバルデスの快適なリズムを後押しできていた。
投球のリズムが最後まで乱れず、バルデス仕様の野球が繰り広げられ必然的にバックの守りにも好プレーが生まれた。特にサードスタメン起用2度目の亀沢は再三再四のファインプレーでバルデスを助けていた。元々はセカンドの亀沢もユーティリティプレーヤーを目指してキャンプから凡ゆるポジションに挑んでいたようだ。昨日の素晴らしいフットワークは練習の賜物に違いない。
8イニング122球を被安打4死球1無失点で好投のバルデスにやっと勝星が与えられた。
いわゆるスミ1という初回1得点を守り切った完封試合は最後の最後まで緊張感が継続して喉がカラカラになる。
9回リリーフした田島の緊張感も半端なかったと思うが梶谷、筒香、ロペスの強打のクリーンアップトリオをしっかり打ち取ってバルデスに初勝利をプレゼントした。
一昨日の若松との間に於いてはテンポの悪さを指摘したが、バルデスとは最高のテンポ感とリードで完封試合を演出した杉山、彼には次こそ若松に対してもいいテンポとリードを思い出して欲しい。
打線は相変わらず、両外人が心配である。
ビシエドは今絶不調である。打ちたい打ちたいで来るボールとのタイミングが全く合っていないのが分かる。
ビシエド、ゲレーロがこのままでは絶望的な気持ちになってしまうが、何とか何とかこのトンネルを抜け出して貰うのを祈るしかない。

バルデスにやっと勝星が付き、次のヤクルト戦で吉見、大野に初勝利が付けば、5月攻勢の準備が万端となる。
大いに期待したい所である。

一昨日の若松についての新聞報道に一言言いたい事があるから記しておこう。某スポーツ紙に、友利コーチが若松に対して、ストレートを投げろと言っているのに反抗して変化球ばかり投げて打たれている、という記事が書かれてあった。しかし、どう見てもこの記述はおかしいと思う。若松は逆にストレートばかりを勝負球に使い打たれたのだ。少なくとも、戸柱のツーランも桑原のスリーランも筒香の2点タイムリーツーベースも全てストレートを狙い打たれたものだった。7失点全てがストレートを打たれたものなのに、さきの友利コーチの発言は明らかに変である。もし友利コーチの言葉が事実なら、敢えてわざと皮肉って言ったのではないだろうか。大したストレートでもないのにストレートで勝負してんじゃないよって…。因みにトウチュウでは微妙な言い回しで書かれていた。「いいときは直球主体。何度言っても同じことをやる。反抗期なんだな」と。
もっと変化球をまぜろ!と言っているようにしか聞こえないが…。某スポーツ紙の記述は明らかにおかしいと思ったので敢えて苦情を記させて貰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

若松が崩れて行った理由

◆ 4/22(土) ― 横浜スタジアム
 DeNA 11 - 4 中 日

昨日のブログで、ドラゴンズの上昇の為には先発の5本目の確立が必要だという事を記し、その5本目に若松を上げていた。
そんな期待を込めながら昨日のDeNA戦を観た。
この日の若松は比較的ボールが走っていたので、得意のチェンジアップと大きなスローカーブを混ぜながら緩急を駆使しての好投を期待した。
前回は木下とコンビを組んでいたが、昨日は杉山に代わっていた。ここに一抹の不安はあった。何故なら、杉山のリードが一昨年のいい時のような速いテンポで若松にシグナルを出す事が出来なくなって来ているのを感じていたからだ。杉山に迷いが生じている証拠である。
この若松の信条は、何よりもテンポの速さだと思っている。ストレートとチェンジアップとスローカーブが同じ腕の振りで投げられる若松が、テンポよくバッターに向かって行く事で狙いボールを絞らせない利点になり常に自分のペースで投げる事が出来るからである。
昨日の杉山にはそんなテンポのよさを思い出そうとしていたのは伺えたが、若松のテンポが悪かった。そんなテンポの悪さが自信のなさに繋がっているように見えた。
いつもよりも走っていたストレートに頼ったリードのように見えたが若松がストレートを投げたがっていたようにも感じた。しかし、残念ながらどのストレートも高かった。そして明らかにDeNA打線がそのストレートを狙っているのが分かった。そしてそのコンビネーションが修正できないまま進んで行った。
3イニング60球被安打8失点7、しかもホームラン2本ツーベース3本の惨憺たる内容でKOされてしまった。
立ち上がり3イニング大量7失点でゲームはほぼ決まってしまったようだった。
若松に対する期待が大きかっただけに、チームもファンもショックはデカイ。
このゲームで若松が崩れて行ったきっかけとなった場面があった。
2回二死二塁でバッター戸柱の時だ。
1ー2と追い込み自信を持って内角へストレートを投げ込んで行った。明らかに三振を取りに行ったボールが素晴らしいコースに決まったかに見えた。
手が出ない戸柱、見逃し三振チェンジと若松も杉山も守っている野手もテレビを観ているファンも思った筈だ。
しかし主審秋村の右手は上がらなかった。
その瞬間、空気が変わったのが分かった。
そして、次の5球目は何の変哲もないストレートが真ん中よりに入って行ってしまい、狙いすましたように戸柱の打球はライトスタンド目掛けて飛んで行ってしまうのだった。逆転ツーランホームランである。
あの勝負に行った戸柱への4球目がボールになった時、杉山がひと呼吸入れられなかったのは何故だろう?
そして次に選択したボールが何故同じコースで同じストレートだったのか?
たった1球の判定が不思議で空白な時間を生んでしまったとしか考えられないのだ。
若松は勿論杉山にもメンタルの弱さを見つけてしまった瞬間になった。

新聞によると、若松の試合途中名古屋への強制送還が報じられていた。
心身共に逞しくなった若松が再び見たいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

ありがとう!平田!

◆ 4/21(金) ― 横浜スタジアム
 DeNA 2 - 2 中 日
  (延長12回規定により引き分け)

相変わらず重い重いゲームを見せてくれるなあとつくづく思ったが、完全にビジターチームの負けパターンの試合展開を救ってくれたのが4番に座って3試合目の平田だった。
9回二死ツーストライクナッシングに追い込まれた絶体絶命の状況から、相手クローザーパットンの150キロストレートをライトスタンドに突き刺したのが、平田の2試合連続のホームランだった。
前夜の同点弾も狙って打ったようだが、この日の一発も右狙いの会心の一発に見えた。
好投又吉の負けも消したし、凡フライを落球してタイムリーエラーをした京田も救った。そして何よりも7回無死一、三塁の絶好のチャンスに連続三振でチームとファンを落胆させてくれた、ビシエド、藤井、ゲレーロの3人も救ったのだ。
昨夜は両チームの投手陣の踏ん張りでお互いに譲らない最後の最後まで緊張感の漲る4時間11分の延長引き分け試合になった。
森監督が言う「みんな野球が好きだから!」の言葉通り今季6度目の延長戦で12回戦っての引き分けも3度目を記録した。
負けない強さもさることながら、勝てない弱さも露呈するチーム状況を如実に表している記録でもある。
7回の絶好のチャンスに情けない3人連続三振を見て多くのファンは敗戦を覚悟したに違いないが、あの体たらくには何とも言いようのない絶望感が広がった。
2人の助っ人の活躍にはもう少し時間がかかりそうな気がするが、まさかこのままシーズンが終わってしまうのではなかろうかという不安がよぎるのも正直な所だ。
森監督や土井コーチの慧眼を信じたいが…。

一方、2試合目の先発だった又吉の堂々とした投球には頼もしさを感じる。杉山との相性も抜群で、比較的球種が少ない又吉をベース板の隅から隅までを使った細かいリードをする杉山を信頼して伸び伸びと投げる又吉の姿にシーズンを通しての活躍が大いに期待できそうだ。
吉見、大野、バルデスと並ぶ4本柱としてチームを引っ張って行ってくれそうである。去年までほぼ毎日準備しながら60試合以上投げ続けて来た又吉にとって中7日空けての登板は合っているのかもしれない。
これで先発が4人揃って来たが、もう1人必要だ。
今日の若松には、何としても頑張って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

7つの『初』づくしの勝利

◆ 4/20(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 5 - 2 阪 神

初づくしの勝利になった!
決して本調子ではなかった大野も苦心の投球で、6イニングを被安打6失点1で123球を投げ終えリリーバー陣に後を任せて降板した。
タイガース先発の青柳はドラゴンズ打線を6回まで翻弄していた。青柳の緩急を付けたピッチングに手も足も出なかったが、7回先頭の4番平田が青柳の内角ストレートを狙い打ちしてレフトスタンドに芸術的なホームランを放り込んで1点のビハインドを振り出しに戻した。
このチームリーダーの一発をきっかけにドラゴンズの逆襲に火がついた。
  ヒットで出た藤井が亀沢との間のヒットエンドランに失敗して二塁で封殺され、一旦は逆襲の火が消えそうになるのだが、亀沢がしぶとくレフト前に落とし盗塁を決め、松井雅も四球を選んだ。代わった桑原から代打井領がセカンド内野安打をヘッドスライディングで決めて満塁。ここで前日サヨナラの殊勲者京田が登場するのだ。
この日は23歳の誕生日でここまでの3打席は前日同様いい所は何もなかった。しかし、この京田には何か運命的な巡り合わせが付きまとっているような気がするのだ。
「ひょっとしたら?」と思っていた矢先に打球が一、二塁間に転がって行った。追う上本、その差し出した上本のグラブをかすめながらライト前に抜けて行ったのだ。
「ラッキー」2点タイムリーだ!
今日も京田が勝ち越し打を打った!
ドラゴンズファンのバンザイコールがドームに響いた。
8回三ッ間が登板、ランナーを残して岩瀬にリレーするも高山にタイムリーを浴びて1点差。二死二、三塁の一打逆転のピンチ、代打新井の所で森監督は今季初登板の福谷を送った。
2球目、新井が弾き返す打球はセカンド荒木の真正面へライナーが…。紙一重の結果ではあったが福谷はナイスリリーフを果たした。今日もドラゴンズに流れが来ているのを感じた瞬間だった。
その裏、一塁に平田を置いてビシエドが代わったマテオの初球をライトスタンドにツーランホームランを叩き込んだ。今季第1号である。
この2点がダメ押しになり、田島が抑えて逃げ切った。
これが今季初のカード勝ち越しで初の連勝になった。
更におまけの初は、プロ入り142試合目のリリーフ登板で初勝利を祖父江が掴んだのだった。

初の連勝、初のカード勝ち越し、井領の今季初安打、福谷の初登板初ホールド、ビシエドの今季74打席目の初ホームラン、祖父江のプロ入り登板142試合にしての初勝利、その7つの『初』が並んだ初づくしの昨夜の勝利はドラゴンズ巻き返しのきっかけとなりそうな意味深い1勝になるに違いないと誰もが思ったのではないだろうか。

ビールの美味しい4月の夜になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

勝利が皆んなに笑顔を運んでくれた夜

◆ 4/19(水) ― ナゴヤドーム
 中 日 4× - 3 阪 神
  (9回サヨナラ)

息苦しい試合が始まって約3時間33分後、俊足京田が一塁ベースにヘッドスライディング、線審土山の両手が広がった。
サヨナラ勝ちだ!
皆んなの力が繋ぎ合って勝ち取った勝利である。
ベンチが映った。
森新監督が誰よりも一番大きく手を叩いて喜んでいるのが見えた。
ベンチ全員が京田のもとに駆け寄って行く。
全員が笑顔だ!
勝つということは、これなんだ。
これがチームワークなんだ。

外野の声が喧しい中、森新監督は遂に英断を下した。
不調で焦りまくるゲレーロをメンバーから外した。
4番を打ち続けて来たビシエドを7番に落とした。
ルーキー京田を初めて1番に抜擢した。
打順も大きく替えて臨んだ背水の試合だった。

最終回、ゲレーロの代わりにスタメンで出た、堂上が先頭バッターとして三塁線を破るツーベースで出塁。
7番に下げていたビシエドとの勝負を避けて阪神バッテリーは敬遠を選択。無死一塁二塁である。
木下が苦しい場面で送りバントを成功させる。
途中出場の好調亀沢と1番に抜擢されるもここまでいい所がなかった京田の2人の左バッターに左腕高橋を起用する阪神。右バッターはゲレーロと阿部と杉山が残っていたが、代打起用は100%ないと読んだ阪神の采配だ。
亀沢は粘るも内野フライを上げてしまった。
ツーアウトバッター京田。
多くのファンや関係者はまたまた延長戦を予想した。
が、僕は京田がゴロを転がせば何かが起こる予感を抱いていた。
「叩きつけろ!叩きつけろ!」と念仏のように呟いていた。京田のバットが高橋のストレートを逆方向に弾き返した。当たりが良すぎる気もした。祈った。
何と名手鳥谷が京田の俊足に慌てたのか、ボールを弾いたのだ。間一髪セーフ!京田の足が優ったのだ。
1番に抜擢されて何も出来なかった京田が最後の最後に足とガッツ溢れるヘッドスライディングで勝利を導いたのだ。
森新監督の英断が、それぞれの役割を担ったコマの働きで実った瞬間だった。
暫くの間見放されていたツキも味方してくれた。
野球の神様もやっと微笑んでくれたのだ。

選手もスタッフも全員笑顔だった。
ドームのファンもテレビラジオの前のファンも全員が笑顔になった9時33分である。

この歓喜の瞬間を絶対に忘れないように明日からも一歩一歩失ってきた物を取り返して行こうと皆んなが思った昨夜の1勝はただの1勝ではないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

143分の15ゲームではあるが…

◆ 4/18(火) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 3 阪 神

ナゴヤドーム内に大きな溜息がコダマしてテレビのこちら側に響いて来続けるゲームになった。
143分の15ゲームではあるが、前途に希望がなかなか見えてこない程の構造的で致命的な重症が横たわっているような気がしてならない。
焦り、苛立ち、力み、過剰な責任感などなど…、色々な要素が選手個々に在るのだと思うが、チームとして纏まった対策が望まれる段階が来ているような気がする。
先の巨人戦でも感じた事だが、昨夜の阪神戦でも同様に感じた事である。
坂本、阿部の3番4番は、常に軽打を心掛けて好調な相手投手の攻略に逆方向やセンター返しの意図を持ってボールにバットを合わせてスゥィングしていたし、昨夜の糸井、原口の3番4番も、強く振ることよりも来たボールを素直に弾き返す意図でスゥィングしていたように見えた。それが確実に得点に繋がっていたように思えた。
一方我がドラゴンズの3番4番の助っ人2人は、力み返ってしまい、却ってスゥィングの力がボールに伝わらずポップフライを打ち続けていた。2人が揃ってボールの下を叩いたり引っ掛けたりの8打席だった。
大島、荒木の1.2番が4本のヒットを打ち塁に出るが、3番4番がいつまでもこれでは点が入る気がしない。更にこの助っ人2人がこれだから、その後の平田までが何とかしなきゃの気負いから同様で強引なバッティングになり、ドーム中の溜息をより大きくさせてしまうのだ。
6回のランナーを置いて、3番4番がポップフライに終わった後、ボールスリーから強引に高めのボール球を打って内野フライに終わったのが象徴的な打席だった。

昨夜もバルデスは今季4度目の先発をテンポのいい投球で7回被安打6失点1で見事だった。
巨人戦の吉見といい、昨日のバルデスといい、バッター陣が何とかしなければ、143分の15ゲームと言ってられなくなってしまうのだ。
チャンスに打てないバッター達にも必死に声援を送り続けているドームに駆け付けたファンの落胆の表情を見る度に胸が苦しくなって来る。子供もいれば若い女子の顔も沢山見える。
「何とかせい!何とかせい!」としか言えないが、早い時期のチームの方針変更が必要かもしれないと強く感じた1敗となった。
4月もまだ中旬だが、シーズン中盤のように追い込まれた気持ちは何だろう?
主軸特に助っ人の不振に救いが見つけられないからなのかもしれない。
彼らが好きな暑い季節が段々近づいて来ている事だけに期待するしかないのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

吉見に借りを返す日は来るのか?

◆ 4/16(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 0 - 2 巨 人

試合開始からいつもとは比べもんにならない位の気迫が吉見にたぎっていた!
相手投手の大竹も負けず劣らず素晴らしかったので、1点勝負の試合になるのではないかと思えた。
先に絶対に点をやらない、これがふたりの投手それぞれの胸の内であっただろう。
6回ドラゴンズには絶好の先取点のチャンスが訪れた。
一死一三塁バッター亀沢、何でも出来る亀沢に期待が集まった。セフティスクイズも考えられる場面で、相手バッテリーも警戒をしていた。しかし、策はなく普通に打って一塁ゴロで本塁封殺、続く平田も遊ゴロに倒れて先取点はならなかった。ただひとつ残念だったのは、大島がヒットを打った時の二塁ランナーが足の速くない木下がいたこと。これはその後、亀沢にセフティスクイズのサインを出すことを躊躇させた一因であったようにも思えた。仕方がない巡り合わせではあるが、やはりツキがないドラゴンズ状態は相変わらずである。
チャンスの後にはピンチあり、ピンチの後にはチャンスありで、7回にいきなり吉見にピンチがやってくる。
先頭坂本に上手く流されて一塁線を襲いビシエドのグラブを弾くツーベース、阿部に3ー2のカウントから投げた内角速球はシュート回転で内に入ってしまい、ライト線に弾き返されて先取点を許してしまうのだった。一塁が空いていたのを考えればストライクは要らずもっと内角に厳しく行ってもよかったのではと、悔やまれてならない吉見の1球の失投になってしまった。 後続を断って最少失点に押さえた吉見は反撃に託してマウンドを降りて行くのだが、自らの阿部に対する1球の失投に口惜しさを隠せない想いが表情にありありと現れていた。
その裏二死から藤井のヒット、代打京田の内野安打、木下が四球を選んで満塁のチャンスを迎えた。自分の代打は阿部、フルカウントまで粘るが一塁ゴロで万事休すとなるのだった。ベンチの最前列で身を乗り出すように声援を送っていた吉見が映った。チェンジになった瞬間ベンチの手摺りに深々と頭をうなだれて数十秒固まっているのが見えた。
「自分が点を取られたのがいけないんです」と吉見はコメントを残した。
今のドラゴンズは投手が点を取られたらもう跳ね返す力はないのだろうか。
この吉見の言葉をバッター陣がどのように聞くのかは分からない。だが、我々ファンも今のドラゴンズは先に点を取られたら、かなりの確率で敗色を感じ取ってしまうのだ。得点圏打率最低のドラゴンズ、打撃陣の必死さを見せてほしい。
確かに代打陣の層の薄さも否めないが、一軍にいる限り個々の選手には今の何倍もの必死さを見せる義務があると僕は考える。
後半に出て来た、阿部も井領も溝脇も決して必死さがないとは言えないが、もっともっと泥臭い姿でバッターボックスに立ってもらいたいと願ってやまない。

バッター陣には、吉見に早く借りを返してほしい!

そんなことを思った試合になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

直倫の当たりが亀井の頭を越していれば…というレバ

◆ 4/15(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 6 巨 人

なかなか連勝ができない!
前日のサヨナラ勝ちで気勢が上がり一気に連勝となって白星街道を走り始めると嬉しいのだが、そうは行かないのが今のドラゴンズである。
立ち上がりからボールが全体に高かった若松も、藤井のタイムリーで3回に逆転してもらってからはボールが低めに決まり始めて、4回5回は連続三者凡退で切り抜けて次第に勝利へと向かっているように見えた。
その裏の攻撃も相手投手田口が制球を乱し、荒木のヒットと2つの四球で二死満塁のチャンスを作った。
バッターは堂上直倫、田口のスライダーを右方向に狙い打ち、ライナーでライトの頭を襲って行った。頭を越せば走者一掃だと誰もが思った。ライト亀井が必死に背走する。ジャンプした亀井のグラブに打球が収まってしまっていた。追加点奪えずの、もう1本が出ない状態は相変わらず続いている。
この回にはゲレーロの物凄いホームラン性のライナーがファールになった惜しい当たりもあった。
やはりツキもないのだろうか?
この5回を終わって、ドラゴンズファンもナインも首脳陣も、誰もが皆落胆している空気が流れていた。
その重い空気を背負った若松は、6回遂にジャイアンツ打線に捕まってしまうのだった。
坂本、阿部、マギーの3連打とワイルドピッチで2失点石川のタイムリーでもう1失点、都合3点を奪われ2ー4と逆転を許してこの回で若松はマウンドを降りた。
悔しい100球のピッチングになってしまった。
この流れを止めることは出来ず、リリーフした祖父江も今季初失点2点を奪われて勝負は決してしまった。

まるで、チーム全体が、球場全体が、堂上直倫の当たりが亀井のファインプレーによって好捕された瞬間、逆転負けを想像したかのようなゲームになってしまった。

今のドラゴンズを象徴しているようで、ツイてないシーンに出くわす度に皆が元気を失って行き、余計に野球の神様に見放されて行くことになる、そんな重いゲームだった。

今日は吉見にスカッと、ジャイアンツ打線を完封でもしてもらいたいものである。

リードしていても1点では勝っている雰囲気にならないと森新監督も言っていたが、我々ファンも同感である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

やっと勝った!やっと打った!

◆ 4/14(金) ― ナゴヤドーム
 中 日 3× - 2 巨 人
  (延長12回サヨナラ)

やっと勝った!やっと打った!
そんな引き分け寸前のサヨナラ勝利になった。
今季12試合で5度目の延長戦を戦った我がドラゴンズはやっと勝ち、不振にあえいでいる助っ人ゲレーロがやっと打ったのだ。

昨夜のプロ野球ニュースに谷繁元監督が初出演初解説で中日巨人戦を喋っていて驚いた。
彼曰く、ゲレーロのサヨナラ打を予測していたらしい。
強烈な内角攻めに四苦八苦していたゲレーロに襲い掛かる球速は殆どが150キロ超えの速球だったが、最後に対したのは宮國で、この球速は140キロそこそこだからきっと打つだろうと予測していたということだ。
ドラゴンズ監督目線の解説にMCの高木豊氏が笑っていた。
延長12回二死から、しぶとく猛打賞コンビの大島、亀沢が塁に出た。そして登場したゲレーロだった。昇竜デーに駆け付けた観客35000人余りの殆どが残っていたようだ。お洒落なレプリカのユニフォームを貰った観客は今季初のサヨナラ勝ちというお土産も貰えて、ホントに幸せな人々である。
この日は先発大野も頑張った。
2点のリードを守り切ることができない所にまだもろさは隠せないが、8回二死まで2失点に押さえ11三振を奪うナイスピッチングだったことは確かであった。
防御率1点台前半を誇るリリーフ陣は今日も、三ッ間、田島、祖父江、岩瀬、佐藤と4イニング3分の1を0点に押さえた。前日サヨナラ打を許して苦しい夜を過ごしたであろう佐藤もこの日は最終回にリベンジを果たした。
連日の登板でどのリリーバーもヘトヘトだろうが、大野らの先発陣の踏ん張りがきっといつか楽にしてくれるのではないだろうか。
その日まで頑張れ!ドラゴンズリリーバーたちよ!

ジャイアンツにはあと2つ借りがある。
今日は若松、明日は吉見だ。
頼んだぞ!

余談だが、この日の解説谷沢健一氏の喋りにはドラゴンズ愛が溢れていたことを付け加えておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

代打鵜久森に対して何故佐藤だったのか?

◆ 4/13(木) ― 神宮球場
 ヤクルト 3× - 2 中 日

選手交代特に投手交代につき、自分が予測した名前がコールされることが殆どだが、それが違った時残念ながら裏目になりリリーフが失敗するケースが多いのは何故だろう?
昨夜はそんなケースだった。

プロ入り初先発の又吉は先発投手の役目どころか立派に吉見、バルデス、若松の今年のローテーション投手に頭を並べて余りあるピッチングを披露してくれた。
元々タフな体力と肉体を持っているように思われた又吉は力の入れ方にメリハリをつけながら試合をプレーボールから自分のペースで組み立てて行くことに向いていたのではないだろうか。打たれることやランナーを出すことが全く許されない場面を任されたリリーバーの時は、往々にして、その力の入れ具合に失敗するケースもあった又吉にとってはむしろ先発の方が向いていたのかもしれない。度々このブログにコメントを頂く、一家言おやじさんは、以前からずっと又吉をリリーフよりも先発にと提案されていて、それが現実になって喜んでおられるのではないかと思うが、昨夜の又吉を見て正に水を得た魚のように躍動していた。
残念ながら前の打席で死球をぶつけてしまっていたのでその次の打席で外角スライダー勝負を読まれたのか、畠山にレフトスタンドに同点ホームランを打たれたのが悔やまれてならないが、それ以外は実に見事だった。

そして冒頭の話題に戻ろう。その又吉を継いで同点の9回に出て来たのはベテラン岩瀬だ。左の雄平から始まる下位打線だがヤクルトベンチには鵜久森、西田ら右の代打陣が残っていた。しかしここは敢えて岩瀬。開幕から、三ッ間、祖父江と並んで安定感抜群の岩瀬をここに注ぎ込んだのは妥当だろう。一昨日三ッ間は2イニングを投げているので使い辛い中、雄平から始まる打線にまず岩瀬からというのは理解できる。誤算だったのは、その雄平に粘られながら反対方向に岩瀬がヒットされたことだろうか。
中村は送りバント、大引を内野ゴロでツーアウトまで持って行った所で、代打鵜久森がコールされた。そこでドラゴンズベンチが動いたのだ。僕は岩瀬続投を願った。
鵜久森が左投手を得意としているのは十分分かるが、この日の岩瀬の沈み気味のスライダーは切れているように見えたので、内野ゴロに打ち取れる公算は大に思えたからだ。代打鵜久森は想定内であり、そこに右投手を持って来ることも予定通りとしよう。ならば、ここは経験の浅い佐藤ではなく祖父江ではないだろうかと思ったのはおそらく僕だけではないだろう。縦の変化の組み立ての祖父江の方がスリークォーターから横の変化中心の佐藤の方が鵜久森には打ちやすいように思えてならない。
佐藤がコールされた時、予測に全く反して過った不安は的中した。塁は2つ空いていただけに、外のボールゾーンでかわしながら攻めて行ってほしかったが、初球から積極的に来ていた鵜久森の術中にハマったかのように、2球とも内のシュート系のボールを選択した。
そして、佐藤・木下のバッテリーの2球目は1球目よりもボール2つ内に入ってしまっていた。
球数を使って勝負する余裕がなかった若いバッテリーには苦い経験になっただろうが、今後への大きな糧として貰いたい。
岩瀬の続投、リリーフ祖父江、でなかった理由を機会があれば森新監督に聞いてみたいと思っている。
残念な敗戦になってしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

流れを呼び戻した三ッ間の25球

◆ 4/12(水) ― 神宮球場
 ヤクルト 2 - 5 中 日
 (延長10回)

7回裏ヤクルトの攻撃、スイスイスイと超絶なマイペースで投げ続けて来たバルデスに不幸が見舞った。

上位打線に対しては考える隙も与えない翻弄投球でキリキリ舞いさせているが、どうも6番鵜久森から始まる下位打線にはタイミングが合うのか、中盤から捉えられ始めピンチを迎えていた。
鵜久森、中村、西浦には勝負しにくい雰囲気を醸し出していたバルデスが、7回簡単にツーアウトを取って迎えた苦手鵜久森に左中間を破られ、投げにくいのか中村、西浦には勝負を避けたかのように連続四球を与え、二死満塁のピンチを5回と同じ様に迎えていた。5回は次のバッターの投手山中をショートゴロで切り抜けたが、今度はヤクルトも代打西田で勝負をかけて来た。
しかし、ひるまないバルデスは内角を強気に攻めた。
西田の打球はバルデスの勢いに押されて高々と内野インフィールドにフライとなって打ち上がった。上空には強い風が吹いていた。しかしイージーなファーストフライである。万事休すとこの打球に集中していた100%の人間が思っただろうその時、我がドラゴンズのビシエド様が、野球を覚えたての少年のようにそのボールを高い位置で取ろうとグラブを頭の上辺りに差し出して落としてしまったのだ。万事休すの筈がたちまち2失点で追いつかれてしまい振り出しに戻ってしまうのだった。
この日もツキに見放されたバルデスを目の当たりにしてしまった。好投していても勝てないバルデス、持って生まれた宿命なのかもしれないと思った。来日して3年目のシーズンも過去2年と変わらず相変わらずついてない男になっている。
振り出しに戻った8回一死から大島が内野安打で出塁するが、牽制に誘い出されてアウト、亀沢は三球三振でチェンジ、完全にヤクルトの流れになってしまっていた。
しかしだ、しかしである。
この流れを完全に断ち切り自軍の方に再び流れを引き寄せた男がいた。その男の名前は『三ッ間卓也・24歳』綺羅星のように現れた育成上がりの新人である。
8回2番から始まる打線を思いっきりのいい投げっぷりでこの日もバッターを牛耳った。何よりもストライクが先行するのがいい。そのストライクも置きに行ったボールではなく腕を思いっきり振って投げたストライクであるからバッターを追い込んで行くのである。開幕して7試合目のチーム最多登板だが、今や森新監督の信頼は絶大である。防御率0.00の三ッ間は、この日初めて回を跨ぎ9回も抑えた。この日の三ッ間の真骨頂は山田を見逃し三振に斬った1ー2からの4球目の外角ストレートである。前にも書いたが、引退した黒田が左バッターに使ったフロントドアのような軌道のボールが外角ボールゾーンからギリギリをかすめてシュート回転で切れ入って行くストレートだ。山田は完全にボールと見切って見逃したが完全にストライクであった。
  お見事!三ッ間!
流れを呼び戻した三ッ間の気迫の2イニング25球が、延長10回に京田のヒットを皮切りに代打藤井のタイムリースリーベース、亀沢のプロ入り初ホーマー(ツーラン)を演出した。そして、プロ入り7試合目にして自身初勝利を勝ち取ったのだ。おめでとう!三ッ間!
森ドラゴンズは2勝目、これでやっと両目が開いた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

魔物にそそのかされて吉見が投げた84・85球目

◆ 4/ 9(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 2 DeMA

自身のナゴヤドーム開幕戦を吉見は、6回二死まで打者18人を梶谷の初回のツーベースヒット1本だけで、ほぼ完璧な投球を見せてくれていた。ホームベースを縦横無尽に駆使したピッチングは、正に全盛期を思わせた。
6回二死、3巡目の桑原を迎えて、この日は引っ張りに来ていた桑原を内角のシュートを中心の攻めをしながら最後は外の球で料理する積りでいたのだろう。ツーボールツーストライクからの5球目、予定通り外角速球を選択、ボールになってもいいギリギリのコースを狙ったボールが少しだけ内に入って高めに浮いてしまったのだ。
低めを狙っての高めに浮いた球は危険である。
桑原は何とこの日初めて逆方向に狙いを定めていたのだ。
桑原の読み勝ちであろうか、見事にライト前に弾き返した。これが、吉見の84球目だった。
そして次に迎えるバッターは今DeNAで一番当たっている梶谷。吉見にタイミングが一番合っているバッターでもあった。次のロペスが全く合ってなかったので、本当はまともに勝負をするつもりは、吉見・木下のバッテリーにはなかったと思う。
初球、完全に打ち気にはやっている梶谷に対して、外角のボールゾーンを目掛けて速球の誘い球を投げた吉見。
人差し指と中指の力の加減が、ずれてしまったのだろうか?吸い込まれるように真ん中少し高めにスライド気味に入って行ってしまった。
そんな信じられない吉見の甘い球を見逃す訳もなく、梶谷の打球はジャストミート一発、センターバックスクリーン目掛けてホームラン軌道を描きながら飛んで行ってしまうのだった。吉見の85球目だった。

完璧だったこの日の吉見の、84、85の2球だけが、正に魔がさした2球になってしまったのだ。

吉見が6回にツーランホームランで逆転された1点を跳ね返すことが出来ないまま試合は終わった。

相変わらずチャンスは生まれどもあと1本が出ない状態と、運からも見離されている状態は続いている。
大島のセンター前ヒットで、代走溝脇がホームで刺されたのも、寸分も狂わなかったセンター桑原の神がかりの好返球のせいだった。返されたボールがホームベース寄りにあと10センチずれていたら、完全にホームインで同点だった。
溝脇がホームで刺された時、ドラゴンズベンチが大写しになり、カメラは吉見を捉えていた。
吉見の口が動いた!
「アウトかあ…」と。

精密機械のようだったこの日の吉見の、たった2球の失投が招いた敗因は誰よりも吉見自身が一番知っているはずである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

勝てはしなかったが…

◆ 4/ 8(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 1 DeNA
(延長12回規定により引き分け)



初勝利の翌日が大事だと皆んなが思っていたはずだ。
そして迎えたDeNA2回戦は、若松が中3日で登板して来た。若松の今季初登板は不本意な形での3イニング3失点降板に終わっていた。
今季のドラゴンズの巻き返しには若松の復調は欠かせない。だからこの中3日の若松の投球は、若松本人にとってもチームにとっても重要なものになって来る。

そして、今日の若松はその期待に応えるのに充分な投球をしてくれたのだ。
2年前、ふた桁勝利を挙げた時の若松を見ることが出来た。130キロ代のストレートとチェンジアップとスローカーブのコンビネーション投球を見事に取り戻してくれていた。DeNA打線に連打を許さない投球は実に頼もしかった。先行してくれた1点を守り切ることはできなかったが、8回1失点で先発投手の責任を果たしてくれた。
若松の好投を無駄にすることなく、後をリリーフした田島、岩瀬、祖父江、小川、三ッ間、佐藤の6人が得点をDeNAに与えることなく12回を終えた。中でも、絶体絶命の二死満塁で出て来た、三ッ間が好調宮崎を三振に切って取った投球は天晴れであった。

打線は残念ながらあと1本が出ない症候群で1得点に終わったが、負けなかったことは昨日の今日だけに良かったのではないかと思っている。
8試合で延長戦が3試合、そのうち2試合が12回まで戦って引き分けというのが少し心配になって来るが、チームが全体で何とかしようとしている姿が伝わって来て応援のしがいがある。先取点を1点でも多く取り、それを守り抜いて勝つ野球が早く見たいものである。
投手陣が次第に安定してきつつあり、その役割も決まってきつつあることに、そんな戦いが見られそうな予感もするが…。

今日は勝てはしなかったが、負けないチームになって行く兆しを充分に感じられた試合になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかが1勝、しかしとてつもなく大きな1勝になった!

◆ 4/ 7(金) ― ナゴヤドーム
   中 日 7 - 5 DeMA

その時、マウンドにはいつものように田島慎二がいた。
今季一番開き直っているかのような表情があった。
「病んでいるかも…」と言って心配していた森新監督が初勝利に向かって、やっとこさの2点リードの逃げ切りマウンドに、平然と(?)クローザーの役に田島慎二を送り出したのだ。
信頼を失いかけ、自信喪失感漲っていたここまでの田島慎二とは違った田島慎二がいた。

連敗脱出、今季待望の初勝利を誓って先発した大野がプレッシャーをはねのけられずに、5回5失点で逆転を許したままマウンドを降りていたこの試合も重苦しい雰囲気が漂っていた。
しかし、打線は必死に繰り出すDeNA投手陣に食らいついていた。簡単にやられてなるものか!の覇気が伝わって来た。
大野を継いだ2番手又吉も3イニングを見事にヒット1本に抑え、チームを初勝利に導くのに十二分なピッチングを見せてくれた。
7回、遂に同点、逆転の時がやって来た。
初スタメン亀沢の今季初安打を口切りに、ゲレーロが続き、ビシエドの単打で同点、平田四球、満塁から京田が足に死球を受けて押し出しで逆転、更に藤井の犠牲フライで2点リードとした。8回を又吉が抑えて、愈々あと1イニング9回を残すのみになった。
登板する投手のコールに、全てのドラゴンズファンが固唾を飲んだ。静けさの中に聞こえて来た。
「ピッチャー又吉に替わり田島!」
不安と納得が微妙に交錯した。誰の心もきっと…。
祈る祈る祈る祈る祈る祈る祈る祈るの限りを祈った。

桑原への初球、外角低めに148キロのストレートでストライク、2球目、初球と同じコースにストレートが決まった。今日の田島は行ける。きっと大丈夫!と思った。
踏み出す左腰がしっかり切れていた。
桑原遊ゴロ、梶谷中飛、ロペス空振り三振と3人を10球で料理して、見事に開幕して2試合の雪辱を果たした。
そこにはしっかりとクローザー田島慎二が戻って来ていた。
  勝った!勝った!勝った!
ドームがまるで優勝を決めたかのように沸いていた!
やっと訪れた今季初勝利、森新監督の初勝利、連敗脱出を果たした全員の顔に安堵の笑顔が…。
勝つことがこんなに大変でこんなに嬉しい瞬間になるんだと実感している選手とコーチ、そして森新監督。
今季初のヒーローインタビューには、3人が上がった。
又吉、京田、平田だ。この3人からも森新監督からも飛び出したのは「この瞬間の為に応援して待っていてくれたファンへの感謝」だった。

僕も思わず泣いてしまっていた(笑)。
勝つことがこんなにも嬉しいことかと思えた。

そして、森新監督の優しさと温かさに胸を打たれた。
それは、この日もクローザーとして田島慎二を送り出した『想い』に対してである。

たかが1勝だが、こんなに大きな1勝はない夜になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

開幕5連敗ではなく、借金5だと思おう!

◆ 4/ 6(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 5 広 島
 (延長11回)

泣いている人、怒っている人、怒り狂っている人、黙っている人、諦めてしまっている人、投げやりになっている人、何も思わない人、文句や愚痴を言っている人、情けないと嘆いている人、やっぱり駄目かと納得している人、こんなもんじゃないと思っている人、たかが5連敗じゃないかと思っている人、最後には絶対に笑うんだと思っている人…。
色んな人がいた昨晩だったんだろうと思っている。
でも、どんな人も皆んな、ドラゴンズファンであることには間違いがない。
森新体制が動き出したばかりである。
テーマである、走ること、守ること、粘ること、その何れもがまだ過渡期であるけれど、選手個々の意識は大きく変わって来ていることには間違いない。
昨夜も、京田の盗塁死もあったし、11回の守備において判断ミスもあった。しかし、そのひとつひとつが未来への糧になって行くだろう。サインの見落としなんかもあると監督は言っているが、新しい森野球を実践して行く為の通過点の過ちにすぎない。
カードが一周した頃、段々とそれが形になって現れて来ることを信じたい。
投手も皆んな必死だ。ひとりが誰かの為に皆んながひとりの為に助け合っている姿が見える。
昨夜は、最終回に追い付いてから、
岩瀬、三ッ間、岡田、祖父江と、順番は違ったが、昨日のブログで提案した面子が登板した。WBC以来、調子が戻らないらしい岡田が3連打を浴びたのが誤算だったが、新井に犠牲フライを打たれはしたが、祖父江が必死に踏ん張っていた。平田のバックホームも、もしビシエドがカットしなければ、いいクロスプレーになっただろう。アウトならチェンジだった。
岡田も再調整でファーム行きになったが、元気になって早く帰って来て欲しい。不調な田島や岡田の分まで他の皆んながカバーしながら投げて行くのだろう。

選手もコーチも監督も、そして我々ファンも、思いをもう一度『開幕』に戻そうではないか。

そして、開幕5連敗を忘れ去って、単なる借金が5つだと思って、1つずつ借金を返済して行こう!

さあ、今夜は3つ目のカードが始まる、落ち込んでいる場合ではないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

自信喪失感漂う田島が心配だ!

◆ 4/ 5(水) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 3 広 島
 (延長12回規定により引き分け)

都会の桜が満開の夜、延長12回を4時間37分戦ったドラゴンズはまた勝てなかった。しかし、負けなかった。
ベンチ入りの野手は全員、投手もジョーダンと前日先発した若松以外の7人が登板して、チームあげての必死の戦いだった。
9回、ホームのクロスプレーがビデオ判定で覆った。
判定通りアウトならば、1点リードのままツーアウト二三塁で試合続行だったから、その後逃げ切れたかどうかは不明だが、残念な結果であった。
その後12回終了まではドラゴンズが押しまくった展開だったが、あと1本が出ないという語り継がれた(?)結果に終わった。投手陣は、岩瀬、祖父江、三ッ間がカープ打線を寄せ付けなかったのだが…。
抑えとして送り出した田島が心配でならない。
自信のなさがアリアリで、顔も蒼白く映り、抑えられるような感じがしない。何よりもストライクが先行しない投球が続いている。昨夜も、四球を連発して自らピンチを招いていた。抑え投手にとって一番大事なのは、コントロールであると僕は思う。ストライクを先行させて勝負の主導権を握り、押したり引いたりしながら打ち取って行くのが抑え投手の鉄則である。
という意味では、今の田島には抑えは向いていないだろう。スプリットに頼りすぎる投球には幅がなく、コントロールが甘いので決め球さえも狙われやすいのだ。
森監督は、田島を「病んでるかも…」と評していたが、自信喪失感が滲み出ている様子なので、抑えの重圧から暫くの間解放させてやることも必要なのでは…。
安定感とか度胸とか考えると、今は思い切って新鋭三ッ間を抑えに持って来てもいいかもしれない。
岡田、祖父江、岩瀬、三ッ間という順番の左右左右で逃げ切れるような気もする。
今夜の森監督の投手采配に注目したい。

昨夜も勝てなかったけど、チームが一丸となっている雰囲気は充分に感じられた。
名古屋の桜同様、満開まであと僅かである。

頼んだぞ!バルデス!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

『558』の数字が哀しく震えた夜

◆ 4/ 4(火) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 7 広 島

『558』
この数字は浅尾がナゴヤドームから遠ざかっていた日数である。肩の痛みと闘い続けた日々の長さを物語っている。投げられるようになり投げてみる、しばらくしてまた肩に痛みが出て投げられなくなる、この繰り返しの投手人生を送るのが一度肩を痛めた投手の不安な日々である。浅尾の場合は完全に勤続疲労がもたらしたものだ。
ドラゴンズが常勝チームであった6年前7年前、浅尾は来る日も来る日もナゴヤドームのマウンドに立ち、相手バッターを誰も彼もなぎ倒してくれ、そして完全に僕たちドラゴンズファンにとって『神』だった。
2011年落合政権最後の年、ドラゴンズが最後に優勝をした年には、浅尾は史上初のセットアッパーでのMVPに輝いたのだ。と同時に史上初の先発試合がゼロの投手のゴールデングラブ賞も獲得した。そしてこの年の成績は
79試合登板7勝2敗10セーブ45ホールド52ホールドポイントで、何と防御率は驚異の0.41だったのだ。勿論その前年も大活躍で72試合12勝3敗1セーブ47ホールド59ホールドポイント防御率1.68で47ホールドはNPB記録で更に25試合連続ホールドポイントのプロ野球新記録を残してリーグ優勝に貢献を果たした。
正に本当にドラゴンズの『神』そのものだったのだ。
しかし、翌年の2012からは、次第に登板数が減って行き、時折訪れる肩の不調と向き合いながらの日々が多くなり、遂には昨年はプロ入り初の一軍登板ゼロの年になっていた。浅尾の不調と共に、我がドラゴンズの不調が比例するように、2位4位4位5位6位と凋落の一途を辿ったのである。この事を一番知っているのが、浅尾自身であり、森監督なのだ。
対巨人第3戦に今季初登板して打者2人を5球で打ち取り2017開幕を果たした浅尾は、昨夜3番手投手として『558』日ぶりにナゴヤドームに戻って来たのである。
ナゴヤドーム開幕のドラゴンズ復讐の日に、2点ビハインドの6回、森新監督はこの浅尾をナゴヤドーム開幕戦に駆け付けてくれたドラゴンズファンの為に、復活浅尾の姿を見て貰おうと企だてたのだった。
ナゴヤドームに久々に響き渡る「ピッチャー浅尾」のコールに勿論球場には大歓声が広がった。
先発若松が早々降板して、2イニングを新鋭三ッ間がピシャリと押さえた後を継いで登場して来た浅尾にドラゴンズファンの逆襲へのボルテージはこの日一番上がった瞬間だった。エルドレッドを三振、安部をセンターフライと簡単にツーアウトを取った。しかし、『558』日ぶりのナゴヤドーム登板に浅尾の肩にはいつも以上に力が入り過ぎているように見えた。ここから浅尾の悲劇、そしてドラゴンズの悲劇が始まるのだった。石原に左中間を破られツーベース、野村にレフト前、ワイルドピッチで1点失い、田中に四球、菊池にレフト線にツーベースを打たれ更に1失点、丸に四球を与えて満塁、更に新井にセンター前に打たれ2点を奪われるのだった。
140キロ前後のストレートは全て甘く、得意のパームボールも打ち頃のコースに集まり、狙われたように打ち返された浅尾だった。二死からあっという間の4失点に、『558』日ぶりのナゴヤドームもドラゴンズベンチもテレビやラジオで応援している人達までもが、完全に静まり返ってしまったのだ。ありとあらゆるドラゴンズファンが、浅尾が獅子奮迅の姿で相手バッターを牛耳っている日の事を知り尽くしているからである。
しかし、肩の変調を経験して復帰して来た浅尾に150キロの速球と鋭く落ちる変化球を操った在りし日の姿をそのまま求めるのは酷である。そして浅尾自身が違ったスタイルを確立して行かなければいけない時期が完全に来ている事を受け入れて行かなければいけないのだろう。
解説の鈴木孝政氏が言っていた。
「パームピッチャー浅尾」としての生き方もあるのでは…と。
僕も思う。比類なき野球センスのかたまり浅尾なら、伝家のパームボールを思い通りに操りまくりバッターを翻弄するその日は遠くないのではないかと。

昨夜のナゴヤドーム開幕の夜は、かつての『神』浅尾の現状が晒されたシーンで幕を閉じてしまった。

今朝の新聞で、浅尾が二軍降格、出直しが報じられていた。
「待ってるぞ!浅尾!新しい姿で帰って来ておくれ!」

    僕たちはずっと待っているから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった!

◆ 4/ 2(日) ― 東京ドーム
 巨 人 6 - 3 中 日

昨日は東京の桜に満開宣言が出て、各地が花見に興ずる人々で溢れていた。僕もご多聞に漏れず贔屓にしている飲み屋主催の花見に出掛けた。場所は杉並区西永福の和田堀公園。花見客で相当な賑わいであったが、ここの桜は満開までもう少しといった所だろうか。
正に八分咲きで、我がドラゴンズのようだなと、咄嗟に思ってしまった。



という訳で、昨日のゲームはリアルタイムでは観られずに、翌朝早起きして録画してあったものを観ることになった。敢えて結果は知ることなく、朝5時試合開始のように観たのだ。
負けられぬゲームに、序盤吉見の投球術は流石で、ジャイアンツ打線を寄せ付ける気配すらなかった。
しかも、前日まで眠っていた4番ビシエドのタイムリーが初回に飛び出し、4回にはゲレーロの直撃ライナーの第1号ホームランがレフトスタンドに突き刺さった。
2点先制と吉見の圧倒的な投球術で、初勝利に真一文字に進んで行くような気配もあり、朝からテンションがハイになっていた。
ところが、そんな楽勝へのボルテージが上がり始めると、好事魔多しとはよく言ったもので、4回裏先頭の立岡のボテボテのゴロが吉見とビシエドの間に転がったのが不運の始まりとなるのだった。吉見といえど、坂本、阿部の好調3、4番の前では、コントロールに微妙なズレをもたらし始めるのだ。
ボール4分の1内に入った外角速球が坂本にライト前に持っていかれ、内角膝元を突いたカットボールを阿部に一二塁間にライナーで弾き返され、1失点。更にマギーにもボテボテのゴロを三遊間に転がされて2点目を失ってしまうのだ。追い付かれると、勝ててないチームは雰囲気が守りになってしまうのが通例である。
6回吉見の投球数が百球近くになると、開幕の疲れかボールのキレも欠き始め、ジャイアンツ打線に真芯で捉えられるようになって行くのだ。
先頭の坂本の打ち損じたゴロがショートに飛んで行くのだが、ホームランを打って張り切っていたサードゲレーロがカットしてファーストに投じるも、間一髪セーフ。
この先頭坂本の出塁が最終的にはこの日吉見への引導の序章となってしまうのだ。
好調阿部、不調だったマギー、代打亀井に痛打を浴びるなどして、一挙4点を失うのだった。
開幕3連戦、結局全てを坂本と阿部のジャイアンツの2枚看板にやられてしまうドラゴンズ投手陣になった。



試合はその後、平田にも待望のホームランが出たし、吉見をリリーフして、WBC帰りの岡田が9球、数年ぶりに一軍スタートの浅尾が5球、今季に復帰を賭ける岩瀬が13球と、期待の3投手がそれぞれ開幕を果たした。



振り返れば、この対巨人3連戦はドラゴンズが真の開幕を迎える為に必要な最終のスペシャルオープン戦であったように思えるのだ。いや、そう思いたい。
ゲレーロ、平田に一発が出て、ビシエドも目を覚まし、荒木にもヒットが1本出た。大島、遠藤、堂上、藤井、ルーキー京田も打ったし、杉山も木下もマスクを被った。大野もバルデスも吉見も投げたし、ジョーダン、又吉、祖父江、田島、支配下になった三ッ間も投げた。
そしてとどめに岡田、浅尾、岩瀬が投げて、これでやっと開幕への準備が整ったように思う。
ハンディを3つ背負って、明日からのホーム開幕を迎えるのである。
昨年のチャンピオンチーム広島を迎える真の開幕カードにこそ、目一杯期待したい。
そして桜も、やっと八分咲きから満開になっているに違いないと思うのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ!

◆ 4/ 1(土) ― 東京ドーム
 巨 人 4× - 2 中 日

昨日の敗戦後、森新監督がコメントしていた。
この球場でのホームランの打ち方を、坂本や阿部は熟知していると…。
ここ一発の場面で今日もそれが見事に現れてしまった。
田島投じる外角のシンカー気味の変化球をいとも簡単にジャストミートさせて、というかバットに載せてレフトスタンド前列に運んでしまった阿部は、何とこれがプロ入り7本目のサヨナラホームランだという。
サヨナラホームランということは、後攻めでホームでのことだから殆ど全てがこの東京ドームでの出来事であろう。17年目で7本のサヨナラホームランはとにかく凄いのひと言である。正に脱帽である。
そして、冒頭の森新監督のコメントに戻るのだが、逆に自軍のクリーンアップのゲレーロ、ビシエド、平田には東京ドームが狭い故の力みや大振りが気になっての発言だったのではないかと察するのである。
今日も絶好の追加点の一死満塁のチャンスに、ゲレーロは力が入りすぎたスゥイングで、ルーキー谷岡の緩いスライダーにタイミングが合わずピッチャーゴロゲッツーに打ち取られてしまった。これぞ正に、一発狙いのスゥイングだったような気がしてならない。
ピッチャーの球を逆らわずにセンター返しを心掛けていれば、セカンドの頭を越すようなタイムリーヒットが出そうな甘い球であったと思う。
同様に、ビシエドも平田も、強引な大振りが目立って阿部のジャストミート打法とは程遠い気がした。
大島の3安打も、バルデスのホームランも、堂上のタイムリーツーベースも、クリーンアップの3人とは違ってジャストミートを心掛けた結果から生まれた好打であったと思う。

阿部ひとりにやられた今日の逆転負けだったが、今の阿部は身体のキレが抜群に良さそうに見える。
ファーストの守備を見ても、実に身体がよく動いている。そういう意味では、阿部の前の坂本を攻めきれずに歩かせてしまったのも勿体なかったし、阿部にはまともに行かずに次のマギーとの勝負を選択する方法もあったのではないだろうか。
初登板の田島のコントロールがイマイチであったことから、押し出しを怖がった部分もあったのかもしれないがここはベンチがハッキリとマギーとの勝負を指示するべきではなかったのではと、惜しまれてならない。

2日続けて爽快な表情でヒーローインタビューを受ける阿部が眩しく見えてしまった。
最も乗せてはいけない男を乗せてしまい、明日の吉見は果たしてどのように挑んで行くのかが、楽しみでもあり不安でもある。
阿部と坂本を交わすことができれば、森新監督の初勝利も夢ではないが、全ては吉見の投球術にかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ